イベント詳細 | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会
Japanese English

2017年12月12日のイベント一覧

セルバンデスセンター アンデス講座「ナスカの地上絵について」

開催日時 2017-12-12 19:00:00
2017-12-12 21:00:00
開催場所 セルバンデスセンター
説明
【概要】 Nasqaという黒板に描かれた地上絵は世界最大のカレンダーであり、同様の意匠はアンデスの民族天文学や織物、記号論の中にも現存しています。
【日程】 10月3日、17日、31日、11月14日、28日、12月12日(火曜日、19:00~21:00)
【講師】 マリオ・ホセ・アタパウカル
【受講料】18,000円(6回分)

お申し込み方法は、セルバンテス文化センターのウェブサイトの「文化コース」でご確認ください。
ウェブ上で申し込み手続きができない場合は、センターに電話でお申し込みいただくことも可能です。

http://tokio.cervantes.es/jp/spanish_courses/spanish_culture_courses.htm?utm_source=Contactos+del+Instituto+Cervantes+de+Tokio&utm_campaign=hKPdlhk892utqFoxrml763I1nQ-Boletín12192017&utm_medium=email

ラテン音楽で賑やかに年越しを

開催日時 2017-12-12 14:00:00
2017-12-12 16:00:00
開催場所 神戸大学六甲クラブ (千代田区丸の内3-1-1帝劇ビル地下 2階)
説明
【日時】2017年12月12日(火)14:00 ~16:00
【場所】神戸大学六甲クラブ (千代田区丸の内3-1-1帝劇ビル地下 2階)
    東京メトロ日比谷線/都営地下鉄三田線「日比谷」下車、B3出口 直結
【連絡先】日本ラテンアメリカ文化交流協会
TEL: 0422-59-0833 E-MAIL:amigo@hola-amigos.co.jp

【詳細】メキシコを中心とするラテン音楽の名曲ライブ!!
 陽気なメキシコのマリアッチ楽団は、ギター2本&ギタロンにトランペットが加わって力強く華やかな演奏!2017年を賑やかな音楽で越しましょう。
中休みにはワイン、ビール、テキーラ、コーヒーなどのドリンクとおつまみでご機嫌に!

【出演】マリアッチ・サボテン
    アレハンドロ・パラシオス(ギター,歌) アレハンドロ・メヒア(ギタロン)
    ユウマ・タケチ(トランペット) ダビッド・オチョア(ギター,コーラス)
【料金】一般 3,200円
【詳細チラシ】(JPEG) こちらをクリック


女性について語り合いましょう シリーズ 10+

開催日時 2017-12-12 18:00:00
2017-12-12 19:30:00
開催場所 駐日ブラジル大使館
説明
ブラジル人女性の魅力は多くのボサノバ楽曲の中で不朽の存在として謳い上げられ、名曲「イパネーマの娘」がその代表例です。
今回は科学、政治、医学、建築、ジャーナリズム、音楽、文学、絵画を含む幅広い分野の発展を促すパートナーとして活発な役割を果たしてきたブラジルの女性達の存在を再発見する語らいの旅路にご招待します。多くの人々に常にインスピレーションを与え続けた偉大なブラジル人女性達の経歴について語り合います。

このトークショーには作曲家・ピアニストとして活躍するAriane Gray Hubertが特別ゲストとして参加し、ブラジル大使館の外交官であるElaine HumphreysとAna Paula Kobeが案内役を務めます。

【開催日】 2017年12月12日(火曜日)
【時間】 18:00~19:30
【場所】 駐日ブラジル大使館
入場無料、B1階の講堂は定員70名で、満員に達し次第、受け付けを終了します。
【使用する言語】プレゼンテーションは英語です。
https://www.facebook.com/events/502430886803730/