各種資料 | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会
Japanese English

各種資料

【ラテンアメリカ・カリブ研究所レポート】新しい段階に入った米国ラテンアメリカ関係 - パナマ米州サミットの成果は?(上)

4月10~11日パマナで開催された第7回米州首脳会議は、キューバの参加が初めて認可されたことで、米キューバ間の国交正常化に弾みをつけ、米国の域内での求心力の回復に貢献した。しかし域内での反米感情は根強く、共同宣言を全会一致で採択できないまま閉会したことも確かだ。本レポート(上)では、同会議を取り巻く新しい政治経済環境及び同会議の真の成果について論考する。

ファイル名 「新しい段階に入った米国ラテンアメリカ関係---パナマ米州サミットの成果は?」(上).pdf
ファイル容量 747 KB
バージョン 1
作成日 2015年5月11日
ダウンロード回数 97 回
カテゴリ ラテンアメリカ データ集
download