Café y Libros 2018年5月前半クラス・イベント | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会
Japanese English

Café y Libros 2018年5月前半クラス・イベント

■□ クラス ■□

★自由なデッサンサークル

べネズエラに永く住んだ画家小谷孝子が、恩師アントニオ・ラソ(ベネズエラ人・現在フランス在住)から5年間にわたって学んだ“まるで頭を割られ、脳みそをかき回されて再度突っ込まれたよう”な自由な画法を分かち合います。「デッサンなんてできない」「絵の才能はない」と思っている方もご心配なく。自分の思いを自由に表す術をお伝えします。皆さん気軽にご参加ください。

【日時】5月8日/22日(火)10:30~13:00 (原則月2回、第1第3火曜日各回 2時間30分)
※5月は連休が入るため実施日を8日と22日 (第2/4火曜日)にいたします。
【持参するもの】画材(鉛筆4B、パステル等自由)、コピー紙、画用紙(最初は安い紙で十分です)
エプロン他汚れても大丈夫な服装
【参加費】2,000円/各回 (コーヒー・菓子付き)
※準備の都合上、予約をお願いいたします。

★「ボサノヴァの詩を読む」は都合により休講いたします。
次回は6月1日(金曜日) 19:00~20:30に開催します。

★Lectura de versiones de Tango「タンゴの詞を読む」

タンゴの歌詞にはルンファルドというタンゴ独特の言葉が沢山出てきます。スペイン語が分かってもなかなか知ることのできない深い意味を、その歌詞にちなんだ映像なども使って説明します。歌詞を読みながらタンゴとアルゼンチンの歌の世界が広がるクラスです。

【講師】レオナルド・ブラボ(Leonardo Bravo)
日本在住アルゼンチン人ギタリスト。ギタリストとしての演奏活動のほかクラシックギターやラテン音楽等の指導者としての活躍も顕著。
【日時】2018年5月9日(水)11:00~12:30(原則 毎月第2 水曜日)
【テーマ】“ La Torcacita”
【参加費】2,000円 (コーヒー・菓子付き)

★Lectura de Literatura Latinoamericana 「ラテン文学を読む」

クラス1.
今回からアルゼンチン出身の作家、小説家、詩人として知られるホルヘ・ルイス・ボルヘス(Jorge Luis Borges)の作品を読んでいきます。
【日時】5月10日/24日(木)10:30~12:00 原則 第2第4 木曜日
【講師】Hector Sierra(コロンビア出身)
【作品】‟La Busca de Averroes” de Jorge Luis Borgesを読んでいます。

クラス2.
中南米の現代文学の代表的作家の短編を読みます。
【日時】5月10日/24日(木) 11:00~12:30 原則 第2第4 木曜日
【講師】Adriana Casanova Matsui (アルゼンチン出身)
【作品】4月後半より新しいテキスト“ Cuentos fantástico latinoamericanos”に収められているJulio Cortázar, Jorge Luis Borges, Manuel Rojas, Augusto Roa Bastos, Gabriel García Márquez, Juan José Arreola, Alejo Carpentier, Octavio Paz, Silvina Ocampo等ラテンアメリカの著名作家の短編を順次読んでいきます。まずはPrólogo から入っていきます。

クラス1.2.とも会費:4,000円(月謝制)(コーヒー菓子付き)両クラスともnativeの講師と共に中南米の現代文学の代表的作家の短編を読みながら、各文章や背景の深い意味を理解し、スペイン語の豊かさを実感します。

★♪Bossa Nova を楽しく歌う Vamos cantar♪♪

ブラジル音楽の持つ癒しとハッピーなリズムを感じ一緒に歌ってみませんか?
初めての方や音楽の好きな方、大歓迎!どなたでも楽しんで参加出来ます。オリジナルの歌詞カードと譜面と参考CDを1曲毎にお渡しします。発音指導から始め、より深く、歌詞の意味やポルトガル語にも触れて楽しみたいと思います。

【講師】歌唱指導: 北山敦子   ポルトガル語指導: Marcio Alves Ferreira
【次回日時】5月10日/24日(第2第4 木曜日)19:00~20:30
【課題曲】『A voz do morro』 (Zé Ketti )
【受講料】1回 2,500円 (コーヒー、おつまみ付)
【別途楽譜発音&訳資料、CD代】1,000円
課題曲1曲を月2回レッスンしておりますので、資料の購入は一回のみです。

★「ブラジル・パーカッションアンサンブル」

ブラジルで生まれた音楽”サンバ・ボサノヴァ”。その面白さといえば、心地よい揺らぎの中に楽しげに繰り広げられるパーカッションの数々♪そんなブラジルならではのアンサンブルを、初心者から経験者までみんなで楽しもうという講座です。*楽器の貸し出しもあるので、楽器をお持ちでなくても参加できます♪

【講師】Samba Duo “Velas Brancas” 白井翔太郎、Luísa(ルイーザ)
【日時】5月12日(土)15:30~17:00(原則 月1回第2 土曜日)
【参加費】2,000円(コーヒー菓子付き)

★ラテンコーラス ”Las Flores de Café y Libros”

キューバのプロミュージシャンの奏でるギターにのって楽しく歌うクラスです。ラテンのリズムと共に、心弾む一時をご一緒しましょう。音楽を通じてすばらしい,友人との出会いもあります。楽譜が読めなくても、スペイン語ができなくても、先生が丁寧に発音の指導もしますからご心配なく。初心者・男性の方々も大歓迎!

【指導】Moises Zamora (キューバ出身、flute, sax and singer)
【会費】月謝制 2,000円
【日時】2018年5月15日(火)14:00~15:30 (原則 毎月第3 火曜日)
【練習曲】4月からの“Veinte anos”に続き “Como fue”を練習します。

★スペイン語クラス

クラス(原則月4回)(3回の月は各回 2時間ずつ行います。)
●初中級クラス 月曜日(原則19:00~20:30)
5月は7日14日、21日、28日
【講師】Anayanci Daudinot Valdes (キューバ出身)
【授業料】各クラス月謝制 8,000円

□■ EVENTOS ■□

★「第55回『みんなで、ジャズやラテン、タンゴの映画を見る会』」

【開催日】原則として毎月1回第2日曜日、各会洋画、邦画の2本立て
【お茶菓子代】毎回 1,000円(1本でも2本でも同一)
【第55回開催日時】2018年5月13日(日)11:00~14:50

1)「珍版、大久保彦左衛門」 (東宝、1939年)11:00~12:10
【主演】古川ロッパ、高勢実乗
戦前の時代劇ミュージカル、あきれたボーイズのオリジナル・メンバーが出演しているのはめずらしい。

2)「巴里のアメリカ人」(アメリカ、1951年)12:40~14:50
【主演】ジーン・ケリイ、 レスリー・キャロン
アメリカ・ミュージカル映画の大傑作。ピアノのオスカー・レヴァント、シャンソンのジョルジュ・ゲタリも出演。
お問い合わせ:Caféy Libros 03-6228-0234、高橋研二048-839-7091

日本ラテンアメリカ文化交流協会「アミーゴMUSICサロン」
La Asociación “Amigo” de intercambio cultural entre latinoamérica y Japón.

第412回
【日時】5月13日(日)15:00~18:00(原則 毎月第2 日曜日)
【パネラー】泉谷隆男氏と佐藤元康氏
【会費】1,500円
【お問い合せ、お申し込み】日本ラテンアメリカ文化交流協会へ
Tel:0422‐59-0834 fax: 0422-59-0834
e-mail:amigo@hola-amigos.co.jp
アミーゴスサイト http://www.hola-amigos.co.jp

———————————————–
一般財団法人 ラテン文化サロン Café y Libros
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-20-4 1F
TEL 03-6228-0234, FAX 03-3491-4460
info@cafeylibros.com www.cafeylibros.com
———————————————–