オッペンハイマーレポート | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会
Japanese English

オッペンハイマーレポート

マイアミ・ヘラルド紙に掲載されたオッペンハイマー氏のコラムの抄訳です。

2017/6/15 トランプ大統領の政策変更は、キューバの独裁政権に新たな政治的材料を与える(抄訳)

 オバマ政権のキューバとの関係再開がキューバの人権と民主的変化を生み出さなかったというトランプ大統領の意見は正しいが、自分(「オ」)は、トランプ大統領が現行の対キューバ政策を覆す計画が状況を悪化させることを懸念する。   […]

続きを読む

2017/6/1 ゴールドマン・サックスはマドゥーロに生命線を与えたことを恥じるべきだ(抄訳)

もし企業の社会的無責任に関する金メダルがあるなら、ベネズエラのマドゥーロ大統領の圧政に28億ドルの生命線を与える決定をした投資銀行、ゴールドマン・サックスに授与すべきだ。  ウォールストリート・ジャーナルの5月28日付報 […]

続きを読む

2017/5/28 トランプ大統領の予算案は、ラ米への無関心と軽蔑を示す(抄訳)

 トランプ大統領が発表した2018年予算案は、ラ米の多くの人々が長い間懸念していたこと-国境壁建設、ラ米系移民の強制送還、キューバとベネズエラの独立組織への人道援助を含む外国援助の削減といったラ米地域に対する負のアジェン […]

続きを読む

2017/5/25 汚職に関して、ブラジルがニュースになっているが、ベネズエラが世界チャンピオンである(抄訳)

 ラ米の最近のニュースの見出しは非常に皮肉である。メディアの多くがブラジルを揺るがす汚職事件に関する記事を書いているが、ベネズエラで起こっているさらに大きな汚職に注意を払っている人はほとんどいない。  ベネズエラや他の権 […]

続きを読む

2017/5/21 ブラジルの汚職スキャンダルはラ米最高の出来事かもしれない(抄訳)

 もし、テメル・ブラジル大統領の周りで渦巻く汚職スキャンダルが、今後数週間ラ米を揺さぶる唯一のスキャンダルだと考えているなら、カレンダーに印をつけて欲しい。6月3日から、ラ米では汚職関連ニュースがもっとたくさん出始めるだ […]

続きを読む

2017/5/18 ラ米諸国と米国は、ベネズエラの大虐殺に対して行動すべき時だ(抄訳)

 最近ラ米主要国がベネズエラ政権に民主主義を回復させるための圧力を強めたが、既に少なくとも45人の死者を出した野党の抗議行動への残忍な弾圧を止めるために、米州地域はより大胆な措置を取る必要がある。  ラ米諸国が何をすべき […]

続きを読む

2017/5/14 ロボットが到来。我々の仕事を奪うとの心配をし始めるべきか。(抄訳)

 自分(「オ」)はシリコンバレー訪問中、未来の販売員(ロボット販売員)との面白い出会いがあった。背が高くカメラとセンサーを持つ白いロボットは、ホームセンターLOWE’Sの入口廊下沿いに移動していた。自分(「オ」)が近づく […]

続きを読む

2017/5/11 メキシコではまもなく、トランプ氏の影響で左派大統領が選出されるだろう(抄訳)

 2018年メキシコ大統領選挙戦は、これまで米国で注目されていないが、ニュースになるべき話だ。トランプ大統領のメキシコに関する偽りの主張のために、メキシコではまもなく近代史初のポピュリスト左派大統領が選出されるかもしれな […]

続きを読む

2017/5/7 トランプ大統領による人権軽視は不測の結果に終わり、米国の安全保障を害する(抄訳)

 世界の独裁者に対するトランプ大統領の頻繁な賞賛は、同大統領が人権の擁護者にならないことを示唆してきた。残念なことに、トランプ氏の普遍的な自由の軽視が、米国の外交政策の公式教義になるようだ。  5月3日、ティラソン国務長 […]

続きを読む

2017/5/4 トランプ大統領はベネズエラの本格的な独裁化の流れに対処する必要がある(抄訳)

 トランプ大統領は、ベネズエラの最近の出来事について驚くほど沈黙を保っている。トランプ氏はベネズエラの民主主義を復元するために行動すべき時である。  ここ数週間、ベネズエラのマドゥーロ大統領は、野党が過半数を占める国会の […]

続きを読む