【2018年 W杯 特別企画】 「サッカーW杯を通してみつけたラテンアメリカを読み解くヒント」 | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会
Japanese English

【2018年 W杯 特別企画】 「サッカーW杯を通してみつけたラテンアメリカを読み解くヒント」

海外からの随想の募集「サッカーW杯を通してみつけたラテンアメリカを読み解くヒント」

サッカーの2018ワールドカップ(W杯)ロシア大会は、サムライ・ブルーの日本がフェアプレー ポイントの得点差で辛くも決勝トーナメントに残るといった劇的なかたちで6月の1次リーグを終え、決勝トーナメントを迎えています。中南米から参加した8か国のうちウルグアイ、アルゼンチン、ブラジル、メキシコ、コロンビアの5カ国が残り、7月15日の決勝戦までさまざまなドラマが演じられることになるでしょう。

中南米諸国は、自他ともに認める“サッカー狂”(and/or“サッカー教”)の国が多いですね。そこで、当協会では「サッカーW杯を通してみつけたラテンアメリカを読み解くヒント」 と題して日本国外の方から随想を募集することにしました。会員以外の方も応募いただけます。

決勝トーナメントに勝ち残った5か国だけでなく、1次リーグで惜しくも敗退したペルー、コスタリカ、パナマの3か国はもちろんのこと、ロシアにも向かうことのできなかった居住 国・任地国も含め、皆さんが今年のW杯を通して現地で見聞され、「この国を」「この地域を」「ここの人たちを」理解するうえで、是非とも日本の方々に知らせておきたい思われるヒントを、随想のかたちで、気楽にお書きいただきお送りください。

寄稿の要綱

締め切り 決勝戦の熱が覚めやらない7月20日(日本時間、金曜日)午後5時まで。
分量 最大800字。写真があれば1枚まで添付してください。
送付先 ラテンアメリカ協会事務局
東京都千代田区内幸町 2-2-3 日比谷国際ビル 120A
Tel: 03-2591-3831、 Fax: 03-6205-4262、E-mail:info@latin-america.jp

ファイル名に「サッカーW杯随想」とお書きください。

原稿冒頭にご本人がおつけになったタイトルを中央に、さらにその下、右手に、居住国・ 任地国名、氏名をお書きください。

肩書の記載は随意です(主婦・学生といった形でも可)。

原稿末尾には、協会からの連絡のためのアドレスおよび住所をお書きください(掲載画面には表記しません)。

随想の掲載 ラテンアメリカ協会ホームページおよび協会Facebook
その他
  • 原則、いただいた原稿をそのまま掲載する方針ですが、字数を越えたもの、差別用語等の不適切な表現、文意が通じない箇所等については協会で編集させていただく場合がある点を予めご理解いただいた上で応募下さい。
  • 応募多数の場合は、最大10点ほど選ばせていただく場合もあります(当協会としてはできるだけ柔軟に対応しますが、初の試みですのでご理解ください)。採用の結果はホームページ上でご確認ください。掲載はできるだけ早く7月末までに行います。
  • 掲載させていただいた方には、『ラテンアメリカ時報』秋号(10月25日発行予定)および今回の企画で採用させていただいた随想1セットを送らせていただきます。

奮っての応募をお願いします。日本国外在住の方であればどなたでも応募できますので、周囲の方、会員以外の方にも宣伝いただければ幸いです。