エディクソン・ルイース&菊池洋子デュオ・リサイタル | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会
Japanese English

エディクソン・ルイース&菊池洋子デュオ・リサイタル


【出演】
エディクソン・ルイス(コントラバス)
菊池洋子(ピアノ)

■愛知講演
【日時】2017年12月3日(日)15時開演
【会場】愛知県長久手市文化の家 森のホール
【料金】一般 3,000円
http://www.city.nagakute.lg.jp/bunka/ct_bunka_ie.html

■東京講演
◆【日時】2017年12月4日(月)午後7時開演
 【会場】武蔵野市民文化会館 小ホール
 【料金】全席指定 一般 2,300円
http://www.musashino-culture.or.jp/eventinfo/2017/09/post-715.html

◆【日時】2017年12月5日(火)午後7時開演
 【会場】代官山ヒルサイドプラザホール
 【料金】全席自由(税込)5,500円 (ドリンク提供あり)
http://www.kokuchpro.com/event/concertspirituel2/

■エディクソン・ルイース Edicson Ruiz (コントラバス)

1985年、ベネズエラのカラカス生まれ。
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団に所属。11歳でコントラバスを始め、ホセ・アントニオ・アブレウ博士によって創設されたベネズエラの画期的な音楽教育システム「エル・システマ」のオーケストラに所属。「エル・システマ」のフェリックス・プテに学んだ。
15歳の時、米インディアナポリスで開催された国際ベース奏者協会コンクールで優勝。その後、ベルリン・フィルのコントラバス奏者ヤンネ・サクサラに師事し、ベルリン・フィル・オーケストラ・アカデミーの最年少スカラシップ生となる。アカデミーではベルリン・フィルの首席奏者クラウス・シュトールに師事し、この学生時代
にベルリン・フィルのオーディションに史上最年少で合格、正団員となった。

2002年にはベネズエラ政府より、オーデン・ホセ・フェリックス・リバス賞を授与されている。
既に世界で最も著名なコントラバス・ソリストの1人であり、五大陸すべてにおいて、演奏会を成功させている。