【オンライン講演会】 林禎二外務省中南米局長 「新型コロナの中南米に及ぼす影響と日本の対中南米外交」 | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

【オンライン講演会】 林禎二外務省中南米局長 「新型コロナの中南米に及ぼす影響と日本の対中南米外交」


いつ:
2020年10月5日 @ 15:00 – 16:30 Asia/Tokyo タイムゾーン
2020-10-05T15:00:00+09:00
2020-10-05T16:30:00+09:00

 平素はラテンアメリカ協会の活動にご理解とご支援を賜り有り難うございます。
 
 さて、新型コロナウイルスの人類への感染は武漢を中心とする中国から世界に広がり、欧州、北米、中南米へと感染拡大が続き、これに対応するため、各国でそれぞれの事情によって都市封鎖、拘束力のある自粛や拘束力のない自粛など様々な方策が採られています。その方策によって社会や経済活動への影響も国・地域でさまざまです。
 
 中南米での感染やその社会的・経済的影響については、ブラジルを中心とする感染者・死亡者の急増と相まって、世界のメディアでも大きく取り上げられ注視されてきました。

 その中にあって、米中の対立の行方や,11月に予定されている米国の大統領選挙の結果は,今後の中南米情勢に影響を及ぼしていくものと思われます。

 今般、ラテンアメリカ協会では本年7月に就任した林禎二中南米局長をお招きし、「新型コロナの中南米に及ぼす影響と日本の対中南米外交」と題する局長講演会をZOOM方式により開催いたします。

 林局長には以下のご案内のように、中南米地域のコロナ感染状況や各国の対応、中南米地域と主要国との関係、中南米地域の経済状況とこれからの日本の対中南米外交についてお話し頂きます。

日時 2020年10月5日(月)15:00~16:30
会場 Zoomミーティングで行います。
ご参加の方々には、開催日前日までに参加登録時のメールアドレスに招待メールを差し上げます。
講演題 「新型コロナの中南米に及ぼす影響と日本の対中南米外交」

  1. 中南米地域のコロナ感染状況や各国の対応
  2. 中南米地域と主要国との関係
  3. 中南米地域の経済状況とこれからの日本の対中南米外交
講師 林禎二外務省中南米局長
参加費 会員・大学院・大学生 無料、非会員 1,000 円

お申込み

下記Webサイトより、2020年 10月 01日(木)までに、お一人ずつご登録ください。
URL:https://latin-america.jp/seminar-entry

【備考】
①申込み受付:先着順 80名までです。お早めにお申込み下さい。
②申込締め切り:2020年 10月 01日(木)

【お問い合わせ】

<ラテンアメリカ協会>
〒100-0011東京都千代田区内幸町2-2-3 日比谷国際ビル120A
Tel: 03-3591-3831 Fax: 03-6205-4262
E-mail: info@latin-america.jp