オッペンハイマーレポート | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会
Japanese English

オッペンハイマーレポート

マイアミ・ヘラルド紙に掲載されたオッペンハイマー氏のコラムの抄訳です。

2014/5/29 キルチネル後のアルゼンチンの発展に期待が集まる (抄訳)

今週ブエノスアイレスでの有力な経済学者団体とのミーティングにおいて、まともな話としては過去10年以上聞いたことがなかったことを耳にした。アルゼンチンの景気拡大が目前であると言うのである。この予測は、元同国中央銀行総裁で評 […]

続きを読む

2014/5/22 インド次期首相は世界的影響力を持つかも知れない(抄訳)

 地滑り的勝利を収め、次期インド首相に就任する経済推進派のネランドラ・モディ(Nerandra Modi)候補は、同国の政治を一新し、その経済を活性化するだけでなく、世界経済と新興国市場に大きな影響を与えるだろう。  月 […]

続きを読む

2014/5/18 チリの経済的成功が危ういかも知れない(抄訳)

 ラテンアメリカ研究者たちの最近の最大の関心事の一つは、評論家が言うように、ミチェル・バチェレ チリ大統領がチリを急激に左翼化させており、同地域一の経済優等生たる長年の評判を危険にさらしているのではないかということである […]

続きを読む

2014/5/15 ラテンアメリカの『成長のエンジン』の将来(抄訳)

 チリの新中道左派政権が、ラテンアメリカにおけるポピュリスト政権の台頭に対する最良の解決策と目されている太平洋同盟(自由市場経済を目指すメキシコ、コロンビア、ペルー及びチリによる経済圏)から距離を置くもしくは弱体化させる […]

続きを読む

2014/5/11 サントス コロンビア大統領は和平交渉を売り込みすぎ(抄訳)

 先週、フアン・マヌエル・サントス コロンビア大統領にインタビューする機会があった。FARCとの和平交渉が成功すればコロンビアの経済成長は年間7%を越え、コロンビア人は幸せな人生を送ることができるだろうと言う彼(「サ」大 […]

続きを読む

2014/5/8 ウルグアイが大麻に課税しないのは間違っている(抄訳)

 ウルグアイでボトル飲料水やビール、たばこを購入する際は奢侈税と同率の課税をされる。しかし、同国で新たに制定された大麻規制管理法の下、大麻たばこを吸いたいのであれば、良いニュースがあると政治評論家は言う。大麻は課税されな […]

続きを読む

2014/5/4 報道の自由の苦悩深まるラテンアメリカ(抄訳)

 世界における報道の自由に関する新たな報告には、恐ろしい数字が含まれている。ラテンアメリカで報道の自由のある国に住んでいる人は僅か2%に過ぎないという統計である。しかし同報告は、同地域の状況をきちんと反映しているか疑問で […]

続きを読む

2014/5/1 米国が衰退の一途をたどっていると主張するベネズエラを信じてはいけない(抄訳)

 先週、ベネズエラ与党が発表した「資本主義の危機(crisis of capitalism)」に関する文書を読んで、私(「オ」)は、その執筆者たちがこの地球上に住んでいるのか、もしくは近年のニュースを見てきたのか、と思わ […]

続きを読む

2014/4/27 バルガス・リョサ氏の勇気はノーベル賞に値する(抄訳)

 疑問が残る選挙を通じて政権を取ったベネズエラの権威主義政権に対して抗議する同国の学生デモを支援するために78歳のペルー人ノーベル賞作家、マリオ・バルガス・リョサ(Mario Vargas Llosa)氏が先週、同国に到 […]

続きを読む

2014/4/24 ラテンアメリカのもう一つの大きなインターネット問題(抄訳)

 ディルマ・ルセーフ伯大統領が、米国による電子スパイ事件再発を防止すると共にインターネットの将来を議論する国際会議を開会したのを見て、私(「オ」)は、「確かにこれは素晴らしいことだが、その前に彼女(『ル』大統領)は、自国 […]

続きを読む