イベントカレンダー | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

イベントカレンダー

1
2
3
フェスティバル ビベ・メヒコ: 映画「マラ・アカメの夢」上映 19:00
フェスティバル ビベ・メヒコ: 映画「マラ・アカメの夢」上映
9月 3 @ 19:00 – 23:00
日時:9月3日(火)19時~ 会場:インスティトゥト・セルバンテス東京 無料 詳細・予約はこちら https://tokio.cervantes.es/jp/culture_spanish/upcoming_activities_culture_spanish.htm 原題:El sueño de Mara’akame 監督: Federico Cecchetti 制作年: 2016/上映時間: 90 min/メキシコ映画 フェスティバル『ビべ・メヒコ』のオープニングプログラムに、メキシコ人監督フェデリコ・セチェッティの初の制作となる長編映画『マラ・アカメの夢』を上映します。 主人公ウイチョル族の若者ニエリは、自身の音楽グループでメキシコシティに行くことを夢見ていますが、父のマラ・アカメ(ウイチョルのシャーマン)は彼に違う人生を望んでいます。 同作品は2016年に発表され、2017年のアリエル賞で作品賞や監督賞他にノミネートされたほか、最優秀初長編映画賞と最優秀作曲賞を受賞しています。
4
5
ミシェル・カミロ with ビッグバンド
ミシェル・カミロ with ビッグバンド
9月 5 全日
日時:9月5日(木)~8日(日) 9.5 thu., 9.6 fri.  [1st]Open5:30pm Start6:30pm [2nd]Open8:20pm Start9:00pm 9.7 sat., 9.8 sun.  [1st]Open4:00pm Start5:00pm [2nd]Open7:00pm Start8:00pm 会場:ブルーノート東京 http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/michel-camilo-bigband/  約25年ぶりのスタジオ録音によるビッグ・バンド・アルバム『エッセンス』のリリースも大反響を呼んだカリスマ・ピアニスト、ミシェル・カミロが、日本人トッププレイヤーも含めた豪華18人編成のビッグ・バンドを率いて同作品の音楽世界をライヴで繰り広げる。母国のドミニカ共和国で“ピアノの神童”として名を馳せた後、’79年に渡米。’88年にメジャー・デビューを果たし、卓越したリズム感と圧倒的なテクニックでジャンルを超えた活動を展開。グラミー賞、ラテン・グラミー賞、エミー賞を始めとする数多くの栄誉に輝き、現在に至っている。ビッグ・バンドによる来日公演は約6年ぶり。ジャズのエナジー、ラテンの情熱、大編成ならではの迫力が融合した、圧倒的なパフォーマンスが味わえること間違いなし!
NHK BSプレミアム 「驚き!地球!グレートネイチャー▽超絶!南北アメリカ大激突~中米・マグマと水の奇跡」 12:00
NHK BSプレミアム 「驚き!地球!グレートネイチャー▽超絶!南北アメリカ大激突~中米・マグマと水の奇跡」
9月 5 @ 12:00 – 13:00
NHK BSプレミアム 9月5日(木) 午後0時00分 驚き!地球!グレートネイチャー▽超絶!南北アメリカ大激突~中米・マグマと水の奇跡 中央アメリカは80もの活火山がひしめく燃え盛る大地。 グアテマラでは、2分おきに噴火する不気味な火山に遭遇! そして、火の国・ニカラグアでは、直径500m、深さ450mの大火口の中へ潜入! 目撃したのは地球に7つしかない溶岩湖、マグマ対流の生々しい姿だった… 驚異の「火の絶景」を生み出した大地殻変動の謎を解き明かす! https://www4.nhk.or.jp/greatnature/x/2019-09-05/10/17907/2170097/
6
ジョイス・モレーノ sings “ボサノヴァ・ソングブック” with special guest ゼ・ヘナート
ジョイス・モレーノ sings “ボサノヴァ・ソングブック” with special guest ゼ・ヘナート
9月 6 全日
日時:9月6日(金)、7日(土) 場所:コットンクラブ http://www.cottonclubjapan.co.jp/jp/sp/artists/joyce-moreno/ 日時:9月8日(日) 場所:モーションブルー横浜 http://www.motionblue.co.jp/artists/joyce/ 日時:9月12日~13日 場所:ブルーノート東京 http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/joyce/ 昨年発表したデビュー50周年アルバムもロングセラーを続ける、“ブラジリアン・ミュージックの女王”、ジョイス・モレーノが、ボサノヴァの名曲を中心とした会心のステージを繰り広げる。 ’68年にソロ・デビューし、アントニオ・カルロス・ジョビン、ジョアン・ジルベルト、ヴィニシウス・ヂ・モライスら巨星と交流。「フェミニーナ」、「或る女」などの名曲、暖かな歌声とギターで世界のファンを魅了してきた。 さらに当公演にはスペシャル・ゲストとして、伝説的グループ“ボカ・リヴリ”の一員として名を馳せたゼ・ヘナートが参加。 ジョビンやジョアン・ジルベルトなど、ボサノヴァの偉人たちが遺した歴史的名曲の数々が、最高峰の歌声で味わえるひとときが待ち遠しい。
ミシェル・カミロ with ビッグバンド
ミシェル・カミロ with ビッグバンド
9月 6 全日
日時:9月5日(木)~8日(日) 9.5 thu., 9.6 fri.  [1st]Open5:30pm Start6:30pm [2nd]Open8:20pm Start9:00pm 9.7 sat., 9.8 sun.  [1st]Open4:00pm Start5:00pm [2nd]Open7:00pm Start8:00pm 会場:ブルーノート東京 http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/michel-camilo-bigband/  約25年ぶりのスタジオ録音によるビッグ・バンド・アルバム『エッセンス』のリリースも大反響を呼んだカリスマ・ピアニスト、ミシェル・カミロが、日本人トッププレイヤーも含めた豪華18人編成のビッグ・バンドを率いて同作品の音楽世界をライヴで繰り広げる。母国のドミニカ共和国で“ピアノの神童”として名を馳せた後、’79年に渡米。’88年にメジャー・デビューを果たし、卓越したリズム感と圧倒的なテクニックでジャンルを超えた活動を展開。グラミー賞、ラテン・グラミー賞、エミー賞を始めとする数多くの栄誉に輝き、現在に至っている。ビッグ・バンドによる来日公演は約6年ぶり。ジャズのエナジー、ラテンの情熱、大編成ならではの迫力が融合した、圧倒的なパフォーマンスが味わえること間違いなし!
JICA中南米部主催「ビジネスネットワーキング会合」 16:00
ビデオアート展覧会 ジャンフランコ・フォスキーノ&加藤翼 18:00
ビデオアート展覧会 ジャンフランコ・フォスキーノ&加藤翼
9月 6 @ 18:00 – 19:00
オープニング:9月6日(金)18:00~  展覧会:10月4日(金)まで 会場:インスティトゥト・セルバンテス東京 詳細・予約: https://video-arte-gianfranco-kato.peatix.com/event/1223746/ チリ出身のジャンフランコ・フォスキーノと加藤翼によるビデオアート展覧会。 日常生活の中で見られる小さな動きの観察から着想を得て、平凡に見えるものを非凡なものへと変化させる作品を特徴としています。 両アーティストとも、テクノロジーを「現代の街を再発見するための手段」として認識しているとのこと。 今回の展示会は天野太郎氏がキュレーションを務めます。
7
ジョイス・モレーノ sings “ボサノヴァ・ソングブック” with special guest ゼ・ヘナート
ジョイス・モレーノ sings “ボサノヴァ・ソングブック” with special guest ゼ・ヘナート
9月 7 全日
日時:9月6日(金)、7日(土) 場所:コットンクラブ http://www.cottonclubjapan.co.jp/jp/sp/artists/joyce-moreno/ 日時:9月8日(日) 場所:モーションブルー横浜 http://www.motionblue.co.jp/artists/joyce/ 日時:9月12日~13日 場所:ブルーノート東京 http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/joyce/ 昨年発表したデビュー50周年アルバムもロングセラーを続ける、“ブラジリアン・ミュージックの女王”、ジョイス・モレーノが、ボサノヴァの名曲を中心とした会心のステージを繰り広げる。 ’68年にソロ・デビューし、アントニオ・カルロス・ジョビン、ジョアン・ジルベルト、ヴィニシウス・ヂ・モライスら巨星と交流。「フェミニーナ」、「或る女」などの名曲、暖かな歌声とギターで世界のファンを魅了してきた。 さらに当公演にはスペシャル・ゲストとして、伝説的グループ“ボカ・リヴリ”の一員として名を馳せたゼ・ヘナートが参加。 ジョビンやジョアン・ジルベルトなど、ボサノヴァの偉人たちが遺した歴史的名曲の数々が、最高峰の歌声で味わえるひとときが待ち遠しい。
ミシェル・カミロ with ビッグバンド
ミシェル・カミロ with ビッグバンド
9月 7 全日
日時:9月5日(木)~8日(日) 9.5 thu., 9.6 fri.  [1st]Open5:30pm Start6:30pm [2nd]Open8:20pm Start9:00pm 9.7 sat., 9.8 sun.  [1st]Open4:00pm Start5:00pm [2nd]Open7:00pm Start8:00pm 会場:ブルーノート東京 http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/michel-camilo-bigband/  約25年ぶりのスタジオ録音によるビッグ・バンド・アルバム『エッセンス』のリリースも大反響を呼んだカリスマ・ピアニスト、ミシェル・カミロが、日本人トッププレイヤーも含めた豪華18人編成のビッグ・バンドを率いて同作品の音楽世界をライヴで繰り広げる。母国のドミニカ共和国で“ピアノの神童”として名を馳せた後、’79年に渡米。’88年にメジャー・デビューを果たし、卓越したリズム感と圧倒的なテクニックでジャンルを超えた活動を展開。グラミー賞、ラテン・グラミー賞、エミー賞を始めとする数多くの栄誉に輝き、現在に至っている。ビッグ・バンドによる来日公演は約6年ぶり。ジャズのエナジー、ラテンの情熱、大編成ならではの迫力が融合した、圧倒的なパフォーマンスが味わえること間違いなし!
アフリカン・アメリカン・カリビアン・カルチャーフェス日本2019 10:00
アフリカン・アメリカン・カリビアン・カルチャーフェス日本2019
9月 7 @ 10:00 – 21:00
アフリカン・アメリカン・カリビアン・カルチャーフェス日本2019 開催日時 :2019年9月7日(土)・8日(日)10:00〜21:00 会場 :代々木公園ケヤキ並木 入場料 :無料 (2日間) http://aaccej.jp/festa2018/
アンドレ・メマーリ来日ツアー 17:00
アンドレ・メマーリ来日ツアー
9月 7 @ 17:00 – 20:00
アンドレ・メマーリ来日ツアー ブラジル・コンサート 日時:9月7日(土)17時開演 場所:大田区民ホール アプリコ 料金:一般:2,500円、出演:アンドレ・メマーリ(ピアノ) 出演:オルケストラ・サンバドール・オリエンチ(ビッグバンド) 詳細は下記をご覧ください。 https://www.ota-bunka.or.jp/facilities/aprico/event/tabid/180/Default.aspx?itemid=947&dispmid=876 現代ブラジルが生んだ最高のピアニスト/作曲家/アレンジャー/マルチプレイヤー。 ブラジル音楽、ジャズ、クラシック…多様な音楽を自分のものとし、詩情豊かに表現する圧倒的才能。国内外から多くの支持を集めている。ソロ公演は、名作ピアノ・ソロ・アルバム『Tokyo Solo』が録音された2013年のソロ公演以来6年ぶり。
8
ジョイス・モレーノ sings “ボサノヴァ・ソングブック” with special guest ゼ・ヘナート
ジョイス・モレーノ sings “ボサノヴァ・ソングブック” with special guest ゼ・ヘナート
9月 8 全日
日時:9月6日(金)、7日(土) 場所:コットンクラブ http://www.cottonclubjapan.co.jp/jp/sp/artists/joyce-moreno/ 日時:9月8日(日) 場所:モーションブルー横浜 http://www.motionblue.co.jp/artists/joyce/ 日時:9月12日~13日 場所:ブルーノート東京 http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/joyce/ 昨年発表したデビュー50周年アルバムもロングセラーを続ける、“ブラジリアン・ミュージックの女王”、ジョイス・モレーノが、ボサノヴァの名曲を中心とした会心のステージを繰り広げる。 ’68年にソロ・デビューし、アントニオ・カルロス・ジョビン、ジョアン・ジルベルト、ヴィニシウス・ヂ・モライスら巨星と交流。「フェミニーナ」、「或る女」などの名曲、暖かな歌声とギターで世界のファンを魅了してきた。 さらに当公演にはスペシャル・ゲストとして、伝説的グループ“ボカ・リヴリ”の一員として名を馳せたゼ・ヘナートが参加。 ジョビンやジョアン・ジルベルトなど、ボサノヴァの偉人たちが遺した歴史的名曲の数々が、最高峰の歌声で味わえるひとときが待ち遠しい。
ミシェル・カミロ with ビッグバンド
ミシェル・カミロ with ビッグバンド
9月 8 全日
日時:9月5日(木)~8日(日) 9.5 thu., 9.6 fri.  [1st]Open5:30pm Start6:30pm [2nd]Open8:20pm Start9:00pm 9.7 sat., 9.8 sun.  [1st]Open4:00pm Start5:00pm [2nd]Open7:00pm Start8:00pm 会場:ブルーノート東京 http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/michel-camilo-bigband/  約25年ぶりのスタジオ録音によるビッグ・バンド・アルバム『エッセンス』のリリースも大反響を呼んだカリスマ・ピアニスト、ミシェル・カミロが、日本人トッププレイヤーも含めた豪華18人編成のビッグ・バンドを率いて同作品の音楽世界をライヴで繰り広げる。母国のドミニカ共和国で“ピアノの神童”として名を馳せた後、’79年に渡米。’88年にメジャー・デビューを果たし、卓越したリズム感と圧倒的なテクニックでジャンルを超えた活動を展開。グラミー賞、ラテン・グラミー賞、エミー賞を始めとする数多くの栄誉に輝き、現在に至っている。ビッグ・バンドによる来日公演は約6年ぶり。ジャズのエナジー、ラテンの情熱、大編成ならではの迫力が融合した、圧倒的なパフォーマンスが味わえること間違いなし!
アフリカン・アメリカン・カリビアン・カルチャーフェス日本2019 10:00
アフリカン・アメリカン・カリビアン・カルチャーフェス日本2019
9月 8 @ 10:00 – 21:00
アフリカン・アメリカン・カリビアン・カルチャーフェス日本2019 開催日時 :2019年9月7日(土)・8日(日)10:00〜21:00 会場 :代々木公園ケヤキ並木 入場料 :無料 (2日間) http://aaccej.jp/festa2018/
セミナー「南米ボリビアの魅力」 14:00
セミナー「南米ボリビアの魅力」
9月 8 @ 14:00 – 16:00
ボリビアは南米のほぼ中央に位置し、4,000m以上の山々が連なるアンデス高地から、熱帯雨林や広大な農牧地が広がる低地まで、多彩な自然環境に恵まれた国です。 近年、観光客も多く訪れ、近年有名となったウユニ塩湖だけでなく、数多くの観光資源を有しています。また、フォルクローレなどの音楽や踊り、民族衣装も世界中の人々を引き付けています。 ボリビアの観光地や日本との関係など、様々な角度からボリビアの魅力を語ります。 セミナー「南米ボリビアの魅力」 日程:2019年9月8日(日)14:00~16:00 場所:すみだリバーサイドホール ミニシアター 参加費:無料 主な登壇者: 墨田区議 井上ノエミ氏 株式会社ラティーノ 清水研氏 ボリビア事務所長 小原学氏 チャランゴ奏者 桑原健一氏 主催:JICAボリビア事務所、NPO法人日本ラテンアメリカ友好協会 詳細、申し込みは下記をご覧ください。 https://www.jica.go.jp/event/190908_01.html
9
カミラ・メサ & ザ・ネクター・オーケストラ 17:30
カミラ・メサ & ザ・ネクター・オーケストラ
9月 9 @ 17:30 – 23:00
日時:9月9日(月)、10日(火) 場所:ブルーノート東京 http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/camila-meza/ ジャズ滋養とシンガー・ソングライター的持ち味のボーダーレスな交錯……。 そんな今の進行形ジャズ・ヴォーカルの真価を自然体で開いているのが、カミラ・メサだ。 チリ出身というエキゾな属性も抱える彼女の新作『アンバー』は弦音を用いたチェンバー・ジャズ・ヴォーカルの清新盤で、公演はそれをフォローするものとなる。 過去にシャイ・マエストロ(p)と来日したこともある彼女は、まさにミュージシャンズ・ミュージシャン。ブルーノート東京初登場となる今回も、卓越したリーダー作を持つイスラエル人のエデン・ラディンやスナーキー・パピーの小川慶太ら今のNYの前線に立つ奏者たちが同行。 ついに、秀でたギタリストでもある才女の全貌が明らかになる!
オーディオビジュアルアート展覧会 「センピテルノス:ボリビア東部の先住民族」 19:00
オーディオビジュアルアート展覧会 「センピテルノス:ボリビア東部の先住民族」
9月 9 @ 19:00 – 20:00
オープニング:9月9日(月)19:00~ 展覧会日時:9月9日~15日 会場:インスティトゥト・セルバンテス東京 無料 詳細・予約: https://tokio.cervantes.es/jp/culture_spanish/upcoming_activities_culture_spanish.htm センピテルノスは、ボリビア人アーティスト、ホアキン・カルバハルによる、ボリビア東部の先住民族を描いた作品シリーズです。 写真と音を通して、アマゾンの現実を呼び覚まそうとしています。 写真には、自身のルーツとのつながりを絶やさないよう日々努力を続ける人々が映し出されます。
10
カミラ・メサ & ザ・ネクター・オーケストラ 17:30
カミラ・メサ & ザ・ネクター・オーケストラ
9月 10 @ 17:30 – 23:00
日時:9月9日(月)、10日(火) 場所:ブルーノート東京 http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/camila-meza/ ジャズ滋養とシンガー・ソングライター的持ち味のボーダーレスな交錯……。 そんな今の進行形ジャズ・ヴォーカルの真価を自然体で開いているのが、カミラ・メサだ。 チリ出身というエキゾな属性も抱える彼女の新作『アンバー』は弦音を用いたチェンバー・ジャズ・ヴォーカルの清新盤で、公演はそれをフォローするものとなる。 過去にシャイ・マエストロ(p)と来日したこともある彼女は、まさにミュージシャンズ・ミュージシャン。ブルーノート東京初登場となる今回も、卓越したリーダー作を持つイスラエル人のエデン・ラディンやスナーキー・パピーの小川慶太ら今のNYの前線に立つ奏者たちが同行。 ついに、秀でたギタリストでもある才女の全貌が明らかになる!
フェスティバル・ビベ・メヒコ アルテファクトゥム・カンパニー:トラクアチェ(袋ネズミ)のお話 19:00
フェスティバル・ビベ・メヒコ アルテファクトゥム・カンパニー:トラクアチェ(袋ネズミ)のお話
9月 10 @ 19:00 – 23:00
日時:9月10日(火)19:00- 会場:インスティトゥト・セルバンテス東京 無料 詳細・予約はこちらをクリック インスティトゥト・セルバンテス東京で開催されるフェスティバル・ビベ・メヒコ、本年度2回目のイベントは、アルテファクトゥム・カンパニーによるメキシコの先住民族に伝わる口頭伝承をもとにした紙芝居をお届けします。 コヨーテとトラクアチェ(袋ネズミ)は、より良い生活を求めて自国を後にした移民らが、危険に直面しながらも生き残るための道を示します。メキシコ特有のユーモアを通じた、永遠のテーマ、善と悪との闘いのお話です。
11
12
ジョイス・モレーノ sings “ボサノヴァ・ソングブック” with special guest ゼ・ヘナート
ジョイス・モレーノ sings “ボサノヴァ・ソングブック” with special guest ゼ・ヘナート
9月 12 全日
日時:9月6日(金)、7日(土) 場所:コットンクラブ http://www.cottonclubjapan.co.jp/jp/sp/artists/joyce-moreno/ 日時:9月8日(日) 場所:モーションブルー横浜 http://www.motionblue.co.jp/artists/joyce/ 日時:9月12日~13日 場所:ブルーノート東京 http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/joyce/ 昨年発表したデビュー50周年アルバムもロングセラーを続ける、“ブラジリアン・ミュージックの女王”、ジョイス・モレーノが、ボサノヴァの名曲を中心とした会心のステージを繰り広げる。 ’68年にソロ・デビューし、アントニオ・カルロス・ジョビン、ジョアン・ジルベルト、ヴィニシウス・ヂ・モライスら巨星と交流。「フェミニーナ」、「或る女」などの名曲、暖かな歌声とギターで世界のファンを魅了してきた。 さらに当公演にはスペシャル・ゲストとして、伝説的グループ“ボカ・リヴリ”の一員として名を馳せたゼ・ヘナートが参加。 ジョビンやジョアン・ジルベルトなど、ボサノヴァの偉人たちが遺した歴史的名曲の数々が、最高峰の歌声で味わえるひとときが待ち遠しい。
「ワールドレポート アルゼンチン・ブエノスアイレス~相川知子」 00:15
「ワールドレポート アルゼンチン・ブエノスアイレス~相川知子」
9月 12 @ 00:15 – 01:00
「ワールドレポート アルゼンチン・ブエノスアイレス~相川知子」 9月12日午前0時10分過ぎ(9月11日深夜) NHKラジオ深夜便(NHKラジオ第一) http://www4.nhk.or.jp/shinyabin/
講演会「マゼラン州の人と自然 一億年の歴史をひもとく 恐竜・森・氷河・南極・人 - パタゴニアの“マゼラン国”から学ぶサステナビリティ 」 19:00
講演会「マゼラン州の人と自然 一億年の歴史をひもとく 恐竜・森・氷河・南極・人 - パタゴニアの“マゼラン国”から学ぶサステナビリティ 」
9月 12 @ 19:00 – 23:00
日時:9月12日(木)19:00- 会場:インスティトゥト・セルバンテス東京 無料 詳細・予約はこちら https://tokio.cervantes.es/jp/culture_spanish/upcoming_activities_culture_spanish.htm チリ南部パタゴニアは、世界で最も美しい場所の1つです。特にマゼラン海峡の自然には美しさと激しさとが共存しています。 1億年前、この大地は南極と地続きになっており、恐竜が闊歩していました。人間がパタゴニアに着いたのは1万年前、そして後に自身の名前がつくことになる海峡をマゼランの探検隊が横切ったのはわずか500年前のことです。 本講演会は西田治文教授を招き、彼が“マゼラン国”で見つけた現在の植生と化石植物についてお話しいただきます。この土地は、地球に生きる私たちの持続可能性について思い巡らせる様々なヒントを与えてくれます。
13
ジョイス・モレーノ sings “ボサノヴァ・ソングブック” with special guest ゼ・ヘナート
ジョイス・モレーノ sings “ボサノヴァ・ソングブック” with special guest ゼ・ヘナート
9月 13 全日
日時:9月6日(金)、7日(土) 場所:コットンクラブ http://www.cottonclubjapan.co.jp/jp/sp/artists/joyce-moreno/ 日時:9月8日(日) 場所:モーションブルー横浜 http://www.motionblue.co.jp/artists/joyce/ 日時:9月12日~13日 場所:ブルーノート東京 http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/joyce/ 昨年発表したデビュー50周年アルバムもロングセラーを続ける、“ブラジリアン・ミュージックの女王”、ジョイス・モレーノが、ボサノヴァの名曲を中心とした会心のステージを繰り広げる。 ’68年にソロ・デビューし、アントニオ・カルロス・ジョビン、ジョアン・ジルベルト、ヴィニシウス・ヂ・モライスら巨星と交流。「フェミニーナ」、「或る女」などの名曲、暖かな歌声とギターで世界のファンを魅了してきた。 さらに当公演にはスペシャル・ゲストとして、伝説的グループ“ボカ・リヴリ”の一員として名を馳せたゼ・ヘナートが参加。 ジョビンやジョアン・ジルベルトなど、ボサノヴァの偉人たちが遺した歴史的名曲の数々が、最高峰の歌声で味わえるひとときが待ち遠しい。
アンドレ・メマーリ ピアノ・ソロ 18:30
アンドレ・メマーリ ピアノ・ソロ
9月 13 @ 18:30 – 22:00
アンドレ・メマーリ ピアノ・ソロ 日時:9月13日(金)18:30開場 19:00開演 会場:東京めぐろパーシモンホール 小ホール https://t.livepocket.jp/e/andremehmari2019 ほかに、滋賀でも公演がございます。詳細は下記をご覧ください。 https://www.figaro-hall.com/concertcalender/20190915-2/ 現代ブラジルが生んだ最高のピアニスト/作曲家/アレンジャー/マルチプレイヤー。 ブラジル音楽、ジャズ、クラシック…多様な音楽を自分のものとし、詩情豊かに表現する圧倒的才能。国内外から多くの支持を集めている。ソロ公演は、名作ピアノ・ソロ・アルバム『Tokyo Solo』が録音された2013年のソロ公演以来6年ぶり。
ピアノコンサート by ピアノデュエット4.18 「希望賛歌」 18:30
ピアノコンサート by ピアノデュエット4.18 「希望賛歌」
9月 13 @ 18:30 – 19:30
ピアノコンサート by ピアノデュエット4.18 「希望賛歌」
ピアノコンサート開催のご案内 「希望の賛歌」 by ピアノデュエット4.18 Invitación al concierto de piano “Himno de Esperanza” de Dueto Pianístico 4.18 2019年9/13(金)午後6時30分から在日メキシコ大使館大使公邸にて、ピアノデュエット4.18によるコンサート「希望の賛歌」が開催されます。 参加ご希望の方は、お手数ではございますが添付のFax返信フォームまたはメールにて出席の確認をお願いいたします: 返信フォームはこちらからダウンロードをお願いいたします R.S.V.P: culturalembjap@sre.gob.mx / Fax: 03-3581-4058 La Embajada de México en Japón le extiende una cordial invitación al concierto de piano de Dueto Pianístico 4.18 “Himno de Esperanza”, que tendrá lugar el viernes 13 de septiembre a las 18:30 horas en la Residencia Oficial de esta Embajada. En caso de estar interesado en asistir al evento, mucho le agradeceremos confirmar su participación enviando el formato anexo: Para descargar el formato, haga click aquí. R.S.V.P: culturalembjap@sre.gob.mx / Fax: 03-3581-4058 Sección Cultural 文化部 Embajada de México en Japón 在日メキシコ合衆国大使館 100-0014 東京都千代田区永田町2-15-1 culturalembjap@sre.gob.mx
14
ホンジュラス ナショナルデー記念 映画 「シポテス」上映 15:00
ホンジュラス ナショナルデー記念 映画 「シポテス」上映
9月 14 @ 15:00 – 17:00
日時:9月14日 (土)15:00 から17:00まで 会場:インスティトゥト・セルバンテス東京 無料 詳細・予約はこちら https://tokio.cervantes.es/jp/culture_spanish/upcoming_activities_culture_spanish.htm 原題: Cipotes La Película 監督: Boris Lara 制作年: 2017/上映時間: 106 min/ホンジュラス映画/日本語字幕付き ラモン・アマヤ・アマドールの小説『シポテス(子供たち)』を原作にした同名の映画作品を上映します。 映画は二人の兄弟フォロフォとカティカが向き合う厳しい現実を物語ります。兄弟を待ち受ける逆境の人生、貧しさと不公平を前に、日々生き延びるために戦う様子は、多くのラテンアメリカの子供たちの現実を表しています。
15
16
17
感覚的写真展覧会「抽象芸術で見るエクアドル」 18:30
感覚的写真展覧会「抽象芸術で見るエクアドル」
9月 17 @ 18:30 – 19:30
オープニング:9月17日 (木)18:30~  展覧会:10月9日 (水)まで 会場:インスティトゥト・セルバンテス東京 無料 詳細・予約: https://tokio.cervantes.es/jp/culture_spanish/upcoming_activities_culture_spanish.htm 在日エクアドル大使館の招待と日本エクアドル人協会の共同後援により写真家のアンプエロ・レオナルドが来日。 個性的なビジョンを通してアンデス山脈地域に位置する美しいエクアドルの国を紹介します。 ガラパゴス諸島、海岸地域の色鮮やかな夕焼け、山脈地域の民俗、アマゾンに住む動物たちなど、エクアドルがもつ様々な姿が抽象的に写し出される作品からは、音のリズムが聞こえてくるような独特の感覚を生み出します。 五感を通じエクアドルがもつ温かさが感じられる展覧会です。
18
19
NHK BSプレミアム 驚き!地球!グレートネイチャー「天空に現れた謎の湖~南米 アルティプラーノ~」 12:00
NHK BSプレミアム 驚き!地球!グレートネイチャー「天空に現れた謎の湖~南米 アルティプラーノ~」
9月 19 @ 12:00 – 13:00
NHK BSプレミアム 9月19日(木) 午後0時00分 驚き!地球!グレートネイチャー「天空に現れた謎の湖~南米 アルティプラーノ~」 ボリビアとチリにまたがる、標高4千メートルの高原地帯アルティプラーノ。 そこは氷河が眠る山岳地帯に囲まれた極乾燥地域、過酷な大自然が数々の色鮮やかな湖を生み出した。 近づいた生きものは帰らないという三色の湖、琵琶湖の十数倍もある青い湖、 この30年で干上がった謎の湖、そして純白のウユニ塩原…。 その絶景誕生には、想像をはるかに超えた大地殻変動と、火と水に関わる壮大な地球のドラマが秘められていた。 https://www4.nhk.or.jp/greatnature/x/2019-09-19/10/66672/2170075/
ハヤカワ・テルージ・トリオ コンサート 18:30
ハヤカワ・テルージ・トリオ コンサート
9月 19 @ 18:30 – 21:00
ハヤカワ・テルージ・トリオ コンサート
ハヤカワ・テルージ・トリオ 9月19日(木) 船橋 ALKAS ハヤカワ・テルージ・トリオ 9月23日(月・祝) 永福町 sonorium 詳細は下記のPDFをご覧ください。 チラシPDF Hayakawa Teruggi Trio[PDF]
20
21
Fiesta Mexicana 11:00
Fiesta Mexicana
9月 21 @ 11:00 – 19:00
日時:2019 年9 月21 日(土)、22 日(日)、23 日(祝・月) 各日共11:00~19:00 ■場所: お台場デッキ(ウエストプロムナード公園) ■主催: フィエスタ・メヒカーナ実行委員会/ 日本ラテンアメリカ文化交流協会 ​■共催: (一社) 東京臨海副都心まちづくり協議会/東京臨海副都心グループ ■後援 : メキシコ合衆国大使館 EMBAJADA DE MÉXICO EN JAPÓN /メキシコ外務省     外務省(申請中) /東京都港湾局/ (公社) 日本フォークダンス連盟 他を予定 https://www.fiestamexicana-tokyo.com/
アンデス文明研究会 夏季講座 9月 14:00
アンデス文明研究会 夏季講座 9月
9月 21 @ 14:00 – 17:00
【日時】 2019年9月21日(土)14:00~17:00 【講師】 寺崎 秀一郎(早稲田大学教授) 【テーマ】「マヤ考古学における3次元の実践」 【場所】 東京外国語大学本郷サテライト 5階 地下鉄丸ノ内線・大江戸線「本郷三丁目」駅から徒歩3~5分 JR中央線・総武線「御茶ノ水」駅から徒歩8~10分 http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html 【受講料】入会案内はメールで、「名前」「住所」「電話番号」 および入会ご希望の旨をお知らせください。 メールのあて先:andes@r5.dion.ne.jp 入会金:1,000円 年会費:4,000円(毎年4月更新) 定例講座受講料:6,000円(3カ月) 【試受講制度】 非会員の方が特別に定例講座を受講されたい場合、 1回 3,000円で試し受講することができます。
22
Fiesta Mexicana 11:00
Fiesta Mexicana
9月 22 @ 11:00 – 19:00
日時:2019 年9 月21 日(土)、22 日(日)、23 日(祝・月) 各日共11:00~19:00 ■場所: お台場デッキ(ウエストプロムナード公園) ■主催: フィエスタ・メヒカーナ実行委員会/ 日本ラテンアメリカ文化交流協会 ​■共催: (一社) 東京臨海副都心まちづくり協議会/東京臨海副都心グループ ■後援 : メキシコ合衆国大使館 EMBAJADA DE MÉXICO EN JAPÓN /メキシコ外務省     外務省(申請中) /東京都港湾局/ (公社) 日本フォークダンス連盟 他を予定 https://www.fiestamexicana-tokyo.com/
23
Fiesta Mexicana 11:00
Fiesta Mexicana
9月 23 @ 11:00 – 19:00
日時:2019 年9 月21 日(土)、22 日(日)、23 日(祝・月) 各日共11:00~19:00 ■場所: お台場デッキ(ウエストプロムナード公園) ■主催: フィエスタ・メヒカーナ実行委員会/ 日本ラテンアメリカ文化交流協会 ​■共催: (一社) 東京臨海副都心まちづくり協議会/東京臨海副都心グループ ■後援 : メキシコ合衆国大使館 EMBAJADA DE MÉXICO EN JAPÓN /メキシコ外務省     外務省(申請中) /東京都港湾局/ (公社) 日本フォークダンス連盟 他を予定 https://www.fiestamexicana-tokyo.com/
パブロ・エスティガリビア・タンゴトリオ 来日ツアー 14:30
パブロ・エスティガリビア・タンゴトリオ 来日ツアー
9月 23 @ 14:30 – 16:30
パブロ・エスティガリビア・タンゴトリオ 来日ツアー Pablo Estigarribia 9月14日 博多 ラテン文化センター ティエンポ ホール 9月15日 山口 ニューメディアプラザ山口 多目的シアター 9月16日 岡山 蔭凉寺 9月18日 大阪 島之内教会 9月19日 奈良 秋篠音楽堂 9月20日 名古屋 ドキシー 9月22日 柏 ウー 9月23日 銀座 Sola 詳細は下記をご覧ください。 http://ginza-sola.com/events/2019-9-23
ハヤカワ・テルージ・トリオ コンサート 18:30
ハヤカワ・テルージ・トリオ コンサート
9月 23 @ 18:30 – 21:00
ハヤカワ・テルージ・トリオ コンサート
ハヤカワ・テルージ・トリオ 9月19日(木) 船橋 ALKAS ハヤカワ・テルージ・トリオ 9月23日(月・祝) 永福町 sonorium 詳細は下記のPDFをご覧ください。 チラシPDF Hayakawa Teruggi Trio[PDF]
24
ニカラグア・チャリティコンサート 13:00
ニカラグア・チャリティコンサート
9月 24 @ 13:00 – 16:30
ニカラグア・チャリティコンサート
日時:2019年9月24日 13時会場 会場:起雲閣 音楽サロン(熱海昭和町4−2) 参加費:2000円(チャリティー) 詳細は20190924ニカラグア・チャリティーコンサート[PDF]にて。
トニーニョ・オルタ featuring ヂアナ・オルタ・ポポフ 17:30
トニーニョ・オルタ featuring ヂアナ・オルタ・ポポフ
9月 24 @ 17:30 – 22:30
日時:9月24日(火) [1st]Open5:30pm Start6:30pm [2nd]Open8:20pm Start9:00pm 会場:ブルーノート東京 後援:駐日ブラジル大使館 http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/toninho-horta/ キャリア50年を迎えた天才ギタリスト:トニーニョ・オルタと、注目のシンガー/ピアニスト:ヂアナ・オルタ・ポポフが共演。 トニーニョはミナス・ジェライス州ベロ・オリゾンチ生まれ。10代の頃ミルトン・ナシメントと出会い、その後ハービー・ハンコックやウェイン・ショーター等と共演。パット・メセニーにも大きな影響を与えた。 ヂアナはトニーニョの姪にあたり、現在はパリ在住。2013年にアルバム・デビューを果たし、2018年にはアンドレ・メマーリの尽力で『アモール・ヂ・ヴェルダーヂ』をリリースした。 ミナス音楽をアップデートするふたりの、スケール感豊かな音楽世界を満喫したい。 ほかに、9月20日(金)神戸、22日(日)山形公演もございます。 詳細は下記をご覧ください。 http://latina.co.jp/ToninhoHorta_DianaHortaPopoff/index.html
25
26
マレオとサンティアゴ・バレンシア コンサート 18:30
マレオとサンティアゴ・バレンシア コンサート
9月 26 @ 18:30 – 21:00
日時:9月26日(木) 会場:インスティトゥト・セルバンテス東京 無料 詳細・予約は下記をご覧ください。 https://tokio.cervantes.es/jp/culture_spanish/activities_cultural_spanish.htm https://pop-chileno.peatix.com/?lang=ja チリ出身の2つのバンド、マレオとサンティアゴ・バレンシアが、地球の反対側から、誰もが楽しめるラテンアメリカのポップ音楽を携えてセルバンテスにやってきます。 サンティアゴ・バレンシアは、アルバム「アルゴ・エスタ・カンビアンド(変化の予感)」から、マレオは最新アルバム「マレフィシオ(魔術)」からの色とりどりのレパートリーを披露。両バンドとも初来日コンサートです。
文学の夕べ:ソル・ケー・モオを迎えて 18:30
文学の夕べ:ソル・ケー・モオを迎えて
9月 26 @ 18:30 – 21:00
国際先住民族言語年を記念し、マヤ語とスペイン語作家であり、2019年度米州先住民文学賞受賞者であるソル・ケー・モオ氏を迎えた文学の夕べを開催します(主催:在日メキシコ大使館、東北大学大学院国際文化研究科)。聴き手としてケー・モオ氏著作『穢れなき太陽』の日本語版翻訳者である東北大学准教授 吉田栄人氏をむかえ、自身の文学観や先住民女性作家としての個人的な経験などについて語っていただきます。 開催は2019年9/26(木)午後6時30分から在日メキシコ大使館内会場エスパシオ・メヒカーノにて。 フライヤーはこちら[PDF] 参加ご希望の方は、お手数ではございますが添付のFax返信フォームまたはメール、もしくは予約サイトPeatixにて出席の確認をお願いいたします: 返信フォームはこちらからダウンロードをお願いいたします R.S.V.P: culturalembjap@sre.gob.mx / Fax: 03-3581-4058 Peatix: https://solcehmoo.peatix.com/ Para celebrar el Año Internacional de las Lenguas Indígenas, la Embajada de México en Japón y la Universidad de Tohoku invitan a una tarde literaria con la escritora maya, ganadora del Premio de Literaturas indígenas de América 2019, quien compartirá su visión literaria y vivencias como mujer indígena escritora. El evento tendrá lugar el jueves 26 de septiembre a las 18:30 horas en el auditorio “Espacio Mexicano” de esta Embajada. En caso de estar interesado en asistir al evento, mucho le agradeceremos confirmar su participación enviando el formato anexo o registrándose en la plataforma de Peatix: Para […]
27
ラテンアメリカ協会・米インターアメリカン・ダイアログ 第5回共催セミナー 08:30
ラテンアメリカ協会・米インターアメリカン・ダイアログ 第5回共催セミナー
9月 27 @ 08:30 – 15:30
ラテンアメリカ協会・米インターアメリカン・ダイアログ 第5回共催セミナー
ラテンアメリカ協会・米インターアメリカン・ダイアログ第5回共催セミナー プログラム 「分断された国際社会における日本とラテンアメリカのパートナーシップ」 “The Role of Japan-LAC Partnership in Restoring a Fragmented International Order: Toward Enhanced Cross-Pacific Connectivity” 各種資料 Sep 27 IAD共催セミナープログラム[PDF] IAD共催セミナー チラシ[PDF] 開催要項 日 程 2019年9月27日 (金) 場 所 インスティトゥト・セルバンテス東京 東京都千代田区六番町 2-9 セルバンテスビル TEL 03-5210-1800 言語 スペイン語・日本語同時通訳 司 会 佐々木修 協会専務理事 参加費 無料 定員 90名 プログラム 08:30 受  付 09:00 開  会 09:02-09:10 歓迎挨拶   佐々木幹夫 ラテンアメリカ協会会長 Victor Ugarte, Director, Instituto Cervantes Tokio 09:10-10:35 第1パネル 「価値の連結性強化:G20大阪サミット後の日本とラテンアメリカ」 ”Forging Values-based Japan-LAC Connectivity: G20 Osaka Summit 2019 and beyond” モデレーター: 堀坂浩太郎 上智大学名誉教授 5 min. パネリスト: 吉田朋之外務省中南米局長 15 min. Michael Shifter, President, Inter-American Dialogue 10 min. João Ernesto Christofolo, Counselor, Head of Political Section, Embassy of Brazil 10 min. 宮地隆廣 東京大学大学院総合文化研究科准教授 10 min. 10:35-10:45 – Coffee Break- 10:45-12:05 第2パネル 「経済の連結性強化:日・ラ米間貿易の活性化に向けて」 […]
2019年メキシコ歴史文化講演会(全4回) 第1回「メソアメリカ先住民の絵文書と植民地時代の変容」 17:30
2019年メキシコ歴史文化講演会(全4回) 第1回「メソアメリカ先住民の絵文書と植民地時代の変容」
9月 27 @ 17:30 – 20:00
☆開催概要(各回共通) ☆ 会 場:駐日メキシコ大使館 別館5階「エスパシオ・メヒカ-ノ」 定 員:先着順100名 参加費:無料 主 催:メキシコ・日本アミーゴ会 協 力:駐日メキシコ大使館  (一社)ラテンアメリカ協会(予定) 申込方法:メキシコ・日本アミーゴ会 (info@mex-jpn-amigo.org) へ「講座名・参加者 氏名(フリガナ)・メールアドレス・所属(アミーゴ会員)or案内の入手源」を明記してメールで直接お申し込み下さい。 ☆アミーゴ会HP:http://www.mex-jpn-amigo.org/ [講演テ-マと講師] 9月27日(金) 第1回 「メソアメリカ先住民の絵文書と植民地時代の変容」 ☆Homenaje Nacional al Dr. Miguel León-Portilla 本講演は、メキシコ政府が実施しているミゲル・レオン=ポルティ-ジャ博士へのオマ-ジュの一環として行われます。 講 師:井上 幸孝 先生 (専修大学文学部 教授) 略 歴:専修大学文学部教授、専門はメキシコ植民地時代史。 大阪外国語大学大学院修士(言語・文化学)、神戸市外国語大学大学院博士(文学)。メキシコ外務省奨学生(1995~97年、メキシコ国立自治大学)。現在、専修大学でラテンアメリカの文化と歴史の講義を主に担当し、メキシコ国立自治大学で大学院担当や人類学研究所年報の編集委員を歴任。 編著書に『人間と自然環境の世界誌――知の融合への試み』(専修大学出版会、2017年)、『メソアメリカを知るための58章』(明石書店、2014年)、共著書に『古代アメリカの比較文明論――メソアメリカとアンデスの過去から現代まで』(京都大学学術出版会、2019年)など多数。 講演概要: メキシコでは、アステカやマヤに代表されるメソアメリカ文明が数千年にわたって栄えました。そうした古代メキシコの文明を築いた人々の間には絵文書(códices)が存在しました。絵文書には、天文や暦の情報のみならず彼らの歴史についても記録されていました。メキシコ征服(1519~21年)から500年の節目を迎えるにあたり、本講演では、先住民の歴史記録について征服前から征服後にかけての経緯を追うことにします。 まず、征服以前の先住民がどのように絵文書に物事を書き残していたのかを通観し、その後、スペインによる征服を経て、彼らがその伝統をどのように変容・継続させていったのかを見ていきます。具体的には、アステカの絵文書を例として、記録されていた具体的内容を明らかにするとともに、征服後1世紀ほどの間に起きた絵文書の変容について考察します。その上で、16世紀末~17世紀初めに多く書かれたアルファベット表記の歴史文書(先住民クロニカ)の内容とそれが現代に与え続けている影響についても検討します。
28
「世界古代文明の謎を探る」(35)天空の都マチュピチュとはー 主催 アストライアの会 / 協力 日本ペルー協会他 14:00
エクトル・デル・クルト タンゴ五重奏団 来日ツアー 15:00
エクトル・デル・クルト タンゴ五重奏団 来日ツアー
9月 28 @ 15:00 – 17:00
9月28日(土) よこすか芸術劇場 3時開演 https://www.yokosuka-arts.or.jp/performance/detail/?id=483 9月29日(日) 武蔵野市民文化会館 小ホール 3時開演 http://www.musashino-culture.or.jp/eventinfo/2019/05/post-917.html タンゴ界の巨匠オスバルド・プグリエセの楽団で活躍したバンドネオン奏者エクトル・デル・クルトが、ニューヨーク在住のアルゼンチン人音楽家たちと結成した五重奏団。 ほかに9月30日(月)札幌文化芸術劇場 hitaru 公演もございます。 http://www.officeone.co.jp/schedule/190930.html
29
第4回国際日系歌謡大会 / The 4th International Nikkei Karaoke Festival 14:00
第4回国際日系歌謡大会 / The 4th International Nikkei Karaoke Festival
9月 29 @ 14:00 – 16:30
【第4回国際日系歌謡大会(カラオケ大会)】 ~世界に響け ニッケイの歌声~ 日時:9月29日(日)14:00~16:30 場所:HIT STUDIO TOKYO(東京都中央区日本橋) 詳細はhttp://www.jadesas.or.jp/taikai/4th-karaoke.htmlを御覧ください。
エクトル・デル・クルト タンゴ五重奏団 来日ツアー 15:00
エクトル・デル・クルト タンゴ五重奏団 来日ツアー
9月 29 @ 15:00 – 17:00
9月28日(土) よこすか芸術劇場 3時開演 https://www.yokosuka-arts.or.jp/performance/detail/?id=483 9月29日(日) 武蔵野市民文化会館 小ホール 3時開演 http://www.musashino-culture.or.jp/eventinfo/2019/05/post-917.html タンゴ界の巨匠オスバルド・プグリエセの楽団で活躍したバンドネオン奏者エクトル・デル・クルトが、ニューヨーク在住のアルゼンチン人音楽家たちと結成した五重奏団。 ほかに9月30日(月)札幌文化芸術劇場 hitaru 公演もございます。 http://www.officeone.co.jp/schedule/190930.html
30