【ラテンアメリカ・カリブ研究所レポート掲載】太平洋同盟のメルコスールとの関係強化―その意義と必然性(その2) | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会
Japanese English

【ラテンアメリカ・カリブ研究所レポート掲載】太平洋同盟のメルコスールとの関係強化―その意義と必然性(その2)

 太平洋同盟とメルコスールの関係強化の意義とその可能性についての論争が活発化する中、貿易投資関係の強化と市場主導の「事実上の統合」が現に両地域間で進んできている。一方で、これまでの「事実上の統合」をより確かなものにするために、官民連携主導の新しい「制度的な統合」を民間が必要としている。本レポート(その2)においては「事実上」の、次回(その3)では「制度上」の統合プロセスの進捗状況を分析する。

このレポートは「ラテンアメリカ・カリブ研究所[関連資料]」からダウンロードできます。
会員様専用となりますので、ご了承下さい。