『世界のともだち 03 ブラジル −陽気なカリオカ ミゲル』 永武 ひかる | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会
Japanese English

『世界のともだち 03 ブラジル −陽気なカリオカ ミゲル』 永武 ひかる

写真絵本シリーズのブラジル編で、リオデジャネイロに母と姉と暮らすミゲル少年11歳の一年間に寄り添った写真家が撮影したもの。

ブラジルの中間層(母は労働裁判所勤務の公務員)の生活ぶりが、時々訪れる離婚した音楽家の父とその再婚相手をも含めたゆるやかな交流も含めて、家族とのほのぼのとした関係がよく伝わってくる。大好きな海岸、真夏のクリスマス、学校生活、ご飯、友だちとの遊び、歯医者や理髪店にも行く暮らし、未来の希望などを、リオデジャネイロの町やカーニバル、人種のるつぼであるブラジルのあらましとともに、美しい写真と文章で綴っている。小学校高学年以上の子ども向きの本だが、大人が見ても楽しい。

(偕成社2013年12月40頁1800円+税)