レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会
Japanese English

レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル


【日時】2017年11月18日(土)~ 2018年4月1日(日)会期中無休
    10:00~22:00(最終入館 21:30)※火曜日のみ、17:00まで(最終入館 16:30)
【場所】森美術館(東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー52階、53階)
【料金】
  一般  1,800円
  学生(高校・大学生)1,200円
  子供(4歳―中学生)600円
  シニア(65歳以上)1,500円
【主催】森美術館 後援:アルゼンチン共和国大使館

http://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/LeandroErlich2017/index.html

レアンドロ・エルリッヒは、国際的に活躍するアルゼンチン出身の現代アーティストで、日本では金沢21世紀美術館に恒久設置された《スイミング・プール》の作家としても知られています。
大型のインスタレーションから映像まで、エルリッヒの作品は視覚的な錯覚や音の効果を用いて、わたしたちの常識に揺さぶりをかけます。
本展は、エルリッヒの24年にわたる活動の全容を紹介する、世界でも過去最大規模の個展です。1995年から2017年までに制作された作品のうち約40点を紹介し、その8割が日本初公開となります。