オッペンハイマーレポート | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会
Japanese English

オッペンハイマーレポート

マイアミ・ヘラルド紙に掲載されたオッペンハイマー氏のコラムの抄訳です。

2009/12/24 A few not-so-crazy ideas for the new year (抄訳)

1.年の瀬を迎え、自分(「オ」)は、この1年西半球問題についてのコラムを書く中で学んだことをいくつか、読者の皆様と共有したいと思う。そのいくつかは驚くほど単純なことだが、大きな差異を生み出すことである。順不同に記載する。 […]

続きを読む

2009/12/20 For trade Obama doesn’t look South (抄訳)

1.国際貿易におけるオバマ政権の初めての大きな動きは、アジアにとって良いニュースとなったが、ラ米にとっては良い兆候ではない。14日、オバマ政権は太平洋を横断するパートナーシップである、ベトナム、シンガポール、オーストラリ […]

続きを読む

2009/12/10 U.S. may take new look at the war on drugs” (抄訳)”

1.もし10年前に自分(「オ」)が、「米国は(麻薬使用)禁止に重きを置く麻薬対策を変更するだろうか。場合によっては米国内でマリファナの消費を合法化するだろうか」と尋ねられていたら、「絶対にない」と答えていただろう。しかし […]

続きを読む

2009/12/6 Region’s honeymoon with Obama over? (抄訳)

1.わずか数ヶ月前、ラ米諸国の首脳達は、西半球で新たな関係が始まるとしてオバマ政権を歓迎したが、今ではその蜜月は終わった。  ラ米地域で最大の国ブラジルは、おそらくその着実な経済成長、石油発見、最近のエコノミスト誌の特集 […]

続きを読む

2009/12/3 Brazil U.S. OAS flunked Honduras test (抄訳)

1.ブラジル、米国、OASは、11月29日にホンジュラスで行われた大統領選挙に対する各々ひどい対応で、金メダルに値する。6月28日のセラヤ大統領追放クーデターによって引き起こされた危機の中で、主要関係国、国際機関はどのよ […]

続きを読む

2009/11/12 Headline Addiction might cause conflict (抄訳)

1.チャベス・ベネズエラ大統領が軍に対して行った「コロンビアとの戦争準備」の呼びかけを見て、自分(「オ」)は、チャベス大統領が、テレビ番組「クロコダイル・ハンター」の亡きスターで、視聴者の虜となったスティーブ・アーウィン […]

続きを読む

2009/11/8 Latin America will do well but not great (抄訳)

1.ブラジルとメキシコが不況を脱し、明年には経済成長が確実視されるというニュースは祝すべきであり、両国の大統領が健全な経済運営を行ったことは評価されるべきである。しかし、世界的規模で見ると、両国の経済回復はささやかなもの […]

続きを読む

2009/11/5 Latin America low on Obama’s priority list (抄訳)

1.オバマ大統領の当選より1年が経った今、同大統領が選挙キャンペーン中に行ったラ米に関する野心的な公約が果たされているか、あるいは前任者達同様に、外交政策の中で最低の優先度しかラ米に与えていないかを問うべき時である。オバ […]

続きを読む

2009/11/1 Time for common Latin American visa (抄訳)

1.EUの27カ国が、世界中に大使館を持つ欧州連合の外交機関を設立しようとしている時に、2014年のワールド・サッカー・ブラジルを目の前にして、ラ米諸国が観光旅行者のための共通査証を設けることに同意できないでいるのは、皮 […]

続きを読む

2009/10/22 Spain nudging EU to ease Cuba stand (抄訳)

1.スペインがキューバとの関係を改善するとした発表は、同国が明年1月より27カ国が加盟するEUの議長国となる今、キューバの民主化活動家にとって、また他の権威主義的なラ米諸国の反体制活動家にとって悪いニュースである。  モ […]

続きを読む