各種資料 | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会
Japanese English

各種資料

【ラテンアメリカ・カリブ研究所レポート】「トランプ政権とNAFTA再交渉:メキシコはどう応えるのか?」(上)(桑山 幹夫)

トランプ大統領は1月22日、北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉を始めると明言した。最大貿易相手国であるカナダとメキシコとの貿易赤字の削減、米国製造業での雇用創出に繋がる「自由」で「公平」な協定の再交渉に踏み出す。一方で、メキシコ政府は、対米外交の指針ともいえる「5つの原則」の下、メキシコは通商の他に移民問題、安全保障が含む一括交渉を進める強気の姿勢をみせている。本レポート(上)では、NAFTAの再交渉に関する問題点を米メキシコ両国の観点から考察する。米共和党議員が提案する「国境調整税」についても言及する。本レポート(下)では、米国のカナダとメキシコとの貿易関係を考察したうえで、NAFTAの再交渉において、交渉の対象となるであろう項目に焦点を当てながら、同協定の行方を考察する。

ファイル名 「トランプ政権とNAFTA再交渉:メキシコはどう応えるのか?」(上).pdf
ファイル容量 868 KB
バージョン 1
作成日 2017年2月22日
ダウンロード回数 95 回
カテゴリ ラテンアメリカ データ集
download