『おいしい! キヌアレシピ』 | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会
Japanese English

『おいしい! キヌアレシピ』

アンデスの2500m以上の高地で、冬季・夜間は気温が零下になる乾燥地帯の塩分を含む土地でも生育し、ジャガイモに次いで栄養的に重要なヒエ科の一年草穀物であるキヌアは、NASA(米国航空宇宙局)が様々な雑穀の中でたんぱく質含有量の多さ、取り扱いの簡便さ、使途の広さ、収量率の高さから、宇宙食としても推奨され“21世紀の主要食”ともいわれる評価を受けている。 必須アミノ酸の含有も多い一方で、炭水化物の含有量は少ない栄養価の高い、天然のサプルメントともいわれている。

2013年は“国際キヌア年”として、世界的にキヌア普及のキャンペーンが行われたが、本書は日本でほとんど初めて市販書として出た本格的なキヌア料理のレシピ集である。癖の無いニュートラルな味で、他の食材の持ち味を邪魔することなく、食材の組み合わせによって薬膳にもなるキヌアを使ったサラダとスープ、麺とご飯、定番のおかず、小さなおかず、おやつに至るまで、全編カラー写真で110の料理の材料と作り方を紹介している。

 

(村岡 奈弥 成美堂出版 2014年2月 111頁 1,200円+税)