メキシコ映画『母という名の女』6/16より日本公開 | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会
Japanese English

メキシコ映画『母という名の女』6/16より日本公開

【原題】Las hijas de abril
【監督・脚本】ミシェル・フランコ
【出演】エマ・スアレス、アナ・バレリア・ベセリル、エンリケ・アリソン、ホアナ・ラレキ、エルナン・メンドーサ
【上映時間】103分
【配給】彩プロ
【後援】メキシコ大使館
6月16日よりユーロスペース、テアトルシネマ系他にて日本公開
http://hahatoiuna.ayapro.ne.jp/

 メキシコのリゾートエリア・バジャルタの海辺に建つ別荘に二人で住む姉妹のもとに、長い間疎遠になっていた美しい母が戻ってきた。
17歳の妹は同じ歳の少年の子供を身ごもっており、突然舞い戻った母は、献身的に娘の面倒をみる。だが娘の出産をきっかけに、彼女自身の隠された欲望があらわになる
…。
 母娘の緊張感のある関係にメスを入れた衝撃のミステリー。
監督は『父の秘密』『或る終焉』のミシェル・フランコ監督。第70回カンヌ国際映画祭ある視点部門審査員賞受賞作。