イベントカレンダー | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

イベントカレンダー

12
終日
00:00
01:00
02:00
03:00
04:00
05:00
06:00
07:00
08:00
09:00
10:00
11:00
12:00
13:00
14:00
15:00
16:00
17:00
18:00
19:00
20:00
21:00
22:00
23:00
10:00 アジア環太平洋研究セミナー(ZOOM開催)「独立200年/2021年ペルー選挙 ─分析と今後のみとおし─」:主催:京都大学アジア環太平洋研究ユニット
アジア環太平洋研究セミナー(ZOOM開催)「独立200年/2021年ペルー選挙 ─分析と今後のみとおし─」:主催:京都大学アジア環太平洋研究ユニット
6月 12 @ 10:00 – 12:00
アジア環太平洋研究セミナー(ZOOM開催)「独立200年/2021年ペルー選挙 ─分析と今後のみとおし─」:主催:京都大学アジア環太平洋研究ユニット 日時: 6月12日(土) 10:00-12:00 報告:「2021年選挙の全般的分析とその含意」村上勇介(京都大学)  「地方の叛乱か?」(仮)       中沢知史(立命館大学嘱託講師) めまぐるしく変わるラテンアメリカのなかでも、ペルーは、「一寸先は闇」、「選挙は水物」という政治をめぐる常套句が最もあてはまる国の一つである。 とりわけ、独立200年を迎えた今年の大統領・国会議員選挙(4月11日一次投票、6月6日決選投票)は、そうした「常態」に慣れている同国の国民や観察者にとってさえも「まずありそうにない」と思われた展開・結果となった。 このセミナーでは、ペルー政治を過去30年にわたり観察してきた研究者と、近年の動向を現地でつぶさに分析した若手研究者が、それぞれの観点から今回の選挙過程を振りかえり、参加者の方々と今後のみとおしについて議論する。<*以下続く> 参加を希望される方は、下記連絡先までメールで参加の申し込みをしてください。 送付する際に、アドレスの [at] はアットマークに代えてください。後日、Zoomへの招待を送付します。 連絡先:asiapacific[at]cseas.kyoto-u.ac.jp <*> ペルーの次期政権は、独立200年の記念すべき2021年から向こう五年、2026年までの任期を担う。これから、ペルー政治の舞台に登場する人々ならびにその観察者は、ラテンアメリカ独立の英雄の一人、シモン・ボリバルが遺した述懐「(ラテン)アメリカは我々にとって統治不可能である」をあらためてかみしめることになるのであろうか。決選投票が終わり次期大統領が確定した直後の開催となるが、参加者の方々とともに考えてみたい。