オッペンハイマーレポート | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会
Japanese English

オッペンハイマーレポート

マイアミ・ヘラルド紙に掲載されたオッペンハイマー氏のコラムの抄訳です。

2017/8/31 ベネズエラの独裁政権を批判するも、キューバを批判しないのは政治的偽善である(抄訳)

 ラ米諸国は、ベネズエラの独裁政権への批判は良いが、キューバの独裁政権に何故同じように批判しないのか理解し難い。キューバの話になると、目をそむけているようだ。  キューバの10月22日の市議会議員選挙について読んだ時、自 […]

続きを読む

2017/8/27 カンクン、ロス・カボスへの米国の渡航警告で混乱させるな(抄訳)

 最近米国務省が出したカンクン及びロス・カボスへの渡航リスクに関する警告を真面目に受け止めてはいけない。犯罪が多発する米国都市や最近の米国における無差別射殺事件に比べれば、これらメキシコのリゾートは平和な天国のようなもの […]

続きを読む

2017/8/24 リー及びチェ・ゲバラの銅像を壊さないで、代わりにこれをすべし(抄訳)

 米国でロバート・リー将軍の彫像を倒す論争が起きた際、私はアルゼンチンにいたが、同国でチェ・ゲバラの彫像を壊すべきとの要望が出ていることと類似していると感じた。両者ともより良い解決法がある。  なぜ、それら歴史的な彫像を […]

続きを読む

2017/8/20 トランプ大統領のベネズエラへの軍事オプションに関する発言は裏目の結果を招いている(抄訳)

 もしあなたがラ米の大統領や外交官幹部らと話をすれば、トランプ大統領が最近、ベネズエラへの軍事措置を検討するかもしれないと発言したことは非常に愚かで、既に同国の自由の理念に害を及ぼしているとの結論に至るだろう。  トラン […]

続きを読む

2017/8/17 アルゼンチンはポピュリストの歴史を放棄する機会を有する:マクリ大統領は奏功するか?(抄訳)

 8月13日の連邦議会中間選挙での与党の予想を上回るパフォーマンスと、マクリ大統領がインタビューで語ったことから、自分(「オ」)はアルゼンチンのことをある程度楽観視している。  中道右派のマクリ大統領の党は、10月22日 […]

続きを読む

2017/8/10 アル・ゴア氏が灌水したビーチを歩く様子を見た後、それが現実となった(抄訳)

アル・ゴア氏の地球温暖化に関する新しいドキュメンタリー「An Inconvenient Sequel: Truth to Power((邦題)不都合な真実2:放置された地球)」を視た時、非常に面白く悲劇的なことが起きた。 […]

続きを読む

2017/8/6 ジャーナリスト仲間よ、マドゥーロを大統領と呼ぶのは止めよう。彼は独裁者だ(抄訳)

 ベネズエラの悲劇を鑑み、我々メディアは、物事を正しく呼称し始める時であり、マドゥーロについては独裁者と呼ぶべきだ。  多くの報道機関はまだマドゥーロをベネズエラの「大統領」、「指導者」、「首脳」、と呼んでいる。そう呼ぶ […]

続きを読む

2017/8/3 野党指導者の収監はマドゥーロの危機を強めるだけ(抄訳)

 野党指導者のレオポルド・ロペス氏とアントニオ・レデスマ氏を収監するマドゥーロ大統領の決定は、窮地に立つマドゥーロ政権の助けにはならないだろう。むしろ、裏目に出る可能性がある。  事情に精通するラ米及び米国の外交官から聞 […]

続きを読む

2017/7/31トランプ政権は対ベネズエラ政策をルビオ連邦上院議員に委託(抄訳)

 ベネズエラ危機により、トランプ政権が南米政策をルビオ連邦上院議員(共、フロリダ州)に委託していることが明らかになった。それは悪いアイデアだ。  人権侵害、汚職、反民主的行動に関与する13人のベネズエラ政府関係者に対して […]

続きを読む

2017/7/27 CIA長官はベネズエラ政権にプロパガンダの材料を提供(抄訳)

 トランプ政権が最近の記憶の中では最も経験が浅く、外交政策において無能だということはワシントンでは秘密ではない。しかし、ポンピオCIA長官が数日前にベネズエラに関して発言したことは、トランプ政権基準でさえ信じられないほど […]

続きを読む
1 / 6012345...102030...最後 »