オッペンハイマーレポート | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会
Japanese English

オッペンハイマーレポート

マイアミ・ヘラルド紙に掲載されたオッペンハイマー氏のコラムの抄訳です。

2015/11/8 トランプ候補の「サタデー・ナイト・ライブ」出演に対するヒスパニック団体の対応の過ち(抄訳)

 自分(「オ」)がドナルド ・ トランプ氏のような外国嫌いで人種差別的、傲慢で不誠実かつ道化師のように無知な候補者を擁護する記事を書くとは思っていなかった。しかし、今回は、同候補がゲスト司会者を勤めた NBC の「サタデ […]

続きを読む

2015/11/1 ラ米の新たな時代の幕開けか?(抄訳)

 数週間前まではあり得そうになかったが、アルゼンチン、ブラジル、ベネズエラを揺り動かす政治的ショックを考えると、50%の可能性で南米の15年間に及ぶ左派ポピュリスト政治は終焉を迎える可能性がある。  それは、10月25日 […]

続きを読む

2015/10/29 政治的ショックがアルゼンチンを揺り動かす(抄訳)

 10月25日のアルゼンチン大統領選挙における中道右派の野党指導者であるマクリ候補の躍進は政治的ショックを起こした。11月22日の決選投票の結果にかかわらず、12年間に及ぶ左派ポピュリストによる支配が幕を閉じる可能性が高 […]

続きを読む

2015/10/25 ノーベル賞受賞者のラ米への助言(抄訳)

 数日前、今年のノーベル経済学賞を受賞したアンガス・ディートン教授にインタビューした際、「ラ米諸国に一つ助言をするとすれば、どういったことでしょう」と質問した時、同教授は「データシステムの向上」と答えた。  貧困測定方法 […]

続きを読む

2015/10/22 アルゼンチンの正念場が迫る(抄訳)

 アルゼンチンのフェルナンデス大統領は、人為的に膨らませた経済のお陰で比較的高い支持率を享受しているが、同大統領は、アルゼンチン史上最悪の大統領の一人として歴史に名を残すだろう。  25日の大統領選挙後、任期が残り数週間 […]

続きを読む

2015/10/15 クリントン候補の自由貿易に対する意見の変化に注目(抄訳)

 ヒラリー・クリントン大統領候補は、13日の民主党大統領候補者討論会で、国務長官時代に支持していた世界最大の通商圏を生み出すTPPに反対したが、その言葉を信じてはいけない!  かつてオバマ大統領やビル・クリントン元大統領 […]

続きを読む

2015/10/11 ブラジル、アルゼンチン、ベネズエラの衰退(抄訳)

 先週、米国と11の環太平洋諸国との間で大筋合意にいたった環太平洋貿易協定は、ブラジル、アルゼンチン、ベネズエラ及びその他のポピュリスト政権に追い打ちをかけることになり、これらの国はこれまで以上にグローバル経済から引き離 […]

続きを読む

2015/10/8 ラ米の最大の脅威:汚職(抄訳)

ペルー生まれのノーベル賞受賞者マリオ・バルガス・リョサが、先週末、300人の新聞編集長向けの公開インタビューで自分(「オ」)に、「腐敗がラ米の民主主義にとって最大の脅威である」と話した時、自分(「オ」)は大袈裟だと思った […]

続きを読む

2015/10/4 変化する世界:人口の高齢化(抄訳)

 若者が将来の仕事はどうなるか尋ねてくる時、自分(「オ」)は、 マーケティング業界での支配的な見解に反して、「高齢者に関連する仕事」と答える。  世界保健機関(WHO)が10月1日に発表した報告書によれば、世界人口が高齢 […]

続きを読む

2015/10/1 ラウル・カストロにノーベル賞を!(抄訳)

 キューバの独裁者ラウル・カストロは、その政治的厚かましさにおいて、ノーベル賞に値する。カストロは、米国の対キューバ経済制裁が、キューバによる70億ドルにのぼる米国資産の接収後に課せられたということや、死刑を執行された数 […]

続きを読む