ゲバラ | 検索結果: | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会
Japanese English

ゲバラ の検索結果

『チェ・ゲバラ名言集』 米津篤八・長谷川圭訳、 『ゲバラ 100の言葉』 別冊宝島編集部編


エルネスト・ゲバラは、カストロ兄弟等とともにキューバ革命を闘い抜いた後革命政権の工業相等の要職に任じられながら、主にソヴィエト連邦との協同をめぐってカストロとの間に次第に確執が生じたと言われ、1965年に大臣職を辞しキュ […]

続きを読む

『ポーラースター -ゲバラ覚醒』  海堂 尊


 後にフィデル・カストロとキューバ革命を達成することになるアルゼンチン生まれのエルネスト・ゲバラが、医学生の時代に学生運動の議長を務めた同級生ピュートル・コルダと12月の卒業試験の後3月の医師国家試験までの休暇を利用して […]

続きを読む

『チェ・ゲバラ -旅、キューバ革命、ボリビア』 伊高 浩昭


 1967年からラテンアメリカ各地で取材してきた元共同通信のジャーナリストが、チェ・ゲバラの遺した膨大な文章、関連資料、関係者への取材を駆使して纏めた伝記。医学生時代のラテンアメリカ旅行、カストロ兄弟との出会いとキューバ […]

続きを読む

『イコンとしてのチェ・ゲバラ <英雄的ゲリラ>像と<チェボリューション>のゆくえ』


 世界的に出回っている星の記章の付いた黒いベレー帽を被った髭ずらのゲバラの肖像は、キューバ革命政権の機関誌『レボルシオン』(後の『グランマ』)カメラマンであった通称コルダが1960年にサルトルとボーヴォワールがハバナ訪問 […]

続きを読む

『ゲバラ 最期の時』  戸井 十月


2009年1月に同じ出版社から出た単行本の文庫版。1967年10月9日に、ゲリラ活動をしていたボリビア東部の密林地帯の寒村で、政府軍に包囲され負傷し捕虜となった後射殺されたチェ・ゲバラの最期の日々を、著者が主演した200 […]

続きを読む

『チェ・ゲバラ 最後の真実』 レヒナルド・ウスタリス・アルセ


著者は医師としてボリビア中東部で働く傍ら、地方紙の記者として1967年10月9日に知人からゲリラ活動を行ってきたチェ・ゲバラが死亡したとの報を受け、東部の町バジェ・グランデに駆けつける。ヘリコプターから下ろされたチェの遺 […]

続きを読む

『革命の侍—チェ・ゲバラの下で戦った日系二世フレディ前村の生涯』


マリー前村ウルタード、エクトル・ソラーレス前村 監修−伊高浩昭訳−松枝 愛 チェ・ゲバラが1966年に農民革命を起こすためにボリビアに入り、ゲリラ部隊を組織し戦闘を開始したが、その後衛部隊に日系ボリビア人のフレディ前村が […]

続きを読む

『わが夫、チェ・ゲバラ —愛と革命の追憶』 アレイダ・マルチ


2008年はちょうどキューバ革命が事実上勝利をおさめて50年、フィデル・カストロと並び称される英雄チェ・ゲバラがアルゼンチンで生まれて生誕80年にあたる。ゲバラがボリビアで処刑されてから41年経つが、いまなお崇拝者が多い […]

続きを読む

『チャベス —ラテンアメリカは世界を変える!』 ウーゴ・チャベス+アレイダ・ゲバラ 伊高浩昭訳


現在ラテンアメリカで最も注目を集めている政治指導者といえば、何といってもベネズェラのチャベス大統領であろう。先住民とアフリカ人の血を受け継ぎ、西部の貧しい家庭に生まれ、野球選手を夢見ていたが、教育を受けるために陸軍士官学 […]

続きを読む

『キューバ現代史 -革命から対米関係改善まで』   後藤 政子


1953年のフィデル・カストロが率いたモンカダ兵営襲撃に始まり、後に7月26日運動と呼ばれるキューバ革命運動は、その後シエラ・マエストラからのゲリラ戦を経て59年1月8日の革命軍のハバナ入城で勝利を得た。59年5月に制定 […]

続きを読む
1 / 3123