講演会のご報告「時代を超え地場に定着する企業群―第3弾― ラテンアメリカの金属資源と石油・ガス資源―進出日本企業からのレポート」 | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会
Japanese English

講演会のご報告「時代を超え地場に定着する企業群―第3弾― ラテンアメリカの金属資源と石油・ガス資源―進出日本企業からのレポート」

 11月18日午後3時半から5時半まで、米州開発銀行アジア事務所(IDB)を会場に、「時代を超え地場に定着する企業群―第3弾― ラテンアメリカの金属資源と石油・ガス資源―進出日本企業からのレポート」と題する講演会を開催し、約60人の参加を得ました。
 講演会前半は、JX日鉱日石金属株式会社取締役常務執行役員・村上健一氏の「JX日鉱日石金属グループ 資源事業の歴史と将来」、後半は国際石油開発帝石株式会社ジェネラルマネージャーの阿加井宏氏に「南米に石油を求めて」と題する内容についてお話しいただきました。
 チリで長年にわたって鉱山開発に携わってこられた村上氏からは、同社の鉱山開発の歴史、海外の鉱山開発の現状、また、チリで生産を開始したカセロネス鉱山の開山までの道のり等について、現地の映像を交えて詳しくご紹介いただきました。
また、阿加井氏からは、南米の石油ポテンシャルに関するデータを詳細にご紹介いただき、ブラジル、ベネズエラ、スリナム沖における石油開発の現状や、ベネズエラで長年石油開発に携わってこられた中での苦労話等、多岐にわたってお話しいただきました。

■講演会資料リンク(会員限定)
http://latin-america.jp/latin_data/download-category/seminar?orderby=date



JX日鉱日石金属株式会社取締役常務執行役員 村上 健一 氏

国際石油開発帝石株式会社ジェネラルマネージャー 阿加井 宏 氏