イベントカレンダー | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

イベントカレンダー

10月
25
2019
日系ブラジル人画家ユーゴ・マベ展
10月 25 @ 13:00 – 18:30

期間:2019年10月25日(金)−12月15日(日) 
会場:和田画廊 
104-0061 東京都中央区銀座3-5-16
開廊:13時ー18時半
休廊:月・祝
https://www.wadagarou.com/news.html

ユーゴ・マベは、1955年、ブラジルの国民的画家マナブ・マベの三男としてサンパウロに生まれました。長年見ていた父の制作姿に影響を受け、大学で商業広告を学んでいたにも拘らず父の下で画業に専念したい旨を申し出ました。以来父を師とし、また厳しい批評家として研鑽を重ね、遂に1980年に最初の個展をサンパウロ市にて開催。それ以降ほぼ毎年のように各地で作品を発表し続けてきました。

本展では、彼の風景画を中心に展示いたします。大胆な色使いでありながらも絶妙な筆触で表現される風景は、見るものを幻想的な世界へと誘います。

アジムス & マルコス・ヴァーリ
10月 25 @ 17:30 – 23:00

10月25日(金)~27日(日)
会場:ブルーノート東京
後援:駐日ブラジル大使館
詳細は下記をご覧ください。
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/azymuth/

日によって開場・開演時間が異なりますので、ご注意ください。

10.25 fri.
 [1st]Open5:30pm Start6:30pm [2nd]Open8:15pm Start9:00pm
10.26 sat., 10.27 sun.
 [1st]Open4:00pm Start5:00pm [2nd]Open7:00pm Start8:00pm

ブラジル音楽の神格たちが、約15年ぶりに東京で出会う。
「フライ・オーヴァー・ザ・ホライズン」等の定番を送り出したブラジリアン・レアグルーヴ~フュージョンの最高峰“アジムス”と、「サマー・サンバ」「バトゥカーダ」等の名曲を生んだメロディ・メイカー、マルコス・ヴァーリのコラボレーションだ。
アジムスは‘73年の結成。初代キーボード奏者J.R.ベルトラミの他界後、キコ・コンティネンティーノが参加し、2016年のアルバム『フェニックス』で劇的な復活をとげた。
そしてマルコスは先ほど、ディスコ/ブギー路線をアップデイトした9年ぶりの新作『センプリ』をリリースしたばかり。新たな最盛期を迎えたマエストロたちの再会に胸が高まる。

10月
26
2019
報告会『多様な国 メキシコの輝き~女性の活躍の現状を知る~』今、私たちに何ができるか?
10月 26 @ 10:30 – 12:30

2019年10月26日(土)10:30~12:30 【令和元年度東京ウィメンズプラザフォーラム参加事業】

メキシコの女性の活躍の現状を、昨年の視察研修報告から知り、今、私たちに何ができるのかを話し合いませんか?

会場:東京ウィメンズプラザ(渋谷区神宮前5-53-67)2階 第一会議室B
●交通アクセス
▶JR・東急東横線・京王井の頭線・副都心線 渋谷駅下車 徒歩12分
▶銀座線・半蔵門線・千代田線 表参道駅下車 徒歩7

資料代:300円、『海外視察研修報告書』:500円・300円(メキシコ以外の過去5年)購入任意
企画:一般社団法人国際女性教育振興会(HP:http://www.iwea.or.jp)東京支部
連絡先:TEL:042-576-4594(月・水・金)谷池 教子
申込先:ikuko.ooyama10@gmail.com

東京ウィメンズプラザのHPにも、情報をアップされていますので、ご確認ください。
http://www1.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/seminar/tabid/364/Default.aspx
*スケジュールやプログラムも見れます。*

バジ・アサド初来日ツアー
10月 26 @ 15:00 – 17:30

日時:10月26日(土)15:00~
場所:亀戸文化センター カメリアホール

神戸、福岡でも公演がございます。詳細は下記をご覧ください。
https://shalala.co.jp/badi/

サンパウロ州のボア・ヴィスタで生まれ、リオデジャネイロで育つ。

兄のセルジオとオダイル・アサドはクラシック・ギターの名手で、アサド兄弟として日本でも人気が高い。バジもクラシック・ギターを学び才能を伸ばしたが、ギターの演奏にヴォーカリーズやヴォイス・パーカッションを取り入れ、ユニークな演奏スタイルを確立。現在は、サンパウロを拠点に国内外で活動。

1987年、17歳の時に国際ヴィラ=ロボス・フェスティバルで、ベスト・ブラジリアン・ギタリストに選出され、翌年ブラジル国内でデビュー。1994年、アメリカのチェスキーレコードからリリースされた『ソロ』を筆頭に、14枚のソロアルバムをリリース。中でも、1998年リー・リトナーがプロデュースしたアルバム『カメレオン』(ポリグラム)で、国際的にその名を知られるようになる。また、2004年にはラリー・コリエルとジョン・アバクロンビーとのギタートリオでワールドツアーを行った。

映画「ニッケイ ペルーに渡った私のおじいちゃん」上映会
10月 26 @ 16:30 – 19:00

映画「ニッケイ ペルーに渡った私のおじいちゃん」上映会+音楽会
日時:10月5日(土)16:30-19:00
場所:山梨県立図書館
映画上映後、ペルー民族音楽演奏。
参加費:1000円

<お問い合わせ・申し込み>
ブエナワイカ
Facebook: https://www.facebook.com/buenawayka

映画「ニッケイ ペルーに渡った私のおじいちゃん」上映会+イベント
日時:10月26日(土)17:30~
場所:渋谷LOFT9
(渋谷区円山町1-5 KINOHAUS(キノハウス) 1F)
参加費:1000円

<お問い合わせ・申し込み>
ブエナワイカ
Facebook: https://www.facebook.com/buenawayka

映画「ニッケイ ペルーに渡った私のおじいちゃん」上映会[PDF]

<掲載資料>

アジムス & マルコス・ヴァーリ
10月 26 @ 17:30 – 23:00

10月25日(金)~27日(日)
会場:ブルーノート東京
後援:駐日ブラジル大使館
詳細は下記をご覧ください。
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/azymuth/

日によって開場・開演時間が異なりますので、ご注意ください。

10.25 fri.
 [1st]Open5:30pm Start6:30pm [2nd]Open8:15pm Start9:00pm
10.26 sat., 10.27 sun.
 [1st]Open4:00pm Start5:00pm [2nd]Open7:00pm Start8:00pm

ブラジル音楽の神格たちが、約15年ぶりに東京で出会う。
「フライ・オーヴァー・ザ・ホライズン」等の定番を送り出したブラジリアン・レアグルーヴ~フュージョンの最高峰“アジムス”と、「サマー・サンバ」「バトゥカーダ」等の名曲を生んだメロディ・メイカー、マルコス・ヴァーリのコラボレーションだ。
アジムスは‘73年の結成。初代キーボード奏者J.R.ベルトラミの他界後、キコ・コンティネンティーノが参加し、2016年のアルバム『フェニックス』で劇的な復活をとげた。
そしてマルコスは先ほど、ディスコ/ブギー路線をアップデイトした9年ぶりの新作『センプリ』をリリースしたばかり。新たな最盛期を迎えたマエストロたちの再会に胸が高まる。

10月
27
2019
アジムス & マルコス・ヴァーリ
10月 27 @ 17:30 – 23:00

10月25日(金)~27日(日)
会場:ブルーノート東京
後援:駐日ブラジル大使館
詳細は下記をご覧ください。
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/azymuth/

日によって開場・開演時間が異なりますので、ご注意ください。

10.25 fri.
 [1st]Open5:30pm Start6:30pm [2nd]Open8:15pm Start9:00pm
10.26 sat., 10.27 sun.
 [1st]Open4:00pm Start5:00pm [2nd]Open7:00pm Start8:00pm

ブラジル音楽の神格たちが、約15年ぶりに東京で出会う。
「フライ・オーヴァー・ザ・ホライズン」等の定番を送り出したブラジリアン・レアグルーヴ~フュージョンの最高峰“アジムス”と、「サマー・サンバ」「バトゥカーダ」等の名曲を生んだメロディ・メイカー、マルコス・ヴァーリのコラボレーションだ。
アジムスは‘73年の結成。初代キーボード奏者J.R.ベルトラミの他界後、キコ・コンティネンティーノが参加し、2016年のアルバム『フェニックス』で劇的な復活をとげた。
そしてマルコスは先ほど、ディスコ/ブギー路線をアップデイトした9年ぶりの新作『センプリ』をリリースしたばかり。新たな最盛期を迎えたマエストロたちの再会に胸が高まる。

10月
31
2019
ダニ&デボラ・グルジェル・クアルテート 来日ライブ
10月 31 @ 18:00 – 22:00

ダニ&デボラ・グルジェル・クアルテート 来日ライブ

日時:10月31日(木)
会場:モーション・ブルー・ヨコハマ
詳細は下記をご覧ください。
http://www.motionblue.co.jp/artists/dani-debora/

日時:11月1日(金)
会場:ザ・ペニンシュラ東京
詳細は下記をご覧ください。
https://www.peninsula.com/ja/tokyo/special-offers/dining/jazz-nights-at-peter

日時:11月3日(日)
会場:ブルーノート東京
後援:駐日ブラジル大使館
詳細は下記をご覧ください。
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/dani-debora/

過去4作品がすべて、J-WAVE「SAUDE! SAUDADE…」と音楽誌「月刊ラティーナ」が共同主催する<ブラジル・ディスク大賞>でトップ10入り。日本でも絶大な人気を誇る“DDG4”ことダニ&デボラ・グルジェル・クアルテートが、5thアルバム『Rodopio(ロドピオ)』を携えて3年ぶりにやってくる。シンガー・ソングライターとして活動していたダニ(娘)と、ピアノの指導を続けてきたデボラ(母)を中心にサンパウロで結成され、2013年にデビュー作『UM』を発表。以降、サンバ、ジャズ、R&B等を融合したグルーヴ感あふれるサウンド作りで音楽ファンの心をつかみ続けている。現代ブラジル音楽入門にも絶好のDDG4。唯一無二の豊かな響きを、あらゆるリスナーに味わってほしい。

トン・ゼー 来日ツアー Tom Ze Japao Tour 2019
10月 31 @ 18:30 – 21:30

トン・ゼー 来日ツアー Tom Ze Japao Tour 2019
日時:10月31日(木)
場所:三鷹市公会堂光のホール
開場:18:30 / 開演:19:30
前売チケット:SS席:15,000円/S席:12,000円/A席:10,000円/B席:8,000円

日時:11月2日(土)、3日(日) FESTIVAL de FRUE 2019
場所:静岡県掛川市 つま恋 リゾート彩の郷

詳細は下記をご覧ください。
http://frue.jp/tomze2019/

60年代末にブラジルの音楽、文学、演劇、美術等のあらゆる文化に革命をもたらしたムーヴメント・トロピカリアを生み出した表現者の1人トン・ゼーが初来日!

サイケデリックで前衛・実験的な音楽性やパフォーマンスは、古くはブラジルのフランク・ザッパなどとも喩えられることもあり、南米スローハウスの原点であり元祖とも言えます。彼の独特の歌い回しは、ベックやマック・デマルコはじめ世界中のシンガーソングライターに広く影響を与えています。

今回の日本公演では、音楽を通じてブラジルの保守的な価値観、さらには既成の規律やモラルを打ち破ることを目指した永遠のトロピカリスタの世界観を余すことなく伝えるため、彼の歌う詩や言葉を日本語訳しスクリーンに投影します。この、いまだ枯れることなく、湧き続ける奇跡の源泉に触れられる機会をお見逃しなく!

11月
1
2019
ダニ&デボラ・グルジェル・クアルテート 来日ライブ
11月 1 @ 18:00 – 22:00

ダニ&デボラ・グルジェル・クアルテート 来日ライブ

日時:10月31日(木)
会場:モーション・ブルー・ヨコハマ
詳細は下記をご覧ください。
http://www.motionblue.co.jp/artists/dani-debora/

日時:11月1日(金)
会場:ザ・ペニンシュラ東京
詳細は下記をご覧ください。
https://www.peninsula.com/ja/tokyo/special-offers/dining/jazz-nights-at-peter

日時:11月3日(日)
会場:ブルーノート東京
後援:駐日ブラジル大使館
詳細は下記をご覧ください。
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/dani-debora/

過去4作品がすべて、J-WAVE「SAUDE! SAUDADE…」と音楽誌「月刊ラティーナ」が共同主催する<ブラジル・ディスク大賞>でトップ10入り。日本でも絶大な人気を誇る“DDG4”ことダニ&デボラ・グルジェル・クアルテートが、5thアルバム『Rodopio(ロドピオ)』を携えて3年ぶりにやってくる。シンガー・ソングライターとして活動していたダニ(娘)と、ピアノの指導を続けてきたデボラ(母)を中心にサンパウロで結成され、2013年にデビュー作『UM』を発表。以降、サンバ、ジャズ、R&B等を融合したグルーヴ感あふれるサウンド作りで音楽ファンの心をつかみ続けている。現代ブラジル音楽入門にも絶好のDDG4。唯一無二の豊かな響きを、あらゆるリスナーに味わってほしい。