5月7日までの経済ニュース | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会
Japanese English

5月7日までの経済ニュース

4月24日(メキシコ)日精樹脂工業は、メキシコ販売現地法人Nissei Mexicoの支店としてケレタロ州に新事務所を開設、5月より営業を開始すると発表した。(同社発表リリース)

4月25日(メキシコ)世界貿易機関(WTO)は、マグロをめぐる米国との通商紛争に勝訴したメキシコが、年間約1億6300万ドルの対米報復措置の発動をWTOに申請できるとの仲裁決定を下した。

4月26日(メキシコ)米ホワイトハウスは、トランプ大統領がメキシコのペニャニエト大統領、カナダのトルドー首相と会談し、北米自由貿易協定(NAFTA)から離脱しないことに合意したと発表した。

4月28日(ウルグアイ)日本ハムは、ウルグアイの大手食肉処理会社Breeders & Packers Uruguay(BPU)社の株を100%取得し子会社化すると発表した。(同社発表リリース)

4月30日(ブラジル)麻生副総理・財務相はブラジルのテメル大統領と会談を行った。

4月30日(ブラジル)日本の文化などの情報を発信する海外拠点ジャパン・ハウスの開館式がサンパウロで行われ、麻生副総理、薗浦外務副大臣、テメル大統領が出席した。

5月1日(ベネズエラ)ベネズエラ政府は、1月に続き、最低賃金を60%引き上げた。

5月4日(ブラジル)仏領ギアナのクールー宇宙センターで、韓国とブラジルの通信衛星を搭載したロケットAriane 5が打ち上げられた。

5月7日(中南米)薗浦外務副大臣は、4月29日から5月7日までブラジル、パラグアイ、アルゼンチン、コロンビア、コスタリカ、ニカラグアを訪問した。