イベントカレンダー | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

イベントカレンダー

5月
15
2021
2021年アンデス文明研究会 定例講座(オンライン)案内:「ナスカ社会像再考:近年の調査による新知見をふまえて」 山形大学 山本 睦 准教授
5月 15 @ 13:30 – 15:00

2021年アンデス文明研究会 定例講座(オンライン)案内:「ナスカ社会像再考:近年の調査による新知見をふまえて」 山形大学 山本 睦 准教授

【日時】 2021年 5月15日(土) 13:30~15:00
【講師】 山本 睦(山形大学准教授)
【テーマ】 「ナスカ社会像再考:近年の調査による新知見をふまえて」 
【ご注意】 レコ-ディング(録音)・引用等は不可 
【受講料】 以下のアンデス文明研究会 HP ご参照
https://andesken.jimdofree.com/

【オンライン講座ご参加の方法】
上記の年会費・受講料の支払いの方へは(受領確認後)、
https://andesken.jimdofree.com/2021%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E4%BC%9A%E8%B2%BB%E7%B4%8D%E5%85%A5%E3%81%AE%E3%81%8A%E9%A1%98%E3%81%84/受講日の2日前までに講座参加のための Invitation のURL及びID・パスワ-ドをお知らせするので、振込次第、メ-ルで下記宛てにご連絡をお願いします。

参加申込メール
To: andesken55@gmail.com
Cc: kazum.mori@nifty.com

6月
1
2021
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所主催 第19回ラテンアメリカ教養講座いま「ラ米映画」が面白い ~映画でひも解くラテンアメリカの世界~ 開催のご案内
6月 1 @ 18:00 – 19:00

京都外国語大学ラテンアメリカ研究所主催 第19回ラテンアメリカ教養講座いま「ラ米映画」が面白い
~映画でひも解くラテンアメリカの世界~ 開催のご案内

【日時】:2021年6月1日より毎週火曜日(全5回)18:00~19:00
【参加方法】:Zoomによるオンライン形式 ※事前申し込み制・参加費無料

ラテンアメリカの映画制作は長い歴史を持ち、20世紀前半以来世界で高く評価されてきました。昨今ハリウッドではアルフォンソ・キュアロン、ギジェルモ・デル・トロなどのメキシコ人映画監督の活躍は目覚ましく、注目を浴びています。

また、キューバ、グアテマラ、ブラジル、チリなどのドキュメンタリー、社会派の映画、コメディー等多彩な映画を通して垣間見ることのできる、制作された国特有の人々の暮らし、その背後にある歴史的、政治・社会的現実の重層性は、私たち日本人にとって全く異質なものであり、だからこそ面白く、魅力的に感じるのかもしれません。

講座では「ラ米映画」を作品として鑑賞するのではなく、現代ラテンアメリカ諸国における映画制作の動向、いくつかの映画のテーマと内容、そこから見えてくる監督たちの問題意識と現実社会のありさまなどについて探っていきます。

 6月1日(火)  比嘉世津子(Action Inc.代表)
 「ラテンアメリカ映画 ここだけの話」政治と社会を反映し進化する映画の現場

 6月8日(火) 丸谷雄⼀郎(東京⼤学経営学部教授)
  ネット配信普及でアクセスしやすくなったメキシコ・中⽶映画

 6月15日(火) アルベルト・カレロ(ラテンビー映画祭プロデューサー)
 「ラテンビート映画祭」を通してみたラテンアメリカ

 6月22日(火) 兒島峰(神奈川⼤学准教授)
  映画のなかの先住⺠と社会における先住⺠

 6月29日(火) 住田育法(京都国語大学教授)
  ブラジル映画が魅せるフィクションとノンフィクションの間(はざま)

※事前申し込みが必要です。詳細は、以下のURLをご覧ください。 
https://www.kufs.ac.jp/news/detail.html?id=kXYuPOtD
お問い合わせ:
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所
〒615-8558 京都市右京区西院笠目町6
TEL: 075-312-3388/Email: ielak@kufs.ac.jp

6月
10
2021
ルベン・ダリオ物語全集出版記念 渡邉尚人講演『ルベン・ダリオの世界』
6月 10 @ 18:30 – 19:30

ルベン・ダリオ物語全集出版記念 渡邉尚人講演『ルベン・ダリオの世界』
日時:6月10日(木)18:30-

日本語
オフライン会場:インスティトゥト・セルバンテス東京(要予約)

オンラインでも開催。詳細は下記をご覧ください。
https://ruben-dario2021.peatix.com/view

講演概要:

ルベン・ダリオ物語全集出版を記念して、ニカラグアの国民的詩人でモデルニズムの巨匠ルベン・ダリオのめくるめく世界を紹介する講演会を開催します。

ニカラグアでの渡邉尚人氏とルベン・ダリオ作品との忘れられぬ出会い、ニカラグア湖の船着き場で出会った少女の詩の朗読から始まります。

そして、ルベン・ダリオを育んだ長い詩の伝統と文化につきニカラグアの文学史をご紹介します。詩人の生涯、文学作品の特徴、日本との関係、4月刊行された物語全集の紹介、最後にルベン・ダリオの詩の朗読で締めくくります。

聞き役に、同じくルベン・ダリオ研究者、日本学術振興会特別研究員PDの棚瀬あずささんをお招きします。

●Rubén Darío

1867年生、1916年没。中米・ニカラグアの国民的作家で、モデルニスム(近代文芸主義)の巨匠。19歳で出国しアルゼンチンの新聞特派員として活躍しながら、詩や散文の創作活動を続け、40歳で凱旋帰国。故郷のレオン市にて49歳で死去するまで、数々の公職も務めた。

●渡邉尚人

1956年(昭和31年)生まれ。東京外国語西語科卒業後、外務省に入省。欧米・中南米公館に勤務、(前)バルセロナ日本国総領事。ニカラグア言語アカデミー海外会員、欧州王立博士アカデミー名誉会員、ルベン・ダリオ世界運動名誉副会長。著書に『ロスト・ファミリー~失われた家族の肖像~』(文芸社)、『葉巻を片手に中南米』(山愛書院)、ルベン・ダリオの翻訳書『ニカラグアへの旅、インテルメッソ・トロピカル』(日本図書刊行会)、『青…─アスール─』(文芸社)、オッペンハイマーの翻訳書『創造か死か』(明石書店)等がある。

6月
19
2021
2021年アンデス文明研究会 定例講座(オンライン)案内: 「ワリとカハマルカ」 南山大学 渡部 森哉 教授
6月 19 @ 13:30 – 15:00

2021年アンデス文明研究会 定例講座(オンライン)案内: 「ワリとカハマルカ」 南山大学 渡部 森哉 教授

【日時】 2021年 6月19日(土) 13:30~15:00
【講師】 渡部 森哉(南山大学教授)
【テーマ】 「ワリとカハマルカ」 
【ご注意】 レコ-ディング(録音)・引用等は不可 
【受講料】 以下のアンデス文明研究会 HP ご参照
https://andesken.jimdofree.com/

【オンライン講座ご参加の方法】
上記の年会費・受講料の支払いの方へは(受領確認後)、
https://andesken.jimdofree.com/2021%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E4%BC%9A%E8%B2%BB%E7%B4%8D%E5%85%A5%E3%81%AE%E3%81%8A%E9%A1%98%E3%81%84/受講日の2日前までに講座参加のための Invitation のURL及びID・パスワ-ドをお知らせするので、振込次第、メ-ルで下記宛てにご連絡をお願いします。

参加申込メール
To: andesken55@gmail.com
Cc: kazum.mori@nifty.com