オッペンハイマーレポート | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

オッペンハイマーレポート

「オッペンハイマーレポート」は、米国マイアミを拠点に活動するアルゼンチン出身の高名なジャーナリストでありラテンアメリカ・ウォッチャーであるアンドレス・オッペンハイマー氏(Andres Oppenheimer)がマイアミ・ヘラルド紙等に定期的(週2回)に寄稿しているコラムです。

当協会会員のために同氏の了承を得て抄訳を作成し紹介しています。なお、コラムの内容は同氏の見解であり、当協会とは関係ありません。


2021/07/08  ペルーはベネズエラのようになるのか? そうならない希望もある。 (抄訳)



2021/07/05 バイデン政権がオバマ政権の対キューバ政策を踏襲しないのは正しいことだ (抄訳)



2021/07/01 メキシコの歴代大統領の起訴を問う国民投票は危険な動きだ (抄訳)



2021/06/21 ニカラグアの反対派の波状逮捕は世襲独裁政権の始まりかもしれない (抄訳)



2021/06/17エルサルバドルのビットコインの法定通貨採用は政治的なショーにすぎない(抄訳)



2021/06/07 ラテンアメリカ諸国の経済は予想よりも速く回復するが、政治がその妨げになる国々もある(抄訳)



2021/06/03 オルテガ・ニカラグア大統領は再選のために野党候補者を排除している(抄訳)



2021/05/31 6月6日の選挙はメキシコの民主主義の将来を決める(抄訳)



2021/05/27 ペルー大統領選挙の有力候補の政党はマルクス主義者だ(抄訳)



2021/05/24 コロンビアの暴動を起こしているのは若者達だ(抄訳)