イベントカレンダー | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

イベントカレンダー

2月
19
2021
JICA主催オンラインによるブラジルセミナーのご案内:2月19日(金)14:00-16:00
2月 19 @ 14:00 – 16:00

JICA主催オンラインによるブラジルセミナーのご案内
~世界一日系人の多い国、ブラジル~

セミナーご案内サイト:
https://www.jica.go.jp/kansai/event/2020/210120_01.html

セミナー申込みサイト:
https://www.ksic.jica.go.jp/regist/is?SMPFORM=rht-ohril-716a029157b1a75b33a3af48b7a8afde

セミナーご案内PDF:
20210219ブラジルセミナー[PDF]

タイムテーブル

時刻 内容
14:00~14:05 開会挨拶
JICA ブラジル事務所 所長 江口 雅之
14:05~14:15 「ブラジルの政治・経済・コロナ感染状況について」
JICAブラジル事務所 企画調査員 東 千秋
14:15~14:35 「日系社会との連携~ビジネスへの活用と JICA の支援 」
JICA 中南米部 計画・移住課 課長 石橋 匡秋
14:35~14:55 「ブラジルの投資環境 ブラジル市場のポテンシャル、 日系社会との 結びつき 」
株式会社ブラジル・ベンチャー・キャピタル代表取締役 中山 充様
14:55~15:15 「兵庫県と パラナ州との経済交流 」
兵庫県産業労働部国際経済課経済交流班長 小木曽 弘康様
15:15~15:25 「ブラジルにおけるJICA 民間連携事業について」
JICAブラジル事務所 企画調査員 東 千秋
15:25~15:35 「JICA の海外展開支援制度紹介」
JICA 関西 企業連携課
15:35~16:00 質疑応答
16:00 閉会
2月
22
2021
無料オンライン文学講演『ラテンアメリカのメガシティ、ブエノスアイレス、メキシコシティ、ボゴタ、リマを巡る文学散歩』
2月 22 @ 18:30 – 19:30

日時:2/22(月)18:30-19:30
言語:スペイン語

詳細、申し込みは下記をご覧ください。
https://paseo-por-hispanoamerica.peatix.com/view

スペイン教育委員会とインスティトゥト・セルバンテスの協力により開催される文学散歩。今回は、あわせて5億の人口を誇るラテンアメリカの4つのメガ都市を紹介します。

文学の歴史の新たな頁を開いた偉大な作家たち、フリオ・コルタサル、ガブリエル・ガルシア=マルケス、カルロス・フエンテス、シルビナ・オカンポ、ボルヘスを輩出した4都市です。

今回の文学的地理学では、ボルヘスのブエノスアイレスの迷宮を、素顔のメキシコシティを、ダンスと歴史が踊るボゴタを、マリオ・バルガス=リョサが幾たびも新たな表情を見せてくれるリマを訪れます。

2月
26
2021
「ブラジルSDGsセミナー」(JICAブラジル事務所&ブラジル日本商工会議所共催)
2月 26 @ 21:00 – 22:30

「ブラジルSDGsセミナー」(JICAブラジル事務所&ブラジル日本商工会議所共催)
SDGs(持続可能な開発目標)やESG(環境、社会、ガバナンス)に関するJICAブラジル事務所や現地企業の取り組み、ブラジル政府の動向などを中心に発表致します。

■日時:2/26(金)日本時間21時〜22時半(ブラジル時間午前9時~10時半)

■セミナー方式:ZOOMによるオンラインセミナー

■費用:無料

■言語:日本語のみ

詳細・お申込みはコチラから⇒https://zoom.us/webinar/register/WN_lGz3ViYjQuq-PNF_hMmDJw

ご不明な点がありましたらJICAブラジル事務所(SaitoHiroko.BRSP@jica.go.jp)までお問い合わせ下さい。

詳しくはJAICA民間連携事業Facebookご参照(https://www.facebook.com/jicappp/posts/1359291444421191

3月
5
2021
南山大学人類学研究所2020年度第2回公開シンポジウム 「バイオアーケオロジーの最前線」
3月 5 @ 13:30 – 15:50

日時:
2021年3月5日(金曜)13:30 ~ 15:50

会場:
Zoom Meetingによるオンライン開催

詳細・申し込み:
https://rci.nanzan-u.ac.jp/jinruiken/activities/information/020664.html

内容:
人間の活動の痕跡が残る遺跡。そこからは人間そのものの痕跡である人骨がしばしば出土する。遺跡から出土する人骨から何が分かるのか、あるいは人骨からどのような情報を引き出すことができるのか。本シンポジウムでは2名の気鋭の研究者にバイオアーケオロジーの最先端について語っていただく。

時間帯 題目
13:30~13:40 「趣旨説明」
渡部森哉(南山大学人類学研究所・所長)
13:40~14:40 「バイオアーケオロジーから見た古代アンデスの病気と死」
長岡朋人(聖マリアンナ医科大学・准教授)
14:40~14:50 休憩
14:50~15:50 「古代DNAの最前線―遺跡資料から分かること―」
澤藤りかい(日本学術振興会・特別研究員CPD(総合研究大学院大学))
オンライン講演会「文学帝国メキシコへの招待―現代小説の名作を味わう」
3月 5 @ 18:30 – 20:00

オンライン講演会「文学帝国メキシコへの招待―現代小説の名作を味わう」

日時:2021年3月5日(金) 18時30分-20時(日本時間)
会場:Zoomミーティングを用いてのオンライン開催
参加無料/申し込み先着順(定員あり)
申込や詳細はこちら:https://bit.ly/3uojzp5

お問合せ等は下記までお願いいたします。
culturalembjap@sre.gob.mx (在日メキシコ大使館文化部)

1920年代から今日までのメキシコ小説の代表作を時代順に追っていくことで、文学帝国メキシコの「文学近現代史」を概観していきます。

フアン・ルルフォ、カルロス・フエンテス、フェルナンド・デル・パソ、エレナ・ポニアトウスカなど、数々の名作家を生み出してきたメキシコ。ラテンアメリカ文学とその世界的ブームの枠組みだけに収まらないメキシコ文学の多様な魅力を紹介します。

本オンライン講演会では、メキシコ文学の研究者、翻訳家たちの手引きのもと1920年代から今日までのメキシコ小説の代表作を時代順に追っていくことで、文学帝国メキシコの「文学近現代史」を概観していきます。

講演者:
― 寺尾隆吉氏 (早稲田大学社会科学総合学術院教授)
― 富田広樹氏 (北九州市立大学文学部准教授)
― 仁平ふくみ氏 (京都産業大学外国語学部准教授)
― 山辺弦 氏 (東京経済大学全学共通教育センター准教授)

【協力】水声社

3月
16
2021
オンライン「コロンビア投資セミナー」主催:UNIDO(国連工業開発機関)東京事務所、駐日コロンビア大使館商務部、ボゴタ市投資促進機構
3月 16 @ 10:00 – 11:00

コロンビアのビジネス機会や投資インセンティブの紹介のほか、経済の中心である首都ボゴタ市の投資環境、とりわけ製薬、医療機器等の分野でのビジネスチャンスについて解説します。
また、2016 年よりボゴタに拠点を置く、アステラス製薬によるビジネス体験談も予定しています。
コロンビアでのビジネスについて、最新の情報を入手できる貴重な機会です。

概 要(https://www.unido.or.jp/coming/10164/

日  時: 2021年3月16日(火)10:00~11:00 (日本時間)
実施方法:オンライン開催(ZOOM方式)
主  催:UNIDO東京事務所、駐日コロンビア大使館商務部、ボゴタ市投資促進機構
言  語:日英同時通訳
参 加 費:無料
定  員:250名 (定員になり次第、申込みを締切ります)
申込締切:2021年3月16日(火) 09:00

申込み方法 : https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_SjgqlAwOS2Or4uOfR9e4dw

※氏名・組織名・肩書はお手数ですが日本語・英語両方でのご記入をお願いします。
※1名の登録で複数端末からの視聴はできません。お一人ずつご登録下さい。

日本在外企業協会主催「海外赴任前セミナー」開催のご案内(会場集合・オンライン複合型)
3月 16 @ 10:30 – 17:00

日本在外企業協会主催「海外赴任前セミナー」開催のご案内(会場集合・オンライン複合型)

【日時】2021年3月16日(火)10:30-17:00
【会場】日外協・セミナールーム
【参加費】会員 5,500円/名、商工会議所会員 11,000円/名、
     一般16,500円/名(消費税込、資料代含む)

詳細・お申込みは下記URLをご覧ください。
https://joea.or.jp/event/52220
問い合わせ先

一般社団法人 日本在外企業協会 海外安全センター
TEL:03-3567-9271 FAX:03-3564-6836
URL:https://www.joea.or.jp
E-mail:nichigaikyoevent_send@joea.or.jp

3月
25
2021
オンラインパネルディスカッション:「“Historias de amor y odio – las narrativas que dan forma a nuestro presente y futuo”(愛と憎悪の物語―私たちの現在と未来を形どるナラティブ)」
3月 25 @ 07:00 – 09:00

アメリカ大陸の多様な国々と分野でリーダーシップを発揮する三人のパネリストを招き、ブリュッセルに本部をおき、「より公平,かつ包摂的で持続可能なグローバリゼーションの推進を使命とし、このような価値観をより広く普及させるための新しい物語(Grand Narrative of Hope)を模索」している、民間組織FOGGS (Foundation for Global Governance and Sustainability )が開催するパネルディスカッションです。

日時:日本時間3月25日(木)、午前7時~9時予定。

使用言語:スペイン語。

参加費用:無料 ZOOM使用。

出席の登録:https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_D7V5D5k_ToCh3vz2fClNFA
(登録いただいた時点で、イベントのZOOMリンクをお送りします。)

パネリスト:null

●Leonardo Garnier:コスタリカ大学経済学部教授。企画大臣、教育大臣など歴任。児童書の著作も行う。
●Francisco Goldman:トリニティー大学教授。メキシコシティ―在住。アメリカ合衆国出身のジャーナリスト・小説家。著書にThe Art of Political Murder(政治的暗殺の術)、Say Her Name 〈彼女の名を言って〉など。近作は小説、Monkey Boy (サルの子)。
●Nina Pacari:エクアドル、キチュア先住民族の法律家。先住民の権利の活動家で、Instituto Pacari de Ciencias Indígenas, Escuela Itinerante de Derecho Kichwa 教授。憲法裁判所の判事、外務大臣など歴任。
モデレーター:安川順子(よりこ)、 FOGGS副会長。国連人口基金アジア太平洋地域局長、ボリビアとコスタリカの国連開発計画常駐代表など歴任。

<さまざまな危機や不確実性に直面している人類>
・・私たちは自分たちの生活、社会、そして世界に意義を見出すためにどのような物語を綴っているのだろうか。
・・これらの物語は私たちにだれを愛させ、だれを憎ませているのか。
・・政治的な決断にどのような影響をおよぼしているのだろうか。
・・どのような方向に私たちを導いているのだろうか。

メキシコ大使館主催 「メキシコの女性たちの現状」:浅倉寛子氏(メキシコ社会人類学高等研究所【CIESAS】教授)
3月 25 @ 18:30 – 20:00

3月8日「国際女性デー」に関連し、この度、メキシコ社会人類学高等研究の教授で長年現地で研究に従事する浅倉寛子 氏をお迎えしオンライン講演会を開催します。
【日時】 :2021年3月25日(木) 18時30分-20時
【会場】 :Zoomミーティングを使用したオンライン
【講師】 :浅倉寛子氏 (メキシコ社会人類学高等研究所【CIESAS】教授)
【言語】 :日本語のみ
【主催】 :在日メキシコ大使館
【参加費】:無料
【申込みフォーム/事前要申込】:https://forms.gle/xMPik1fEDfMyQ4mw9
*定員に限りがありますので申込先着順となります
【講演会概要】https://mailchi.mp/5ccb2db1897e/vv0ifsqzla?e=63ba9e0d8b

5月
30
2021
第一回 JICA 海外移住懸賞論文 特別賞受賞者講演会(ZOOM形式)—「フジヤマのトビウオ」とブラジル日系コロニアの戦後-
5月 30 @ 11:00 – 12:00

日時:2021年5月30日(日曜日)11時00分~12時00分(日本時間)
主催:JICA横浜 海外移住資料館
   講師:乗松 優(のりまつ すぐる)氏 (京都大学 東南アジア地域研究研究所 連携准教授)
   参加申込ほか、詳細: https://www.jica.go.jp/jomm/events/2021/210530.html