イベントカレンダー | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

イベントカレンダー

1
2
3
4
5
ドキュメンタリー『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』
ドキュメンタリー『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』
2月 5 終日
ドキュメンタリー『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』 原題:DIEGO MARADONA 監督・製作総指揮:アシフ・カパディア 出演:ディエゴ・マラドーナ他 2021年2月5日(金)~、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開予定 http://maradona-movie.jp/  1984年、世界的な人気を誇るアルゼンチン出身のサッカー選手ディエゴ・マラドーナは、熱狂的な観客が集うイタリア南部の弱小クラブSSCナポリに移籍する。ピッチでは“神の手”“5人抜き”でメキシコW杯優勝、“クラブ史上初”のセリエA優勝により、スーパースターとして崇め立てられたかと思いきや、プライベートではマフィアとの交際、愛人とのゴシップ、コカインでの逮捕により、トラブルメーカーとして忌み嫌われてしまう。やがて、サッカーを愛するピュアな“ディエゴ”、マスコミを騒がせるダークな“マラドーナ”という、相反する“二つの顔”が浮かび上がる。  監督・製作総指揮を手掛けたのは、『アイルトン・セナ ~音速の彼方へ』で英国アカデミー賞受賞、『AMY エイミー』でアカデミー賞R受賞を果たした、イギリスの俊才アシフ・カパディア。2020年に急逝したマラドーナの500時間の貴重な秘蔵映像と共に、栄光と挫折を繰り返す天才の光と影が明かされる。  カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクション、英国アカデミー賞ノミネート、ロッテントマト89%大絶賛など、世界中で高く評価された波瀾万丈な人生ドラマ。昨年のマラドーナ氏急死により、4月から2月に日本公開が早まっている。
6
7
【再放送】NHKスペシャル 大アマゾン最後の秘境(1)伝説の怪魚と謎の大遡上 10:00
【再放送】NHKスペシャル 大アマゾン最後の秘境(1)伝説の怪魚と謎の大遡上
2月 7 @ 10:00 – 11:00
【再放送】NHKスペシャル 大アマゾン最後の秘境(1)伝説の怪魚と謎の大遡上 [NHKBS1] 2021年2月7日 午前10:00 ~ 午前10:58 (58分) 秘境アマゾン川に人智を超えた謎の世界を追うシリーズ第1弾。濁流の中うごめく「怪魚」たちの驚きの生態を、数々の世界初映像で伝える冒険紀行。 https://www.nhk.jp/p/special/ts/2NY2QQLPM3/schedule/
【再放送】NHKスペシャル 大アマゾン最後の秘境(2)ガリンペイロ黄金を求める男たち 11:00
【再放送】NHKスペシャル 大アマゾン最後の秘境(2)ガリンペイロ黄金を求める男たち
2月 7 @ 11:00 – 12:00
【再放送】NHKスペシャル 大アマゾン最後の秘境(2)ガリンペイロ黄金を求める男たち [NHKBS1] 2021年2月7日 午前11:00 ~ 午前11:50 (50分) 密林の奥深く、まだ見ぬ世界を追うシリーズ第2集。ガリンペイロ…黄金にとりつかれた無法者たちの「闇の王国」に潜入、はかなくも濃密な人間模様を見た。 https://www.nhk.jp/p/special/ts/2NY2QQLPM3/schedule/
8
9
10
11
12
13
14
15
16
大河アマゾンを行く 03:00
大河アマゾンを行く
2月 16 @ 03:00 – 04:00
大河アマゾンを行く NHK BSプレミアム 2月16日 (火)午前3:00 ~ 午前4:00 (60分) 南米大陸の中で、数多くの支流を持ち、流域面積は日本列島の18倍にも及ぶ、世界最大の大河アマゾン。アンデス山脈などを源にもち、熱帯雨林を河口まで貫き、さまざまな表情を見せている。栄養分に富んだ河川に生息する魚類は、3000種類を超える。ブラジル・ベレンなどの河口付近の表情、そして2500キロほど遡った支流の様子を紹介する。 https://www.nhk.jp/timetable/130/s3/20210210/weekly/now/
コロンえりか(駐日ベネズエラ大使夫人・ソプラノ歌手)ソプラノ・リサイタル(第506回日経ミューズサロン) 18:30
コロンえりか(駐日ベネズエラ大使夫人・ソプラノ歌手)ソプラノ・リサイタル(第506回日経ミューズサロン)
2月 16 @ 18:30 – 22:00
コロンえりか(駐日ベネズエラ大使夫人・ソプラノ歌手)ソプラノ・リサイタル(第506回日経ミューズサロン) 日時:2021年2月16日(火)午後6時30分― 場所:日経ホール(千代田区大手町1-3-7 日経ビル3階) 入場料:一般 5,000円、子供 2,500円(小学生以上、高校生以下) 詳細:http://www.nikkei-events.jp/concert/210216.html
17
18
19
20
アンデス文明研究会 定例講座 2021年 02月 13:30
アンデス文明研究会 定例講座 2021年 02月
2月 20 @ 13:30 – 15:00
【2020年アンデス文明研究会 第85期定例講座(オンライン)案内 2021年2月】 【日時】 2021年 2月20日 13:30~15:00 【講師】 村上達也(Tulane大学准教授) 【テーマ】「中央メキシコにおける都市の起源:ポスト・オルメカのメソアメリカ世界」 【ご注意】 レコ-ディング(録音)・引用等は不可  【受講料】 以下のアンデス文明研究会 HP ご参照       https://andesken.jimdofree.com/ 【オンライン講座ご参加の方法】  上記の年会費・受講料の支払いの方へは(受領確認後)、受講日の2日前までに講座参加のためのInvitationのURL及びID・パスワ-ドをお知らせするので、振込次第、メ-ルで 下記 宛てにご連絡をお願いします。  Mail To: andesken55@gmail.com Cc: kazum.mori@nifty.com
オンラインで楽しむブラジル音楽の世界 18:00
オンラインで楽しむブラジル音楽の世界
2月 20 @ 18:00 – 19:00
オンラインで楽しむブラジル音楽の世界 2月20日(土曜)18:00-19:30 参加費:500円 ボサノヴァなどブラジルのポップスの歌詞と音楽を通じてブラジルについて知るひととき ミニトーク:「ボサノヴァの歌詞から知るブラジル」麻生雅人 ミニライブ:ボサノヴァデュオ ホベルト&ミカ 主 催:NPO法人ABCジャパン お問い合わせ:info@abcjapan.org 申し込み・詳細は下記をご覧ください。 https://www.abcjapan.org/2021/02/09/evento-cultura-b/
21
【再放送】NHKスペシャル「アウラ 未知のイゾラド 最後のひとり」 14:00
【再放送】NHKスペシャル「アウラ 未知のイゾラド 最後のひとり」
2月 21 @ 14:00 – 14:50
NHK BS1 2月21日 午後2:00 ~ 午後2:50 (50分) アマゾン奥深くに暮らす未知の部族「イゾラド」。中でもアウラと名付けられた男の存在は特別だった。言語も出生地も不明―。最後のひとりとなった謎の先住民の物語。 https://www.nhk.jp/p/special/ts/2NY2QQLPM3/schedule/
世界探訪 #2 セントルシアの音楽  14:00
世界探訪 #2 セントルシアの音楽 
2月 21 @ 14:00 – 16:00
世界探訪 #2 セントルシアの音楽  日時: 2月21日(日)13:30 開場 14:00 開演 場所: としま区民センター https://www.toshima-mirai.or.jp/center/a_kumin/ チケット料金:1,000円(※定員に達し次第終了) 定員:40名 チケット申し込み: としまチケットセンター電話 0570-056-777 オンライン申し込み: https://www.e-get.jp/tsm-mirai/pt/ 詳細: https://www.toshima-mirai.or.jp/tabid216.html?pdid1=2389
22
23
24
25
26
BS1スペシャル「アマゾン 文明の果て~死と再生を見つめて~」 09:00
BS1スペシャル「アマゾン 文明の果て~死と再生を見つめて~」
2月 26 @ 09:00 – 09:50
BS1スペシャル「アマゾン 文明の果て~死と再生を見つめて~」 NHK BS1 2021年2月26日 午後9:00 ~ 午後9:50 (50分) 新型コロナの感染拡大で多くの死者を出しているブラジル。しかし、アマゾンの奥地の先住民族にどんな影響が出ているのかは詳しくは分かっていなかった。サンパウロで新型コロナの仮設病院で勤務し、自らも感染した女性医師が、アマゾンの実態を知りたいと現地へ向かった。カメラはその一部始終に密着。現地で起きた悲劇や、そこから立ち上がろうとする人々を見つめていく。 https://www.nhk.jp/p/bs1sp/ts/YMKV7LM62W/schedule/
国際報道2021 メキシコ 移民が押し寄せた国境の町は 22:00
国際報道2021 メキシコ 移民が押し寄せた国境の町は
2月 26 @ 22:00 – 22:40
国際報道2021 メキシコ 移民が押し寄せた国境の町は NHK BS1  午後10:00 ~ 午後10:40 (40分) アメリカのバイデン大統領は就任初日、メキシコ国境沿いの壁の建設中止や13カ国からの入国制限撤廃などの大統領令に署名した。その直後にホンジュラスでは数千人規模の移民キャラバンが発生。地元ではアメリカ側が国境を開くといううわさが広がり、ティファナには中米からの移民が押し寄せている。バイデン政権発足による移民政策緩和に対する期待、そして現場での混乱、戸惑いを伝える。(変更の場合あり) https://www.nhk.jp/p/kokusaihoudou/ts/8M689W8RVX/schedule/
27
28