イベントカレンダー | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

イベントカレンダー

1
2
3
4
5
南山大学人類学研究所2020年度第2回公開シンポジウム 「バイオアーケオロジーの最前線」 13:30
南山大学人類学研究所2020年度第2回公開シンポジウム 「バイオアーケオロジーの最前線」
3月 5 @ 13:30 – 15:50
日時: 2021年3月5日(金曜)13:30 ~ 15:50 会場: Zoom Meetingによるオンライン開催 詳細・申し込み: https://rci.nanzan-u.ac.jp/jinruiken/activities/information/020664.html 内容: 人間の活動の痕跡が残る遺跡。そこからは人間そのものの痕跡である人骨がしばしば出土する。遺跡から出土する人骨から何が分かるのか、あるいは人骨からどのような情報を引き出すことができるのか。本シンポジウムでは2名の気鋭の研究者にバイオアーケオロジーの最先端について語っていただく。 時間帯 題目 13:30~13:40 「趣旨説明」 渡部森哉(南山大学人類学研究所・所長) 13:40~14:40 「バイオアーケオロジーから見た古代アンデスの病気と死」 長岡朋人(聖マリアンナ医科大学・准教授) 14:40~14:50 休憩 14:50~15:50 「古代DNAの最前線―遺跡資料から分かること―」澤藤りかい(日本学術振興会・特別研究員CPD(総合研究大学院大学))
オンライン講演会「文学帝国メキシコへの招待―現代小説の名作を味わう」 18:30
オンライン講演会「文学帝国メキシコへの招待―現代小説の名作を味わう」
3月 5 @ 18:30 – 20:00
オンライン講演会「文学帝国メキシコへの招待―現代小説の名作を味わう」 日時:2021年3月5日(金) 18時30分-20時(日本時間) 会場:Zoomミーティングを用いてのオンライン開催 参加無料/申し込み先着順(定員あり) 申込や詳細はこちら:https://bit.ly/3uojzp5 お問合せ等は下記までお願いいたします。 culturalembjap@sre.gob.mx (在日メキシコ大使館文化部) 1920年代から今日までのメキシコ小説の代表作を時代順に追っていくことで、文学帝国メキシコの「文学近現代史」を概観していきます。 フアン・ルルフォ、カルロス・フエンテス、フェルナンド・デル・パソ、エレナ・ポニアトウスカなど、数々の名作家を生み出してきたメキシコ。ラテンアメリカ文学とその世界的ブームの枠組みだけに収まらないメキシコ文学の多様な魅力を紹介します。 本オンライン講演会では、メキシコ文学の研究者、翻訳家たちの手引きのもと1920年代から今日までのメキシコ小説の代表作を時代順に追っていくことで、文学帝国メキシコの「文学近現代史」を概観していきます。 講演者: ― 寺尾隆吉氏 (早稲田大学社会科学総合学術院教授) ― 富田広樹氏 (北九州市立大学文学部准教授) ― 仁平ふくみ氏 (京都産業大学外国語学部准教授) ― 山辺弦 氏 (東京経済大学全学共通教育センター准教授) 【協力】水声社
6
7
『TSUNAMI LADIES ~日本とチリ、日本とチリ、海でつながる強くしなやかな女性たちの物語~』 08:00
『TSUNAMI LADIES ~日本とチリ、日本とチリ、海でつながる強くしなやかな女性たちの物語~』
3月 7 @ 08:00 – 09:30
3月7日 (日) オンラインと上映・イベントのお知らせ 『TSUNAMI LADIES ~日本とチリ、日本とチリ、海でつながる強くしなやかな女性たちの物語~』 チリ・アルゼンチンのチーム(Fundación Alto Rio、PacificoとWE(NPO法人ウィメンズアイ)の共同プロジェクト、日本初公開プレミア上映と、日本-チリをリアルタイムで結んでのオンライントークです。 日 時:2021年3月7日(日)午前8時~9時30分(日本時間) 参加費:無料 申込み:不要 zoomリンク:https://us02web.zoom.us/j/7913161234 企 画:アルト・リオ財団、NPO法人ウィメンズアイ 、パシフィコ社 協 力:国際協力機構(JICA)、国連防災機関(UNDRR)駐日事務所 詳 細:https://womenseye.net/info/4210
8
9
10
11
12
13
14
15
16
日本在外企業協会主催「海外赴任前セミナー」開催のご案内(会場集合・オンライン複合型) 10:30
日本在外企業協会主催「海外赴任前セミナー」開催のご案内(会場集合・オンライン複合型)
3月 16 @ 10:30 – 17:00
日本在外企業協会主催「海外赴任前セミナー」開催のご案内(会場集合・オンライン複合型) 【日時】2021年3月16日(火)10:30-17:00 【会場】日外協・セミナールーム 【参加費】会員 5,500円/名、商工会議所会員 11,000円/名、      一般16,500円/名(消費税込、資料代含む) 詳細・お申込みは下記URLをご覧ください。 https://joea.or.jp/event/52220 問い合わせ先 一般社団法人 日本在外企業協会 海外安全センター TEL:03-3567-9271 FAX:03-3564-6836 URL:https://www.joea.or.jp E-mail:nichigaikyoevent_send@joea.or.jp
17
18
19
20
アンデス文明研究会 定例講座 2021年 03月 13:30
アンデス文明研究会 定例講座 2021年 03月
3月 20 @ 13:30 – 15:00
【2020年アンデス文明研究会 第85期定例講座(オンライン)案内 2021年3月】 【日時】 2021年 3月20日 13:30~15:00 【講師】 市川彰(名古屋大学人類文化遺産テクスト学研究センター共同研究員) 【テーマ】 「マヤ文明史理解の鍵を握るマヤ南部地域」  【ご注意】 レコ-ディング(録音)・引用等は不可  【受講料】 以下のアンデス文明研究会 HP ご参照       https://andesken.jimdofree.com/ 【オンライン講座ご参加の方法】  上記の年会費・受講料の支払いの方へは(受領確認後)、受講日の2日前までに講座参加のためのInvitationのURL及びID・パスワ-ドをお知らせするので、振込次第、メ-ルで 下記 宛てにご連絡をお願いします。  Mail To: andesken55@gmail.com Cc: kazum.mori@nifty.com
21
22
23
24
25
26
27
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所主催 第20回ラテンアメリカ研究講座 「メキシコの征服者コルテス像の再考 -歴史学の観点から-」 13:00
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所主催 第20回ラテンアメリカ研究講座 「メキシコの征服者コルテス像の再考 -歴史学の観点から-」
3月 27 @ 13:00 – 15:45
京都外国語大学ラテンアメリカ研究所主催 第20回ラテンアメリカ研究講座 「メキシコの征服者コルテス像の再考 -歴史学の観点から-」 日時:2021年3月27日(土)13時00分~15時45分 参加方法:Zoomによるオンライン形式 ※事前申し込み制(定員100名)、参加費無料 申し込み方法等の詳細は、以下のURLご参照⇒https://www.kufs.ac.jp/news/detail.html?id=6ulC7uTK 京都外国語大学ラテンアメリカ研究所では、2021年がメキシコ征服から500年を迎えた年になることから、その立役者となった征服者エルナン・コルテスに焦点を当て、日本国内の研究者とともに、それぞれの知見を持ち寄って、コルテスの実像に迫るオンラインによる第20回ラテンアメリカ研究講座を開催します。 <講師> ●「『コルテス報告書簡』(カルロス一世国王宛て)を全訳して」   伊藤昌輝(ラテンアメリカ協会顧問) ●「マヤ系先住民通辞と征服−コルテスの『情報戦略』の系譜−」   大越 翼(京都外国語大学ラテンアメリカ研究所所長) ●「先住民貴族とコルテス―トラスカラとテスココの記録文書から―」   井上幸孝(専修大学教授) ●「コルテスのアジア貿易への関心」   立岩礼子(京都外国語大学ラテンアメリカ研究所研究員・教授) ●「最後の中世人か、近代の先駆者か―エルナン・コルテスの世界史的位相―」   安村直己(青山学院大学教授) ●「メキシコナショナリズムにおけるコルテスの位置づけ」   山崎眞次(早稲田大学名誉教授) お問い合わせ: 京都外国語大学ラテンアメリカ研究所 〒615-8558 京都市右京区西院笠目町6 TEL: 075-312-3388 FAX: 075-322-6237 Email: ielak@kufs.ac.jp
28
29
30
31