【ラテンアメリカ・カリブ研究所レポート】「トランプ政権のエネルギー政策がラテンアメリカに及ぼす影響」(下)(桑山幹夫) | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会
Japanese English

【ラテンアメリカ・カリブ研究所レポート】「トランプ政権のエネルギー政策がラテンアメリカに及ぼす影響」(下)(桑山幹夫)

本レポート(上)では、オバマ前大統領の政策逆転を図るトランプ政権が掲げる「アメリカ・ファースト・エネルギー計画」の内容とシェール革命が米国・ラテンアメリカ間のエネルギー資源貿易の関係に与えている影響について検討した。本レポート(下)では、アルゼンチン、ブラジル、メキシコ、ベネズエラ、コロンビア、エクアドルのエネルギー政策を個別に分析したうえで、米国とラテンアメリカのエネルギー政策の今後についてまとめる。『ラテンアメリカ時報』2017年夏号の特集「ラテンアメリカ発:変化する世界のエネルギー事情」で取り上げられなかったメキシコについて特に詳しく記述する。

このレポートは「ラテンアメリカ・カリブ研究所[関連資料]」からダウンロードできます。
会員様専用となりますので、ご了承下さい。