オッペンハイマーレポート | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会
Japanese English

オッペンハイマーレポート

マイアミ・ヘラルド紙に掲載されたオッペンハイマー氏のコラムの抄訳です。

2014/7/13 ワールドカップでのブラジルの敗北でもルセーフ伯大統領の再選は結局変わらず(抄訳)

 ワールドカップでドイツに屈辱的な7対1という大敗を喫し、期待はずれの4位に終わったブラジルを包むこれまでにない重苦しい空気は、普通に考えれば10月の大統領選挙でのルセーフ大統領の再選可能性に影響するだろう。しかし普通の […]

続きを読む

2014/7/10 ペルーの「些細な危機」は他国から見れば羨望の的(抄訳)

 ほとんどの近隣諸国と比較しても、予測経済成長率4.5%で貧困も着実に削減されているペルーは、ラテンアメリカ経済のスターの座を維持している。しかし、同国が過去10年間保ってきた約7%の経済成長率には及ばず、ささやかな危機 […]

続きを読む

2014/7/6 ラテンアメリカには「科学のメッシ」が必要(抄訳)

 ワールドカップが閉幕し、通常の生活が戻る時、ラテンアメリカ諸国は重要な課題について自問すべきである。メッシ、ネイマールやジェームズなどのサッカー界のスター選手を、科学や技術の世界でも輩出できないものだろうか?この質問は […]

続きを読む

2014/6/26 国際サッカー連盟(FIFA)には徹底的な調査が必要(抄訳)

 数日前のメキシコ対クロアチアの試合で、クロアチア選手の明らかなファウルを審判が見逃し、メキシコチームはペナルティキックのチャンスを与えられなかった際、何百万人の観衆及び視聴者の多くが同じことを考えたはずである。ワールド […]

続きを読む

2014/6/22 ブラジルはイメージチェンジの機会を逸している(抄訳)

 ワールドカップは始まったばかりだが、ブラジルに落第点をつけるのに早すぎはしない。同国は、カーニバル、ビーチ及びサッカーの国というステレオタイプから、成長著しい科学技術大国へとイメージチェンジする絶好の機会を逃してしまっ […]

続きを読む

2014/6/19 再選されたコロンビア大統領の素晴らしいアイデア(抄訳)

 この程再選を果たしたフアン・マヌエル・サントス コロンビア大統領が提案した大統領の再選禁止法案は、近年の南米では最良の政治的イニシアティブである。近年ラテンアメリカ地域で台頭する権威主義を正す好例として、このイニシアテ […]

続きを読む

2014/6/8 ルセーフ伯大統領の再選が危ういかも知れない (抄訳)

 最近、ラテンアメリカの著名な政治経済アナリストの会合で、ブラジル人経済学者パウロ・ラベーロ・デ・カストロ(Paulo Rabello de Castro)氏が大胆にも、今秋の大統領選挙でディルマ・ルセーフ伯大統領の再選 […]

続きを読む

2014/6/5 サントス コロンビア大統領の対立候補はベネズエラに対して強硬(抄訳)

 6月15日に行われるコロンビア大統領選挙において、フアン・マヌエル・サントス現大統領と接戦になるとの世論調査結果が出ている野党候補オスカル・イバン・スルアガ氏は、当選した際に最初に行う外交政策は、ベネズエラにおける民主 […]

続きを読む

2014/6/1 アルゼンチンにおけるローマ法王の静かな外交 (抄訳)

ローマ法王フランシスは、イスラエル・パレスチナ紛争、シリア、ベネズエラを始め世界の政治情勢において重要な役割を果たすなど、政治的に活発な教皇であるが、自身の祖国アルゼンチンに関しては冷静な態度を取っている。2013年3月 […]

続きを読む

2014/5/29 キルチネル後のアルゼンチンの発展に期待が集まる (抄訳)

今週ブエノスアイレスでの有力な経済学者団体とのミーティングにおいて、まともな話としては過去10年以上聞いたことがなかったことを耳にした。アルゼンチンの景気拡大が目前であると言うのである。この予測は、元同国中央銀行総裁で評 […]

続きを読む