イベント詳細 | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会
Japanese English

2017年10月14日のイベント一覧

「世界古代文明の謎を探るJ ( 13) 「マヤの神話ポポノレ ・ヴフ」

開催日時 2017-10-14 14:00:00
2017-10-14 17:00:00
開催場所 豊島区生活産業プラザ 703 号室 (池袋駅東口徒歩 8 分)
説明  神話に よれば世界はマヤの聖域の神々の意志によって無から生み出されたとされる。そ の神々を敬い、祭壇に伝弱を捧げ、祭把を行わせるために人間を作ろ うとした。万能の神々にしては中々 うまく行かず、泥や木で作っても失敗し、最後にト ウモロコシでやってみたらマトモな人聞が出 来たという。
 この書の主人公たるこ人の英雄の誕生もまた奇想天外 で、球戯場の隣の木に吊るされた父親の首が唾を吐き、木の実に誘惑され近づいた冥界 の神の娘が身議るとい う次第である。二人は父親の仇討を果し、光となって 昇天し、太陽と月になる。
  この書ポポノレ・ヴフの原典は、マヤ文明が千年近く受け継いた物語を 、中米グアテマラ付近に 1 1世紀頃住んでいたマヤの一部族キチェ一人の 誰かによってアノレファベットで書かれたものである。その著者は書中で、既にマヤ語で書 かれた元の書は失われていたと記している。やがて神父ヒメネスに よりスペイン語に書き 写されたのもが発見され、マヤの神秘に満ちた広大な世界観を我 々が知る事 となる。 この超絶した文明の一端を、世界的研究の現在進行 形と して改めて把握して行きたい。

「世界古代文明の謎を探るJ ( 13) 「マヤの神話ポポノレ ・ヴフ」

【日時】 平成 29 年10月 14日 (士) 14:00~17:00
【会場】 豊島区生活産業プラザ 703 号室 (池袋駅東口徒歩 8 分)
【ゲス ト】 横山玲子さん 東海大学教授 著書 「マヤの時間」 他
【費用】 お茶代込み参加費 2,000円
【主催】 アストライアの会
【協力】 日本セカ ンドライフ協会
【備考】 画像を見ながらお話し。後半はゲストを交えたお茶会です。
【連絡先】 TEL: 049 (258) 3218 松原まで
【詳細チラシ】(PDF) こちらをクリック

ラテンビート映画祭(東京)

開催日時 2017-10-13 18:30:00
2017-10-15 18:00:00
開催場所 新宿バルト9
説明
【開催場所&日程】
新宿バルト9:10月5日(木)~9日(月)、13日(金)~15日(日)
梅田ブルク7:10月21日(土)~22日(日)
横浜ブルク13:11月2日(木)~5日(日)

【ラテンビート映画祭オフィシャルサイト】
http://www.lbff.jp
https://www.facebook.com/LatinBeatFilmFestival


【主なラテンアメリカ関連作品】(一部)

■ドス・オリエンタレス Dos Orientales
監督:ソフィア・コルドバ、ソフィア・カサノバ
出演:ウーゴ・ファトルーソ、ヤヒロトモヒロ(八尋知洋)/2014年/ウルグアイ・日本/ドキュメンタリー/70分

 ウルグアイを代表する南米最高峰のミュージシャン、ウーゴ・ファトルーソは、日本のパーカッショニストであるヤヒロトモヒロと2007年にデュオ「Dos Orientales」を結成し、ライヴツアーを続けている。「Dos Orientales」とは、欧州からみた東洋人ヤヒロと、南米の中での東方人(ウルグアイの正式名称はウルグアイ東方共和国)であるウーゴ、二人の出会いを意味している。日本と南米のトップミュージシャンが奏でる変幻自在の音楽と、二人の魅力に迫った極上の音楽ドキュメンタリー。


■家族のように Una especie de familia
監督:ディエゴ・レルマン/出演:バルバラ・レニー、ダニエル・アラオス、クラウディオ・トルカチル/2017年/アルゼンチン・ブラジル・ポーランド・フランス・デンマーク/ドラマ/90分

 ブエノスアイレスに住む38歳の医師マレナは、ある午後コスタス医師から「北部の村で赤ん坊が生まれようとしている。すぐ向かってくれ」との電話を受ける。マレナはアルゼンチン北部の寒村へ向かう決心をするが…。子供の誕生という出来事を通じ、道徳心やモラルとの葛藤に直面する一人の女性医師の姿を描いたサスペンスタッチの心理ドラマ。主演は日本でも大ヒットしたスペイン映画『マジカル・ガール』のバルバラ・レニー。『ル・コルビュジエの家』のダニエル・アラオスら個性派俳優が脇を固める。監督はデビュー作『ある日、突然。』が各国で絶賛されたディエゴ・レルマン。


■ネルーダ 大いなる愛の逃亡者
監督:パブロ・ラライン
出演:ルイス・ニェッコ、ガエル・ガルシア・ベルナル、
メルセデス・モラン、アルフレド・カストロ/2016年/チリ・アルゼンチン・フランス・スペイン・アメリカ/ドラマ/108分 配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES

チリの国民的詩人で共産党員のパブロ・ネルーダは、1948年に成立した独裁政権から迫害を受け、地下に潜伏する。ネルーダの逮捕を命じられた刑事は、彼を追跡するうちにネルーダの詩の魅力に強く吸い寄せられていく…。ネルーダと彼を執拗に追う刑事の実話を大胆に脚色した異色のサスペンス。ノーベル文学賞受賞作家パブロ・ネルーダは日本でも大ヒットしたイタリア映画『イル・ポスティーノ』の老作家のモデルとしても知られている。監督は『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』『NO』(LBFF2013出品)のパブロ・ラライン監督。ネルーダを追う刑事をガエル・ガルシア・ベルナルが演じている。


■ベル・カント Bel Canto
監督:ケヴィン・ニューベリー
出演:ダニエル・ドゥ・ニース、チャ・ジョンチョル、ジェナイ・ブリッジス/2015年/アメリカ/オペラ/約180分(予定)

 南米のある国で開かれたパーティー会場が反政府ゲリラに占拠され、主賓である日本企業の社長やゲストとして招かれた著名なオペラ歌手らが人質となる。長い膠着状態の中、ゲリラと人質との緊張関係に少しずつ変化が生まれる。1996年に起こった在ペルー日本大使公邸占拠事件をヒントに書かれたアン・パチェットの小説が原作のオペラを映像化。キューバ系アメリカ人でピュリツァー賞受賞劇作家ニロ・クルスとペルー出身の作曲家ジミー・ロペスが手掛け、米国で高い評価を得た。歌曲は英語、スペイン語、日本語、そしてペルー先住民族の言語であるケチュア語など多言語で歌われている。

第2回コロンビア映画上映会(セルバンテス文化センター)

開催日時 2017-10-11 18:00:00
2017-10-14 18:00:00
開催場所 セルバンテス文化センター オーディトリアム
説明 【会場】 セルバンテス文化センター オーディトリアム
【日程】10月11,13,14日
【入場】無料:要予約
http://reservas.palabras.jp/ja/evento

最近5年間に制作されたコロンビアの多様な文化、地理的豊かさ、そして様々な地域で起きる日常生活を映し出す作品をご紹介します。
国際的に高い評価を得た作品の中でも『彷徨える河』は2016年アカデミー賞最優秀外国語映画部門にノミネートされました。映画を通じてコロンビアの文化を知るまたとない機会です。
※スペイン語上映、日本語字幕付き

【プログラム】
10/11(金) オープニング 18:00 彷徨える河

10/13(金)
16:30 『ロス・オンゴス』
19:00 『ソフィアとガンコ親父』

10/14(土)
12:30 『グッド・ピープル』
16:30 『ランドアンドシャドウ』