各種資料 | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会
Japanese English

各種資料

【ラテンアメリカ・カリブ研究所レポート】「アルゼンチン・マクリ政権:10月議会選挙の鍵を握る業績評価」(上) (桑山幹夫)

マクリ・アルゼンチン大統領が就任してから15か月経った現在、経済は不況から脱出し、回復基調にあるとはいえ、インフレ圧力の抑制、財政赤字の削減、雇用創出、国際競争力の強化、所得分配の改善、貧困および社会不平等性の克服などの構造的な問題には具体的な成果が出ていないのが現状だ。本レポート(上)はマクリ政権の業績を主に経済面の視点から評価する。本レポート(下)では、マクリ政権の外交政策、同大統領の政策の逆転、そして同大統領のビジネス疑惑に焦点を当て、これまでの業績評価が10月の議会選挙に及ぼす影響を考察する。

ファイル名 「アルゼンチン・マクリ政権:10月議会選挙の鍵を握る業績評価」上).pdf
ファイル容量 759 KB
バージョン 1
作成日 2017年4月27日
ダウンロード回数 61 回
カテゴリ ラテンアメリカ データ集
download