「天空遺跡マチュピチュから始まる 奇跡のペルー」 『クレア・トラベラー』 | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会
Japanese English

「天空遺跡マチュピチュから始まる 奇跡のペルー」 『クレア・トラベラー』

季刊旅行情報誌の100ページにわたるペルー特集号。前半は、『ポーラースター ゲバラ覚醒』を執筆している作家 海堂 尊の巻頭エッセイ「ペルーに酔う」に始まり、ペルーの「美しき三大遺産」では古代文明の集大成マチュピチュ、聖なる南の谷の「知られざる黄金の教会群」、世界最大の密林「熱帯の楽園アマゾン」を、後半の「ペルー 黄金ルート大旅行」は、「リマ 世界が羨望する美食首都」、「パラカス 海と砂漠に見せられるリゾート」、「アレキパ コロニアルが美しい白亜の都」、「コルカ渓谷 荘厳な渓谷に隠された秘境」、「ティティカカ湖 湖上に守り継がれる人々の暮らし」、「クスコ インカ文化の豊穣を伝える古都」の 6か所を実に美しい迫力あるカラー写真と文で、それぞれにこれまでの観光ガイドブックとは異なる視点で、観光スポット、旅情報、ホテル、レストラン、土産物などとともに紹介している。

特にリマの「美食界が瞠目する最先端キュイジーヌ」はじめレストラン等食情報は、目新しく楽しい。なお、本誌の160~169ページには「古き佳きキューバ -海と酒と音楽と。地上で最も美しい島」も紹介されている。

〔桜井 敏浩〕

『クレア・トラベラー』 第12巻第1号 倉林 里美編 文藝春秋 2017年1月 全体194頁中ペルー特集は32~132頁 1,028円+税 雑誌コード 13235-1 4910132350170 )