6月10日までの経済ニュース | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会
Japanese English

6月10日までの経済ニュース

6月3日(グアテマラ)グアテマラ市近郊の活火山フエゴ山が噴火し周辺地域に大量の火山灰や噴石が降り注いだ。多数の死傷者・行方不明者が出ている。

6月4日(ブラジル)ブラジルで燃料費高騰に抗議するトラック運転手らの全国ストが終息した。同国政府は運転手団体との間で、燃料税免除、無積載トラックの通行料減免、ディーゼル燃料価格の引き下げで合意した。

6月5日(メキシコ)メキシコ政府は、米国の鉄鋼・アルミニウム輸入制限への報復措置として、追加関税を課す米産品リストを発表した。鉄鋼のほかに農畜産物、バーボンなどが含まれる。

6月6日(メキシコ)商船三井ロジスティクスは5月28日付で「メキシコシティ事務所」を移転したと発表した。(同社発表リリース)

6月7日(アルゼンチン)国際通貨基金(IMF)は、金融支援を要請したアルゼンチン政府への支援条件として財政健全化やインフレ抑制策などで基本合意。融資枠は500億ドルとなる。