ボリビアで今何が起きているか:エボ・モラレス政権と再選挙を考える | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

ボリビアで今何が起きているか:エボ・モラレス政権と再選挙を考える


いつ:
2020年1月13日 @ 16:00 – 18:00 Asia/Tokyo タイムゾーン
2020-01-13T16:00:00+09:00
2020-01-13T18:00:00+09:00

日時:
2020年1月13日(月・祝)16:00-18:00

会場:
東京大学 駒場キャンパス 18号館4階 コラボレーションルーム3

キャンパスまでのアクセス 
http://www.c.u-tokyo.ac.jp/info/about/visitors/maps-directions/index.html

18号館(キャンパスマップ)
http://www.c.u-tokyo.ac.jp/info/about/visitors/maps-directions/campus_map_2017.07.pdf

タイトル:
ボリビアで今何が起きているか:エボ・モラレス政権と再選挙を考える

登壇者:
梅崎かほり(神奈川大学)
岡田勇(名古屋大学)
藤田護(慶應義塾大学)
宮地隆廣(東京大学)

討論者:
佐藤正樹(慶應義塾大学)

概要:
http://www.en.lainac.c.u-tokyo.ac.jp/research/brownbag/040

※事前の申し込みは不要です。どなたでも参加できます。
※終了後、懇親会を予定しています。

主催:東京大学ラテンアメリカ研究センター (LAINAC)、慶應ラテンアメリカ自主ゼミ、
科学研究費 新学術領域研究「グローバル関係学」B01班「規範とアイデンティティ」