『ASEAN/アフリカ/中南米 「最新」海外進出ビジュアルデータブック』 | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会
Japanese English

『ASEAN/アフリカ/中南米 「最新」海外進出ビジュアルデータブック』

 世界的な会計事務所・ビジネスコンサルタントであるプライスウォーターハウスクーパースで、アセアン、中南米、アフリカのビジネス環境調査・コンサルティングを行っている編著者がまとめた、新興諸国でのビジネス展開に資する基礎データ集。「もっと日本が世界を見るべき5つの理由」「海外市場の魅力が分かる10のデータ」から始まり、ASEAN、アフリカ、中南米各地域に「進出すべき10の理由」を挙げ、「各国名鑑」としてそれぞれ10カ国を1頁で進出意志決定ための要点を簡潔に図示している。
 各市場の魅力、可能性、進出判断の基礎となる要項が一目で分かるよう、よく工夫されたビジュアル化データを多用している。ラテンアメリカに進出すべき理由としては、日系人の多さ、消費市場規模や今後の成長余力、中間所得層の拡大、女性の購買力の高まり、富裕層の成長、サプライチェーン確立の機が熟しつつあり、日系企業の成功例があること、経済成長に勢いがあって、産業構造が日本と補完関係にあることを挙げている。各国編ではアルゼンチン、ベネズエラ、ブラジル、チリ、コロンビア、キューバ、メキシコ、パラグアイ、ペルーおよびウルグアイが取り上げられている。
                                〔桜井 敏浩〕

(中島教雄・片岡万枝 ディスカヴァー 2015年10月 1,800円+税 ISBN978-4-79931775-4 )
 
〔『ラテンアメリカ時報』2015/16年冬号(No.1413)より〕