オッペンハイマーレポート | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会
Japanese English

オッペンハイマーレポート

マイアミ・ヘラルド紙に掲載されたオッペンハイマー氏のコラムの抄訳です。

2017/4/27 ベネズエラの反政府勢力が国内外で勢いを増している(抄訳)

 今週、ベネズエラで少なくとも26人の死者を出した大規模な反政府抗議が行われる中、自分(「オ」)は同国のフリオ・ボルヘス国会議長にインタビューをした。最初に、野党が現在の大規模な路上抗議の勢いを維持できるか否か質問した。 […]

続きを読む

2017/4/23 ベネズエラのマドゥーロ大統領は反政府デモにおける死に、確かに責任がある(抄訳)

 先週、自分(「オ」)がアルマグロ事務総長にインタビューで、ベネズエラの最近の大規模な反政府デモにおける少なくとも8人の死の責任はマドゥーロ大統領にあるか否か尋ねたとき、同事務総長は歯に衣着せぬ言い方で、そのとおりだと述 […]

続きを読む

2017/4/20 トランプ氏弾劾の可能性は高いと、著名な予測家が発言(抄訳)

 トランプ大統領就任100日目が近づく中、自分(「オ」)はトランプ氏の大統領選勝利と、1984年以降全ての米国選挙の結果を正確に予測してきたアメリカン大学の歴史学者、アラン・リヒトマン教授に電話をかけ、同教授のもう一つの […]

続きを読む

2017/4/16 驚きだ!メキシコがラ米の民主化運動を先導している(抄訳)

 最も驚くべきことに、そして希望にあふれたことに、ラ米の外交現場での最近の展開は、メキシコがベネズエラの民主主義規則回復のための域内攻勢になる決定をしたことだ。最初に聞いたとき自分(「オ」)は耳を疑った。  メキシコの新 […]

続きを読む

2017/4/13 ベネズエラの状況はマドゥーロに不都合な方向に変化している(抄訳)

 自分(「オ」)は、今週のベネズエラ野党指導者のエンリケ・カプリレス氏とのインタビューで、マドゥーロ大統領が無期限に事実上の独裁体制を維持することはできなくなるかもしれないとの希望を、この数ヶ月で一番有することができた。 […]

続きを読む

2017/4/6 韓国人がラ米人よりも豊かな一つの理由(抄訳)

 過去数十年間でアジア諸国の多くがラ米諸国よりはるかに成長してきた理由を疑問に思うなら、韓国の学校視察を強く勧める。  自分(「オ」)は自動化と雇用の将来に関する本を出版予定であり、最近、調査のためロボットの開発と動作を […]

続きを読む

2017/3/23 米国は米州人権委員会公聴会欠席により墓穴を掘る(抄訳)

 トランプ政権による米州人権委員会 (IAHRC)欠席の対応はひどい過ちであり、キューバ、ベネズエラ、エクアドル、その他の組織的人権侵害国を非難する米国の努力を弱体化することになる。  トランプ政権は、ワシントンに所在す […]

続きを読む

2017/3/19 トランプ大統領の孤立主義が各国を中国の軍事力に陥れる(抄訳)

 先週、チリのビニャ・デル・マルにおける、ラテンアメリカ諸国及び中国を始めとするアジア諸国の間で会議において、トランプ大統領が孤立主義を推し進めることによって、今後米国は世界情勢への影響力を失っていくだろうということがは […]

続きを読む

2017/3/26 トランプ大統領は、先週したように、ラ米へ背を向けるべきではない(抄訳)

 トランプ政権はラ米に対して少しは関心を払うべき時である。先週、米国の同盟国ペルーを襲った悲劇の中、破産国家ベネズエラさえも米国より迅速かつ寛大に対処をした。  自分(「オ」)は、ペルーの3月19日付エル・コメルシオ紙に […]

続きを読む

2017/3/16 トランプ大統領の提案がベネズエラの民主主義回復努力を頓挫させるかもしれない(抄訳)

 ワシントンに所在する米州機構(OAS)がベネズエラの民主主義回復努力を始めている時に、トランプ政権は同機関を麻痺させ得る、同機関向け米国予算の大幅削減を提案している。  フォーリン・ポリシー誌が明らかにした報道によると […]

続きを読む