オッペンハイマーレポート | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会
Japanese English

オッペンハイマーレポート

マイアミ・ヘラルド紙に掲載されたオッペンハイマー氏のコラムの抄訳です。

2015/6/4 メキシコの最大の失策(抄訳)

 高く評価されていたメキシコの教育改革の中核とも言える教師に対する評価制度の無期限撤回を決めたエンリケ・ペニャ・ニエト墨大統領の決断は、同大統領の功績の汚点となるばかりか、同国に今後何十年も打撃を与える壊滅的な失策である […]

続きを読む

2015/5/31 キューバ:取るに足らぬ経済規模にもかかわらず大騒ぎ(抄訳)

 オバマ大統領によるキューバとの歴史的な国交正常化交渉は経済界に大きな期待をもたらし、米国の投資家、弁護士及び起業家のキューバ訪問に関するニュースを聞かない日はほとんどない。しかし残念ながら彼ら(米国の投資家、弁護士及び […]

続きを読む

2015/5/28 共和党寄りの移民判決は2016年大統領選では共和党に痛手となる(抄訳)

 ニューオーリンズの連邦控訴裁判所が今週下した判決は、400万人以上の不法移民の強制送還を停止させるオバマ大統領の行政命令を引き続き差し止め、一般的には同政権の移民制度改革にとって大きなつまずきであるとみられている。しか […]

続きを読む

2015/5/24 米国の雇用を脅かしかねないのは自由貿易ではなくロボット(抄訳)

 世界最大の自由貿易圏を形成する環太平洋パートナーシップ協定(TPP)に調印するというオバマ大統領の取り組みに対する批判は的を得ていない。米国の雇用を脅かすのはベトナム、マレーシア及びメキシコからの安価な輸入(製品)では […]

続きを読む

2015/5/21 米国による(ベネズエラ政府高官の)麻薬取引捜査がマドゥーロ政権を転覆することはない(抄訳)

 米政府がベネズエラ政府ナンバー2の高官を麻薬取引の疑いで捜査していることを認めた新たな報告に関し、ベネズエラの全体主義ポピュリスト政権反対派の間で大きな期待が広がっている。しかし残念ながらこのニュースの同国における政治 […]

続きを読む

2015/5/17 オバマ大統領の「米州の新たな時代」は中身を伴っていない(抄訳)

 ラ米への「積極的関与の新たな章(a new chapter of engagement)」の幕開けを唱うオバマ大統領の最近の主張は、「オ」政権の新たなスローガンになっているが、現実と言うよりも希望的考えに基づいているよ […]

続きを読む

2015/5/14 メキシコシティはマイアミより安全かも知れない(抄訳)

 ラ米出張の多い私(「オ」)は、多くの読者からメキシコ渡航は安全なのか、ブラジルの治安はどれほど悪いのか、娘のコロンビア渡航を認めるべきかなど、同じような質問をよく受ける。あやふやで恐ろしい様々な統計が混在しているため心 […]

続きを読む

2015/5/10 移民問題:中国は第二のメキシコとなるか(抄訳)

 民主党の次期大統領候補者のヒラリー・クリントン氏には、反移民政策を掲げ米国南部の国境線を事実上封鎖しようとする共和党候補者を無力化させる恐るべき武器がある。米国に入国する中国人が今やメキシコ人の移民数を毎年上回っている […]

続きを読む

2015/5/4 ラ米を揺るがしかねないTPP(抄訳)

 バラク・オバマ米大統領と日本の安倍晋三総理大臣が先週ワシントンDCで、日米及び環太平洋諸国10カ国による世界最大の貿易圏に関して会談したが、ほとんどのラ米諸国は注意を払わなかった。しかし彼ら(ラ米諸国)は注目すべきだっ […]

続きを読む

2015/4/30 コスタリカは幸福だが陰の部分もある。(抄訳)

 国連の世界幸福度報告書はコスタリカを世界で最も幸福な国の一つにランキングしており、ラ米では最も幸福な国である。だからこそ今週ルイス・ギジェルモ・ソリス(Luis Guillermo Solis)コスタリカ大統領にインタ […]

続きを読む