【ラテンアメリカ・カリブ研究所レポート掲載】「TPP 大筋合意の意義 ― ラテンアメリカの観点から」(下) | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会
Japanese English

【ラテンアメリカ・カリブ研究所レポート掲載】「TPP 大筋合意の意義 ― ラテンアメリカの観点から」(下)

 10月5日に大筋合意された環太平洋経済連携協定(TPP)の内容の詳細が少しずつ明らかになってきた。『本稿(下)』では、まず今回の合意が日本とチリ、メキシコ、ペルーとの通商関係に及ぼす影響について論考する。それを踏まえて、TPP協定の合意と米国と締結している自由貿易協定(FTA)の内容を交渉分野別に比較しながら、これらラテンアメリカ3カ国にとってTPP協定の「上乗せ分」(プラスアルファー)とは何かについて摸索する。

このレポートは「ラテンアメリカ・カリブ研究所[関連資料]」からダウンロードできます。

会員様専用となりますので、ご了承下さい。