ペドロ・ミランダ with グルーポ・カデンシア ジャパンツアー2018 (6/28~ 7/5 ) | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会
Japanese English

ペドロ・ミランダ with グルーポ・カデンシア ジャパンツアー2018 (6/28~ 7/5 )


【日程】
6月28日(木)鎌倉 cafe vivement dimanche(カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ)
6月29日(金)東京 Praca 11(プラッサ・オンゼ)
6月30日(土)大阪 Chove Chuva(ショヴィ・シュヴァ)
7月1日(日)名古屋 オキナワAサインバーKOZA
7月4日(水)「Roda de Samba com Pedro Miranda」東京 Praca 11(プラッサ・オンゼ)
7月5日(木)「Rio→Tokyo Special Samba Night」東京 晴れたら空に豆まいて

詳細は下記をご覧ください。
http://pedromiranda.jugem.jp/

【企画制作】ARTENIA (Tel:03-3496-1705)
【共同制作】Grupo Cadencia
【後援】駐日ブラジル大使館

【出演者】
◆Pedro Miranda(ヴォーカル、パンデイロ他)from Rio de Janeiro

◆グルーポ・カデンシア:
宮澤 摩周(パーカッション)
尾花 毅(7弦ギター )
ダリオ・サクモト(カヴァキーニョ)
土井 徳浩 (クラリネット、サックス)
+ 和田 充弘(トロンボーン)

ペドロ・ミランダは、今世紀に入り急速な復興を遂げ、ブラジル・リオデジャネイロの音楽文化の発信地となった、ラパ(Lapa)地区の音楽シーンを代表する新世代のサンバ歌手で、テレーザ・クリスチーナ&グルーポ・セメンチのメンバーを経てソロとなり、2016年に発表したソロ第3作「SAMBA ORIGINAL」は、ブラジルのグラミー賞にあたる「第28回ブラジル音楽賞(Premio da Musica Brasileira)」(2017年発表)で「ベスト・サンバ・アルバム」を受賞しました。
サンバ・カリオカの “今” を象徴するキーマン、ペドロ・ミランダと、現在の日本で最もクォリティの高いサンバ&ショーロを演奏するグルーポ・カデンシアの共演
で、リオのラパと日本が音楽を通じて一つになる磁場を目指しています。