【ラテンアメリカ・カリブ研究所レポート掲載】太平洋同盟のメルコスールとの関係強化―その意義と必然性(その3) | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会
Japanese English

【ラテンアメリカ・カリブ研究所レポート掲載】太平洋同盟のメルコスールとの関係強化―その意義と必然性(その3)

ラテンアメリカ域内貿易の約9割が既に特恵関税の下で取引されており、またメルコスールとメキシコ、メルコスールと中米諸国の例外を除いて、太平洋同盟とメルコスール加盟国は既に二国間もしくは準統合間で締結、あるいは署名済の協定網で連結されているのが現状だ。本レポート(その3)では「制度上」の統合(de jure integration)プロセスの進捗状況を分析し、太平洋同盟議定書がメルコスール協定と収斂する可能性について模索する。

このレポートは「ラテンアメリカ・カリブ研究所[関連資料]」からダウンロードできます。
会員様専用となりますので、ご了承下さい。