オンライン講演会「COVID-19の影響によるメキシコの経済変化と働き方 (新型コロナの影響と検討すべき雇用・人事)」 | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

オンライン講演会「COVID-19の影響によるメキシコの経済変化と働き方 (新型コロナの影響と検討すべき雇用・人事)」


いつ:
2020年10月8日 @ 10:00 – 11:30 Asia/Tokyo タイムゾーン
2020-10-08T10:00:00+09:00
2020-10-08T11:30:00+09:00

平素は当協会の活動に格別のご理解、ご支援を賜り感謝申し上げます。

当協会ではコロナ感染症の拡大に伴い、2月末以降講演会を延期して参りましたが、今般リモート(ZOOM)形式で10月より再開する事とし、10月8日(木)には頭書講演会を開催する事と致しました。

メディア等で報じられております通り、コロナ禍はラテンアメリカ・カリブ(LAC)地域にも深刻な打撃となっており、メキシコも例外ではありません。9月初めの段階でメキシコの累計感染者はブラジル、ペルー、コロンビアに次ぎ約60万人、死者数もブラジルに次ぐ約6万5千人を数えています。

進出日本企業数が中南米最大のメキシコで今何が起こっているか、ラテンアメリカ協会ではメキシコなどLAC主要国の日系企業の現地法人向けに、会計・税務・人事労務などのトータルサポートを行っている株式会社 東京コンサルティングファームの協力を得て、昨年に続き同社LAC地区担当より、日本の子会社が抱える経営課題と対策を解説いただきます。

既に進出済みの企業のみならず、今後の進出をご検討中の企業関係者の皆様にも大いに参考になる講演となりますので、奮ってご参加いただきたくご案内申し上げます。

日時 2020年 10月 8日(木)10:00~11:30
会場 Zoomミーティングで行います。
ご参加の方々には、開催日前日までに参加登録時のメールアドレスに招待メールを差し上げます。
講演題
  1. COVID-19の影響によるメキシコの経済変化と働き方
    1. COVID-19による経済の変化、日系企業の動き
    2. データでみるメキシコの雇用の変化
  2. 今のメキシコで考えていきたい人事
    1. COVID-19による活動の規則、規制
    2. 組織の生産性を考える上で重要なこと
  3. 財務から考える人事改革
講師プロフィール 東京コンサルテキングファームに新卒入社。
国際事業部を経てメキシコシティ拠点へ配属。2年間メキシコシティに勤務した後、レオンへ異動し、レオン拠点長を務める。
メキシコの会計税務を中心に労務、人事関連などのサポートを行なっている。TwitterやYou tubeでメキシコの最新情報発信を行なっている。
参加費 会員・大学院・大学生 無料、非会員 1,000 円
主催 一般社団法人ラテンアメリカ協会
後援 株式会社 東京コンサルティングファーム

お申込み

下記Webサイトより、2020年 10月 01日(木)までに、お一人ずつご登録ください。
URL:https://latin-america.jp/seminar-entry

【備考】
①申込み受付:先着順 80名までです。お早めにお申込み下さい。
②申込締め切り:2020年 10月 01日(木)

【お問い合わせ】

<ラテンアメリカ協会>
〒100-0011東京都千代田区内幸町2-2-3 日比谷国際ビル120A
Tel: 03-3591-3831 Fax: 03-6205-4262
E-mail: info@latin-america.jp