【海外移住資料館】オンライン講演会「いちばん遠くていちばん近い、ブラジルの日系社会-住んでみた印象は?他国とどこが違う?コロナ禍の今は?-」 | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

【海外移住資料館】オンライン講演会「いちばん遠くていちばん近い、ブラジルの日系社会-住んでみた印象は?他国とどこが違う?コロナ禍の今は?-」


いつ:
2020年11月26日 @ 19:00 – 20:10 Asia/Tokyo タイムゾーン
2020-11-26T19:00:00+09:00
2020-11-26T20:10:00+09:00

【海外移住資料館】オンライン講演会「いちばん遠くていちばん近い、ブラジルの日系社会-住んでみた印象は?他国とどこが違う?コロナ禍の今は?-」

日時 2020年11月26日(木曜日)19時00分~20時10分(日本時間)
会場 オンラインアプリZoomによるウェビナー
主催 JICA横浜 海外移住資料館
講師 門倉孝行(かどくらたかゆき)氏(元ブラジル企画調査員<ボランティア事業>)
水野晴佳(みずのはるか)氏(JICA海外協力隊OG、JICA横浜専門嘱託)
定員 100名(先着順)
対象 ご興味のある方どなたでも
参加費 無料

世界で最も遠い国の一つでありながら、世界で最も多くの日系人が住む国、ブラジル。

1908年、サントス港に日本人移民が降り立ってから110年以上の歴史を経て、日本にルーツを持つ約200万もの人たちがブラジルの各地に根を張り、暮らしています。

今回のオンライン講演会では、2名の講師にブラジルの日系社会を語っていただきます。

まず、元ブラジル企画調査員(ボランティア事業)の門倉孝行さんに、業務を通して関わったブラジル日系人や日系団体の特徴、印象などを、メキシコやドミニカ共和国など豊富な中南米駐在経験をふまえてお話しいただきます。また、今年8月まで現地におられた同氏には、コロナ禍のブラジルの現状もご報告いただきます。

次に事例紹介として、サンパウロ州ノロエステ(北西)地方の「リンス慈善文化体育協会」でJICA海外協力隊活動に携わった水野晴佳さんに、リンスの日系移民史や現在の日系人の暮らし、「青少年活動」職種でのボランティア活動の様子などをご紹介いただきます。

〇申し込み方法

jicayic_jomm_info@jica.go.jp 宛てに、「移住資料館講演会(11/26)参加」の件名で、1~3の項目を明記して、Eメールでお申し込みください。

1. 氏名
2. メール・アドレス
3. 高校生/大学(院)生/教員/一般などの別

当日使用するZoomのURLは、イベント開催日の1営業日前にご連絡いたします。
もし届かない場合は、お手数ですが、問合せ先までご連絡願います。

お問い合わせ:
JICA横浜 海外移住資料館
電話番号:045-663-3257
Eメール:jicayic_jomm_info@jica.go.jp
https://www.jica.go.jp/yokohama/event/2020/201126.html