【講演会配布資料掲載】米ワシントンで開催した協会イベントにおける細野昭雄副会長発表のJapan Modelの概要(PDF)(2015/9/17開催) | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会
Japanese English

【講演会配布資料掲載】米ワシントンで開催した協会イベントにおける細野昭雄副会長発表のJapan Modelの概要(PDF)(2015/9/17開催)

 当協会は、さる9月17日、米ワシントンDCにおいて、米国のシンクタンクInter-American Dialogueとの共催で国際セミナー“Japan-Latin America Relations:Then & Now”を実施しましたが、その際に細野昭雄副会長(JICA研究所シニア―・リサーチ・アドバイザー)が紹介し参加者に注目された”Japan Model”の要点を整理したPDFファイルを「イベント」>「配布資料」に掲載いたしました。

 本発表についていは、10月22日の協会講演会「協会初の海外セミナー実施の報告会」にて細野昭雄副会長が説明していますが、本PDFファイルでは、対ラテンアメリカ関係におけるジャパン・モデルとして、①長期にわたるパートナーシップ、②人造りの重視、③投資ストックの大きさ、④貿易・投資・ODAの三本柱からなる協力形態、⑤FTAを超えたEPA(経済連携協定)の活用――の5点を説明し、さらにそのバージョン2ともいうべき関係が今後構築されていくであろうとの見通しを示しています。