イベントカレンダー | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

イベントカレンダー

5月
23
2019
イベロアメリカ研究所公開講座「ペルーの平和構築プロセスに演劇はどのようにかかわったか」第2回
5月 23 @ 17:00 – 19:00

イベロアメリカ研究所公開講座 ラテンアメリカ・レクチャーシリーズ⑦ 「ペルーの平和構築プロセスに演劇はどのようにかかわったか」

日本の若い世代にとって演劇は娯楽・趣味・教養の一部でしかないかもしれません。しかし、ラテンアメリカにはそれとは異なる演劇観があります。演劇が社会のありようにどうコミットできるのか、娯楽を超えるどんなパワーを発揮するのか、人を楽しませながらどう考える力を育むのか、こんなことを知って欲しいとの願いからこのレクチャーシリーズを企画しました。

ペルーでは1980年からおよそ20年にわたり極左翼組織のテロ活動が活発になり、それを沈静化しようとする軍や警察特殊部隊とのあいだで激しい内戦状態が起こりました。その結果、多くの先住民や一般市民が殺され、行方不明になりました。演劇グループのユヤチカニはこの現場に飛び込んで行き、人々の声に耳を傾け、自国の歴史的事象に演劇人としてどう関わるべきかを考え続けました。ここからいくつもの作品が生まれました。

ラテンアメリカ全域で長年にわたり高い評価を受けてきたユヤチカニの活動を基軸に演劇と社会を考えます。

第2回 5月23日(木)
「演劇は劇場を飛び出したー現代ラテンアメリカにおける演劇実践」
講師 吉川恵美子(上智大学外国語学部教授・イベロアメリカ研究所所員)

【会場】
5月16日 中央図書館8階821会議室(定員100名)
5月23日・30日 中央図書館9階921会議室(定員150名)
時間:17時20分~19時00分
参加費無料/予約不要(先着順)

【問い合わせ先】
上智大学イベロアメリカ研究所 ibero@sophia.ac.jp

http://dept.sophia.ac.jp/is/ibero/
ラテンアメリカ・レクチャーシリーズ⑦チラシ[PDF]

ソン・ハローチョコンサート&ドキュメンタリー『透明な糸』上映会 by ロス・ラギートス
5月 23 @ 18:30 – 20:00

2019年5/23(木)、在日メキシコ大使館内会場エスパシオ・メヒカーノにて、ソン・ハローチョ楽団ロス・ラギートスのコンサート&ドキュメンタリー『透明な糸』上映会が開催されます。
*日本語/スペイン語進行

参加ご希望の方は、お手数ではございますが添付のFax返信フォームまたはメール、もしくは予約サイトPeatixにて出席の確認をお願いいたします:
返信フォームはこちらからダウンロードをお願いいたします

R.S.V.P: culturalembjap@sre.gob.mx / Fax: 03-3581-4058
Peatix: https://loslaguitos.peatix.com

Flyer(フライヤー)[PDF]

Sección Cultural 文化部
Embajada de México en Japón
在日メキシコ合衆国大使館
100-0014 東京都千代田区永田町2-15-1
Tel. 03-3581-1131 (Ext. 4011) Fax. 03-3581-4058
culturalembjap@sre.gob.mx

5月
25
2019
カリブ・中南米フェスティバル2019
5月 25 @ 10:00 – 19:00

開催場所/代々木公園 ケヤキ並木
開催期間/5月25日(土)、26日(日)
開催時間/10時~19時
料金/入場無料
問合せ/bmi@bmi-music.com

「成城 響きあう街」プロジェクト
5月 25 @ 12:30 – 14:00

タンゴ四重奏団、松永裕平クアルテート。
*曲名(予定)
ラ・クンパルシータ
リベルタンゴ
カナロ・エン・パリ 他
日 時:5月25日(土)午後1時開演(午後12時30分開場、休憩時間あり)
場 所:成城ホール (世田谷区成城6-2-1)
入場料:3800円
http://www.seijo-hibiki.jp/

立教大学ラテンアメリカ講座「受講生セミナー」
5月 25 @ 17:00 – 19:30

日時:2019年5月25日(土)17:15~19:00
場所:立教大学 池袋キャンパス5号館3階5324教室
第1部 「名もなき女たちの力——イサベル・アジェンデ『精霊たちの家』を中心に」
発表者:花田 愛 氏(ラテンアメリカ講座受講生)

第2部 「トリニダード・トバゴとベネズエラ~エネルギー協力からベネズエラ危機への対応まで~」
発表者:鈴木 美香 氏(ラテンアメリカ講座受講生)

主催 立教大学ラテンアメリカ研究所
申込 予約不要・入場無料
https://www.rikkyo.ac.jp/research/institute/ilas/

立教大学ラテンアメリカ講座「受講生セミナー」チラシ[PDF]

5月
27
2019
チリ・ピアノコンサート サグリエ・プレイズ・サグリエ
5月 27 @ 18:00 – 20:00

チリ・ピアノコンサート サグリエ・プレイズ・サグリエ
日時:5月27日(月)18:00~
会場:インスティトゥト・セルバンテス東京
自由席・無料
チリ・ピアノコンサート: サグリエ・プレイズ・サグリエ チケット申し込み

チリ出身のピアノデュオ“サグリエ・プレイズ・サグリエ”によるコンサート。最新作「チリ人の集い」を演奏します。同作品はチリの作曲家、ルイス・サグリエによって作曲され、チリの偉大なる文化人、パブロ・ネルーダ、ビオレタ・パラ、ビクトル・ハラへ捧げるオマージュとなっています。同時にメリエッテ・サグリエによるピアノソロ、24年の歳月をかけた、連弾のためのレパートリーを演奏します。

チラシはこちら

チリ・ピアノコンサート サグリエ・プレイズ・サグリエ[PDF]

5月
30
2019
「ラファエル・グロス・ブラウン展覧会: 瀬戸内にて」(5/30〜6/11)
5月 30 – 6月 10 全日

オープニング:5月30日 (木)18:30~ 
展覧会:6月11日 (火)まで
会場:インスティトゥト・セルバンテス東京
無料・オープニングのみ要予約
■https://cultura.cervantes.es/tokio/ja/Sumergido-en-Setouchi/126818
■https://rafael-gross-brown.peatix.com/

パラグアイ出身、バルセロナを拠点に活動するアーティスト、ラファエル・グロス・ブラウン展覧会。アーティストが広島県尾道市のレジデンスに5週間滞在して生まれた作品を展示します。

様々な線やストロークを使った芸術表現は、自然や瞑想と結びつき、もともとの意図を超えた世界観を生み出しています。本展覧会はパラグアイと日本の外交関係100周年を記念して開かれます。

イベロアメリカ研究所公開講座「ペルーの平和構築プロセスに演劇はどのようにかかわったか」第3回
5月 30 @ 17:00 – 19:00

イベロアメリカ研究所公開講座 ラテンアメリカ・レクチャーシリーズ⑦ 「ペルーの平和構築プロセスに演劇はどのようにかかわったか」

日本の若い世代にとって演劇は娯楽・趣味・教養の一部でしかないかもしれません。しかし、ラテンアメリカにはそれとは異なる演劇観があります。演劇が社会のありようにどうコミットできるのか、娯楽を超えるどんなパワーを発揮するのか、人を楽しませながらどう考える力を育むのか、こんなことを知って欲しいとの願いからこのレクチャーシリーズを企画しました。

ペルーでは1980年からおよそ20年にわたり極左翼組織のテロ活動が活発になり、それを沈静化しようとする軍や警察特殊部隊とのあいだで激しい内戦状態が起こりました。その結果、多くの先住民や一般市民が殺され、行方不明になりました。演劇グループのユヤチカニはこの現場に飛び込んで行き、人々の声に耳を傾け、自国の歴史的事象に演劇人としてどう関わるべきかを考え続けました。ここからいくつもの作品が生まれました。

ラテンアメリカ全域で長年にわたり高い評価を受けてきたユヤチカニの活動を基軸に演劇と社会を考えます。

第3回 5月30日(木)
講師 細谷広美(成蹊大学文学部教授)
「ユヤチカニの創造プロセス− 社会と対話を続けた50年」
講師 ミゲル・ルビオ(文化集団ユヤチカニ代表・演出家)[スペイン語による講演、日本語資料配付]

【会場】
5月16日 中央図書館8階821会議室(定員100名)
5月23日・30日 中央図書館9階921会議室(定員150名)
時間:17時20分~19時00分
参加費無料/予約不要(先着順)

【問い合わせ先】
上智大学イベロアメリカ研究所 ibero@sophia.ac.jp

http://dept.sophia.ac.jp/is/ibero/
ラテンアメリカ・レクチャーシリーズ⑦チラシ[PDF]

6月
15
2019
日本・パナマ友好のつどい
6月 15 @ 11:00 – 15:00

日本・パナマ友好のつどい
1) 開催日時:6月15日(土)
2) 開催場所:JICA地球ひろば(市谷)国際会議場)
https://www.jica.go.jp/hiroba/about/map/index.html
東京都新宿区市谷本村町10-5(JICA市ヶ谷ビル内)
3) 当日のプログラム:
(1) 11:00~11:45 : 講演
演 題:パナマの空をモノレールが駆けるのを夢見て
講 師:長沼明久 元パナマ三菱商事社長
講演内容:中南米ではじめて、日本のモノレールシステムの採用が内定しているパナマメトロ3号線プロジェクトについて、その案件形成に関わった講演者による案件裏話と商社の役割
(2) 12:00~14:00 : ランチビュッフェによる懇親会(JICA地球ひろば、大会議室)
4) 会費:  3000円/人 (含む、昼食懇談会費用)(中学生~大学生は1000円/人、小学生以下は無料)
5) 申し込み要領:
以下情報を記載の上、日本・パナマ友好協会宛てメールまたはファックスにて申し込みください。
出席者名:(出席者全員のお名前をお知らせください)
合計人数:大人X名、学生Y名、小学生以下Z名
送り先:メール:kariyaq@qc4.so-net.ne.jp / FAX: 03-3945-8982
6) 申し込み期限:6月6日(木)

アンデス文明研究会 春季講座「人と動物の関係から古代アンデス社会を考える」
6月 15 @ 14:00 – 17:00

【日時】 2019年6月15日(土)14:00~17:00
【講師】 鵜澤 和宏(東亜大学副学長・教授)
【テーマ】「人と動物の関係から古代アンデス社会を考える」
【場所】 東京外国語大学本郷サテライト 5階
    地下鉄丸ノ内線・大江戸線「本郷三丁目」駅から徒歩3~5分
    JR中央線・総武線「御茶ノ水」駅から徒歩8~10分
    http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html
【受講料】入会案内はメールで、「名前」「住所」「電話番号」
     および入会ご希望の旨をお知らせください。
     メールのあて先:andes@r5.dion.ne.jp
     入会金:1000円
     年会費:4000円(毎年4月更新)
     定例講座受講料:6000円(3カ月)
【試受講制度】
     非会員の方が特別に定例講座を受講されたい場合、
     1回 3000円で試し受講することができます。