各種資料 | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会
Japanese English

各種資料

【ラテンアメリカ・カリブ研究所レポート】「TPP大筋合意の意義-ラテンアメリカの観点から」下

 10月5日に大筋合意された環太平洋経済連携協定(TPP)の内容の詳細が少しずつ明らかになってきた。『本稿(下)』では、まず今回の合意が日本とチリ、メキシコ、ペルーとの通商関係に及ぼす影響について論考する。それを踏まえて、TPP協定の合意と米国と締結している自由貿易協定(FTA)の内容を交渉分野別に比較しながら、これらラテンアメリカ3カ国にとってTPP協定の「上乗せ分」(プラスアルファー)とは何かについて摸索する。

ファイル名 「TPP大筋合意の意義-―-ラテンアメリカの観点から」下.pdf
ファイル容量 1 MB
バージョン 1
作成日 2015年11月18日
ダウンロード回数 112 回
カテゴリ ラテンアメリカ・カリブ研究所レポート
download