一般社団法人 ラテンアメリカ協会
3184877559_e8bbb242ba_b
138810608_6ebcbee2f5_b
3404247622_d108c39216_o
4618989582_b98cb8db98_o
504021098_b0ac0428fd_b
598870663496
2052016429_508b8f4227_b
Cathedral of Bogota, built between 1807 and 1823
previous arrow
next arrow

講演会・セミナーのご案内

  <対面での会場受付人数枠に達しましたので参加申込みを終了しました>山内弘志駐アルゼンチン日本国全権大使講演会「ミレイ新政権でアルゼンチンはどうなる」2024年3月11日(月)午前10:45-12:00(日本時間)@日本商工会議所会議室
  丸紅経済研究所 峰尾洋一氏「最近のベネズエラ政策に透けるバイデン政権の中南米への見方」2024年3月15日(金)10:00-11:30(日本時間)
  JICA中南米2所長報告会:ブラジル事務所長 江口雅之所長/ホンジュラス事務所 篠克彦所長 2024年4月16日(火)午前10時~11時30分
  「ラテンアメリカなるほどトーク」2024年第1回「日本の古典をスペイン語の世界へー翻訳の苦労と楽しみー」伊藤昌輝氏 元ベネズエラ大使:2024年4月18日(木)21:00-22:15(日本時間)

新着情報・協会からのお知らせ

  『ラテンアメリカ・カリブ研究所レポート ILAC2024-1 2024 年 1月「歴史から見たラテンアメリカのかたち―その 6:ポピュリズムからみる政治」渡邉利夫』
  【有識者インタビュー】オタヴィオ・エンヒッケ・ジアス・ガルシア・コルテス駐日ブラジル大使
  講演会報告:「中南米地域のリチウム開発・政策の動向とその課題」JOGMEC金属企画部調査課 課長代理小口朋恵氏
  講演会報告:「混迷する世界情勢と、企業のリスクヘッジ手段としての貿易保険の役割」株式会社 日本貿易保険 企画部 企画グループ 後藤勝良氏
  東京の主要な観光名所のスペイン語とポルトガル語によるガイドブック:「変化する渋谷駅界隈ガイド」
  ラテンアメリカ協会 年末年始休暇のお知らせ(12月29日〜1月4日)
  第44回ラテンアメリカ関連団体連絡会議 開催の報告 2023年12月1日(金)

関連情報・その他のお知らせ

  外務省中南米局からのお知らせ:任期(令和6年7月1日より2年間)付き職員の募集:在ブラジル日本国大使館(経済分野/広報文化分野 各1名)
  メキシコ・日本アミーゴ会からのお知らせ:メキシコ歴史文化講演会(全3回):3月21日(木)、4月11日(木)、5月07日(火)何れも午後4時―6時
  駐日コスタリカ大使館からの「外国直接投資サミット」のお知らせ:「外国直接投資コスタリカ・サミット2024(FDIサミット)」2024年6月11-12日(火―水)@コスタリカ・コンベンション・センター
  海外投融資情報財団(JOI)から(ハイブリッド方式)無料セミナーのお知らせ:第2回太平洋同盟セミナー「インフラへの投資機会」:2024年3月1日(金) 午前9:00~11:00(8:30受付開始)
  『キューバ・ビジネスセミナー』2024年2月26日(月)14:00~16:00@地下鉄大手町駅直結 AP東京丸の内
  (公財)海外日系人協会から在日日系人のための生活相談員セミナーのご案内:日本時間 2024年3月15日(金) 10時~13時10分(予定)
  東京大学よりシンポジウム(オンライン:無料)のお知らせ『トライリンガル・プログラム (TLP) 10年間の成果と展望』(開催日: 2024年2月10日【土】 14:00-17:30)

ラテンアメリカ新型コロナウイルス感染状況

ラテンアメリカにおける、新型コロナウィルスの感染状況は下記よりご覧いただけます。

ラテンアメリカ新型コロナウィルス感染状況

インターアメリカン・ダイアログ共催セミナー

米国シンクタンク インターアメリカン・ダイアログとの年次共催セミナーの案内と2015年度からのセミナー概要報告は下記よりご覧になれます。

インターアメリカン・ダイアログ共催セミナー

有識者インタビュー

政治・経済から社会・文化とさまざまな分野の有識者インタビュー。有識者「紹介」、「概要」は日本語、 「本文」は有識者の回答用使用言語で掲載しています。下記よりご覧になれます。

今回はビクトリア・エウヘニア・フランコリーノ・エスレパク 駐日ウルグアイ大使へのインタビューです。

有識者インタビュー

イベントのご案内

3月
8
2024
ブラジル映画祭2024 (3/8〜3/14 東京) (3/16〜3/20 名古屋)
3月 8 終日

ブラジル映画祭2024

3月8日~14日
会場:ユーロスペース(東京)
※料金・上映スケジュールは下記をご覧ください。
http://www.eurospace.co.jp/works/

3月16日~20日
ミッドランドスクエアシネマ(名古屋)
※料金・上映スケジュールは下記をご覧ください。
http://www.midland-sq-cinema.jp/top

現代ブラジル映画の長編作品6本が3月に日本の2都市で独占上映されます。東京・渋谷のユーロスペースで3月8日~14日、名古屋のミッドランドスクエアシネマで3月16日~20日にブラジル映画祭2024が、駐日ブラジル大使館、ギマランイス・ホーザ文化院および制作会社Linhas
Produções Culturais(リニャス・プロドゥソェンス・クウトゥライス)とのパートナーシップ、そして在名古屋ブラジル総領事館の後援によって開催されます。幅広いジャンルの、いずれも国内外で観客・評論家の高い評価を得て大きな反響を呼び、数々の賞を受賞している作品をセレクトしています。

(上映作品)
『プレーザ』 PUREZA
ブラジル/ドラマ、伝記/カラー/2022/101分/14歳以上/原語:ポルトガル語
監督:ヘナット・バルビエリ (Renato Barbieri)
出演:ジラ・パエス (Dira Paes)、フラヴィオ・バウラキ (Flavio Bauraqui)、マテウス・アブレウ (Matheus Abreu)
ブラジル北東部マラニョン州の奥地でプレーザは息子のアベウとレンガ作りに励む。より良い暮らしを求め、息子はアマゾンの金鉱堀りに賭けようと決心する。音信が途絶えて数か月、プレーザは息子探しの旅に出る。町々を巡り、農場に潜り込み、農村労働者を勧誘・監禁する残酷な仕組みを発見する。労働現場の虐待を監視し責任者を処罰する特別部隊設立のきっかけとなったプレーザ・ロペス・ロヨラの実話に基づく。ブラジル全土における奴隷労働撲滅を目指す史上初の取り組みだった。

『エリス&トム』 Elis &Tom – Só Tinha De Ser Com Você
ブラジル/ドキュメンタリー/カラー/2023年/90分/ 一般/原語:ポルトガル語
監督:ホベルト・デ・オリヴェイラ (Roberto de Oliveira)、ジョン・トブ・アズライ (Jom Tob Azulay)
出演:エリス・レジーナ (Elis Regina)、アントニオ・カルロス・ジョビン (Antonio Carlos
Jobim)、パウロ・ブラガ (Paulo Braga)ほか
ブラジル音楽史上屈指の歌手エリス・レジーナと、ヴィニシウス・ヂ・モライス (Vinicius De
Moraes)との共作による「イパネマの娘 – Garota de
Ipanema」で世界的名声を得た指揮者・作曲家・歌手・編曲家アントニオ・カルロス・ジョビンが共演したアンソロジー・アルバム(1974年リリース)の収録風景のドキュメンタリー映画。米ロサンゼルスで行われたレコーディング・セッションの舞台裏をプロデューサーのホベルト・デ・オリヴェイラが記録し、以来保管されてきた歴史的資料をまとめた作品である。

『エドゥアルドとモニカ』 Eduardo e Mônica
ブラジル/ドラマ、コメディ、ロマンス/カラー/2022/114分/14歳以上/原語:ポルトガル語
監督:ヘネー・サンパイオ (René Sampaio)
出演:ガブリエウ・レオーネ (Gabriel Leone)、アリッセ・ブラガ (Alice Braga)、ヴィットル・ラモリア
(Victor Lamoglia)
80年代ブラジルの有名ロックバンドのボーカル兼ソングライターが作曲し、多くの世代を育んだ同名の曲に基づくラブストーリー。正反対でありながらお互いのために生まれたようなカップルのロマンスは、老若男女の心に響くだろう。2人は年齢も離れ星座も音楽の好みもライフスタイルも大きく異なるのに強く魅かれ合う。ラブストーリーであると同時に、あの時代のブラジルの若者の楽しみや迷い、仕事の抱負や愛する人との交際を活写した作品。

『ピシンギーニャ‐愛情深い男』 Pixinguinha – Um Homem Carinhoso
ブラジル/伝記/カラー/2021年/101分/14歳以上/原語:ポルトガル語
監督:デニーゼ・サラセニ (Denise Saraceni)、アラン・フィテルマン (Allan Fiterman)
出演:セウ・ジョルジ (Seu Jorge)、タイス・アラウージョ (Taís Araújo)、ダニーロ・フェヘイラ (Danilo Ferreira)
20世紀ブラジルで最も称賛されたアーティストの一人であり、今も世代を超えて歌い継がれる歌「カリーニョーゾ –
Carinhoso」の作曲者、ピシンギーニャ (Pixinguinha)ことアウフレド・ダ・ホッシャ・ヴィアナ・フィーリョ (Alfredo
da Rocha Vianna
Junior)の人生と作品を描いた伝記映画。14歳で音楽の道に入ったときから、楽団と共にパリで過ごした日々、そして妻や家族との関係を描く。

『サウダージを胸に』 Saudade Fez Morada Aqui Dentro
ブラジル/ドラマ/カラー/2023年/71分/12歳以上/原語:ポルトガル語
監督:アロウド・ボルジェス (Haroldo Borges)
出演:ブルーノ・ジェフェルソン (Bruno Jefferson)、アンジェラ・マリア (Ângela Maria)、ホナウジ・ゴメス
(Ronnaldy Gomes)
ブルーノは15歳の少年で、自分を取り巻くマッチョな文化の生み出す暴力や偏見に目をつぶってきた。しかし退行性疾患により徐々に視力を失っていく。思春期を過ごしながら、ブルーノはこの変化に学び、異なる目で人生を見つめなければならない。

『天使たちのテーブル』 O Clube dos Anjos
ブラジル/ドラマ、コメディ/カラー/2022/100分/16歳以上/原語:ポルトガル語
監督:アンジェロ・デファンチ(Angelo Defanti)
出演:オターヴィオ・ミーレル(Otávio Müller)、マテウス・ナシュテルガーレ(Matheus
Nachtergaele)、パウロ・ミクロス(Paulo Miklos)
謎めいたシェフが企画した豪華な宴会で、旧友たちはかつての友情を取り戻していく。しかし、美食三昧と喜びに満ちた魔法のような一夜が明けると、1人が亡くなっている。死は宴会となんらかの関係があるのだろうか?彼らはその後、誘惑に負けず宴会に行きたいという衝動を抑えられるのか?

3月
9
2024
京都外国語大学ラテンアメリカ研究センター・ブラジルポルトガル語学科主催シンポジウム「ブラジルの貧困女性とリプロダクティブ・ヘルス/ライツ」のご案内 2024年3月9日(土)13:00~16:00@京都外国語大学452教室
3月 9 @ 13:00 – 16:00

本シンポジウムでは、「母子保健」に関する疫学研究の第一人者である津田塾大学の三砂ちづる教授を迎え、基調講演をしていただきます。
続いて本学の他機関共同研究「ブラジルの人種とジェンダー」のメンバーが発表し、最後にパネルディスカッションを行います。
ブラジルの貧困と女性のリプロダクティブヘルス/ライツの問題がどのように関わっているのか、皆様にご理解いただければと考えております。
ぜひご参加ください。

日時 2024年3月9日(土)13:00~16:00 
場所 京都外国語大学452教室(※申込不要・参加費無料)
プログラム
司会
渡会環(愛知県立大学)
基調講演 
● 三砂ちづる(津田塾大学)
発表
● 伊藤秋仁(京都外国語大学)
● 奥田若菜(神田外語大学)
パネルディスカッション
モデレーター:フェリッペ・モッタ(京都外国語大学)
パネリスト:三砂ちづる/住田育法(京都外国語大学名誉教授)/伊藤秋仁/奥田若菜

※シンポジウム案内及びプログラム等、以下のURLをご覧ください。 
https://www.kufs.ac.jp/news/detail.html?id=pdxVYCWL

お問い合わせ 京都外国語大学ラテンアメリカ研究センター
〒615-8558 京都市右京区西院笠目町6
E-mail: ielak@kufs.ac.jp
3月
15
2024
在日日系人のための生活相談員セミナー
3月 15 @ 10:00 – 13:00

海外日系人協会では、令和5年度「在日日系人のための生活相談員セミナー」を以下の通り開催いたします。

相談セミナー実施要領[PDF]
在日日系人のための生活相談員セミナー案内状[PDF]

開催日時:日本時間 2024年3月15日(金) 10時~13時10分(予定)
開催形態:Zoomウェビナーによるオンライン配信(見逃し配信有)
参 加 費:国内1,000円 海外US8$
      お申込みをいただいた方へ、お支払い方法についてご連絡いたします。
詳細・参加申込:当協会WEBサイトよりお申込ください。
※当日のご視聴が難しい方も、終了後に見逃し配信をご覧いただけます。

***セミナー内容***

基調講演「日系人を含む外国籍子弟の将来への接続について考える」
東京都立大学人文社会学部教授 丹野清人

講義①「外国人の起業について~日本で暮らす外国人のために」
株式会社Aizawa Corporation 代表取締役社長 相沢正雄

講義②「日系人・外国人労働者への就労支援と職業訓練について(仮)」
厚生労働省職業安定局 外国人雇用対策課

講義③「日系四世受入れ制度にかかる要件の見直しについて(仮)」
出入国在留管理庁 在留管理課

講義④「外国人住民への介護支援の現況と新たな取り組み」
株式会社Seina Corporation 代表取締役 小澤エリサ

コメント 「在日日系人子弟の進路について」
国外就労者情報援護センター(CIATE)理事長 二宮正人

各講演者・コメンテーターへの事前質問を受付けます。
質問がある方は、お申込の際にフォームにご記入ください。
(お寄せいただいた質問全てには回答できない場合があります)

※同一団体から同時に複数名の登録を希望される場合は、Eメールで以下の項目を明記の上お申し込みください。

================
・団体(所属機関)名
・参加者全員分の役職、氏名
・電話番号
・Eメールアドレス
・参加費支払い方法(クレジットカード/銀行振込)
・講師への質問(ある場合のみ・誰宛の質問か明記してください)
================

3月
16
2024
アンデス文明研究会 定例講座(2024年 3月)
3月 16 @ 14:00 – 17:00

アンデス文明研究会 定例講座 2024年 3月

【日 時】 2024年3月16日(土)14:00~17:00 
【講 師】 青山 和夫(茨城大学教授)
【テ-マ】 「マヤ文明の起源と形成」
【場 所】 対面での講座再開となります。
      東京外国語大学本郷サテライト 4階会議室  
      https://loco.yahoo.co.jp/place/g-qJW7isvC0-U/map/?bm=sydd_spt_slo_p_ttl
【受講料】 以下のアンデス文明研究会 HP ご参照
https://andesken.jimdofree.com/
【参加申込メール送付先】
To: andesken55@gmail.com
Cc: kazum.mori@nifty.com

3月
21
2024
メキシコ・日本アミーゴ会からのお知らせ:メキシコ歴史文化講演会(全3回)
3月 21 @ 16:00 – 18:00

2024年メキシコ歴史文化講演会(全3回)『特別展 古代メキシコ-マヤ、アステカ、テオティワカン』にちなみ

~アステカ・テオティワカン・マヤ文明について~

メキシコ・日本アミ-ゴ会は日墨の友好親善の促進とメキシコの理解を深める目的で2009年から「メキシコ歴史・文化講演会」を毎年開催してきましたが、2020年の新コロナ禍の伝搬後、4年間休止してきました。

2023年度に至り日本政府がコロナ禍特別措置を解除したこともあり、再開を準備しましたが会場確保に問題があり、止むを得ず2024年度に延期し下記の通り、再開することにしました。

特に、在日メキシコ大使館からも要請があり、2023年6月に東京で開幕し、その後福岡を巡回し、現在、大阪で開催中の『特別展 古代メキシコ-マヤ、アステカ、テオティワカン』に関連したテーマと研究者を講師に選定し、古代メキシコ文明の実像に迫るべく、下記の通り全3回の講演会を開催します。お誘いあわせてお出かけください。

●開催概要(各回共通) ☆

日時 ① 2024年 3月21日(木)
② 2024年 4月11日(木)
③ 2024年 5月07日(火)
いずれも、16:00~18:00 (開場15:30)
会場 ①・② 在日メキシコ大使館 別館5階「エスパシオ・メヒカ-ノ」
③ メキシコよりオンライン配信(Zoom)(日本時間16:00~18:00)
但し「エスパシオ・メヒカ-ノ」にてもスクリ-ン(大画面)で上映予定ゆえ会場での参加も可能。
定員 先着順100名(会員・非会員を問わず)
参加費 無料
主催 メキシコ・日本アミーゴ会
協力 在日メキシコ大使館、(一社)ラテンアメリカ協会 (予定)
お申し込み
  • メキシコ・日本アミーゴ会 (info@mex-jpn-amigo.org) へ「講座名①②③・参加者氏名(フリガナ)・メールアドレス・所属(アミーゴ会員)or案内の入手先」を明記してメールで直接お申し込み下さい。
  • 詳細は添付資料(PDF)か、アミーゴ会HPを参照ください。
4月
11
2024
メキシコ・日本アミーゴ会からのお知らせ:メキシコ歴史文化講演会(全3回)
4月 11 @ 16:00 – 18:00

2024年メキシコ歴史文化講演会(全3回)『特別展 古代メキシコ-マヤ、アステカ、テオティワカン』にちなみ

~アステカ・テオティワカン・マヤ文明について~

メキシコ・日本アミ-ゴ会は日墨の友好親善の促進とメキシコの理解を深める目的で2009年から「メキシコ歴史・文化講演会」を毎年開催してきましたが、2020年の新コロナ禍の伝搬後、4年間休止してきました。

2023年度に至り日本政府がコロナ禍特別措置を解除したこともあり、再開を準備しましたが会場確保に問題があり、止むを得ず2024年度に延期し下記の通り、再開することにしました。

特に、在日メキシコ大使館からも要請があり、2023年6月に東京で開幕し、その後福岡を巡回し、現在、大阪で開催中の『特別展 古代メキシコ-マヤ、アステカ、テオティワカン』に関連したテーマと研究者を講師に選定し、古代メキシコ文明の実像に迫るべく、下記の通り全3回の講演会を開催します。お誘いあわせてお出かけください。

●開催概要(各回共通) ☆

日時 ① 2024年 3月21日(木)
② 2024年 4月11日(木)
③ 2024年 5月07日(火)
いずれも、16:00~18:00 (開場15:30)
会場 ①・② 在日メキシコ大使館 別館5階「エスパシオ・メヒカ-ノ」
③ メキシコよりオンライン配信(Zoom)(日本時間16:00~18:00)
但し「エスパシオ・メヒカ-ノ」にてもスクリ-ン(大画面)で上映予定ゆえ会場での参加も可能。
定員 先着順100名(会員・非会員を問わず)
参加費 無料
主催 メキシコ・日本アミーゴ会
協力 在日メキシコ大使館、(一社)ラテンアメリカ協会 (予定)
お申し込み
  • メキシコ・日本アミーゴ会 (info@mex-jpn-amigo.org) へ「講座名①②③・参加者氏名(フリガナ)・メールアドレス・所属(アミーゴ会員)or案内の入手先」を明記してメールで直接お申し込み下さい。
  • 詳細は添付資料(PDF)か、アミーゴ会HPを参照ください。
4月
13
2024
アンデス文明研究会 定例講座(2024年 4月)
4月 13 @ 14:00 – 17:00

アンデス文明研究会 定例講座 2024年 4月

【日 時】 2024年4月13日(土)14:00~17:00 
     (1週間繰上げ、第2土曜日に変更になりました) 
【講 師】 関 雄二(国立民族学博物館名誉教授)
【テ-マ】 「アンデス文明研究における神殿更新論再考」
【場 所】 対面での講座再開となります。
      東京外国語大学本郷サテライト 4階会議室  
      https://loco.yahoo.co.jp/place/g-qJW7isvC0-U/map/?bm=sydd_spt_slo_p_ttl
【受講料】 以下のアンデス文明研究会 HP ご参照
https://andesken.jimdofree.com/
【参加申込メール送付先】
To: andesken55@gmail.com
Cc: kazum.mori@nifty.com

4月
16
2024
JICA中南米2所長報告会:ブラジル事務所長 江口雅之所長/ホンジュラス事務所 篠克彦所長
4月 16 @ 10:00 – 11:30

JICA、国際協力機構は、中南米(ラテンアメリカ・カリブ)地域33か国のうち23か国に拠点を設け、現場のニーズを収集・分析しながら、日系企業を含む多様なパートナーと連携しつつ、技術協力、資金協力、民間連携事業、ボランティア派遣など、さまざまな国際協力を行っています。

「グローバルサウス」と称される国々が台頭する国際社会でプレゼンスを高めているのがブラジル。2024年はG20の議長国として、貧困・飢餓の解消と社会包摂、そして気候変動を含む持続可能な開発等に優先的に取り組むとしており、ルーラ大統領の手腕が問われる年でもあります。また、近年、中南米諸国と中国の経済的な相互依存関係は一層強まっています。こうした状況下、23年、台湾と断交し中国との外交関係を樹立したのがホンジュラス。米中対立が深まる中、中南米地域は国際社会におけるパワーバランスの変革の時期に直面していると言え、両国の今後の開発の行方が注目されます。

今般、ブラジル、ホンジュラスの現場で陣頭指揮をとられている所長を講師としてお迎えし、報告会を開催致します。それぞれの国で体感された社会、経済等の実態に加え、活動状況、協力の方向性をご報告いただきます。

20240416_JICA2所長講演会案内(講師プロフィール含む)[PDF]

日 時 2024年4月16日(火)午前10時~11時30分(日本時間)、2024年4月15日(月)夕刻から夜(中南米時間)
形式 ZOOMによるウエビナー
講演題
1.コロナ禍からG20に至るブラジルでの3年間を振り返る
江口 雅之 JICAブラジル所長
着任時には毎日2~4千人の新型コロナウィルス感染死者を生んでいたブラジルで、JICAがどのようなコロナ対応の協力を行ってきたのか、国民を二分する激しい選挙戦を経て右派から左派へ政権が交代し、グローバルサウスの旗手として再び国際場裡でプレゼンスを高めているブラジルに対してJICAがどのような国際協力を行い、これから行おうとしているのか、また、世界最大規模の2百万人の日系社会を擁する日系社会の現状課題とJICAの取組について、現場で感じた「熱」を聴衆の皆さんへお届けします。
2.ホンジュラスは何処へ行くのか。JICAに何ができるのか。
篠 克彦 JICAホンジュラス事務所長
コロナ禍のさなか、2020年11月に相次いで襲来した熱帯低気圧ETA、IOTAにより甚大な経済的被害を受けたホンジュラス。もともと1人当たりGDPが中南米で下から3番目の当国にとって、社会や経済に成長を取り戻すことは容易ではない。治安問題や汚職問題、そして不法移民問題なども、健全な成長にとっての阻害要因となる。そうしたなか、2022年1月に発足した左派のシオマラ・カストロ政権は、何を目指し、中国との国交樹立に何を期待するのか…。

社会のニーズや現政権の方向性をどう読み解いてきたか、そしてJICAとしてどういった貢献を目指しているのか、現場の視点をお伝えします。

講師 江口 雅之 JICAブラジル所長
篠 克彦 JICAホンジュラス事務所長
主催 一般社団法人 ラテンアメリカ協会
参加費 会員無料、非会員1,000円、大学院・大学生は無料
申込期限 2024年4月11日(木) (日本時間)

お申込み

下記Webサイトより、2024年4月11日(木) (日本時間)までに、お一人ずつご登録ください。お早めにお申込み頂ければ幸いです。
https://latin-america.jp/seminar-entry

お問い合わせ

一般社団法人 ラテンアメリカ協会事務局
〒100-0011東京都千代田区内幸町2-2-3日比谷国際ビル120A
Tel: 03-3591-3831、E-mail: info@latin-america.jp

4月
18
2024
「ラテンアメリカなるほどトーク」2024年第1回「日本の古典をスペイン語の世界へー翻訳の苦労と楽しみー」伊藤昌輝氏 元ベネズエラ大使
4月 18 @ 21:00 – 22:30

本年度第1回目の「ラテンアメリカなるほどトーク」は、「日本の古典をスペイン語の世界へ ―翻訳の苦労と楽しみー」という文化と教養にあふれたテーマを取り上げました。

講師の伊藤昌輝さんは、1941年生まれで、外務省に入省され、マイアミやリオデジャネイロ総領事、ホンジュラス大使、ベネズエラ大使を務められました退任後は、一橋大学客員教授、ラテンアメリカ協会副会長、日本ベネズエラ協会会長も歴任されました。その間、訳書として『コルテス報告書簡』(法政大学出版局)等様々な翻訳も手掛けられました。日本の古典を広くスペイン語圏に普及すべく、数多くの古典作品、例えば、『方丈記』、『閑吟集』、『梁塵秘抄』、『芭蕉文集』、『世間胸算用』、『小倉百人一首』、『一握の砂』、『悲しき玩具』、『ローマ字日記』、『土佐日記』等)を翻訳され、日本、スペイン、アルゼンチンおよびベネズエラにおいて出版されました。

今回のウエビナーでは、伊藤大使が30年間に及ぶ中南米での外交官としての生活を終えた後、どうして日本の古典のスペイン語訳に専念する気になったのか? なぜ上述した多くの作品を翻訳することにしたのか、それぞれの作品の紹介、翻訳や出版の際に苦労した点等について語っていただきます。

日本文化の世界、とりわけスペインやラテンアメリカへの普及に関心のある方、スペイン語の学習に関心のある方、文化力・教養力のアップを目指したい方、駐在員の方で日本文化を現地で語りたい方、等々のご参加をお待ちします。

日 時 2024年4月18日(木)21:00-22:30(日本時間)
形式 ZOOMによるウエビナー
講演題 「日本の古典をスペイン語の世界へー翻訳の苦労と楽しみー」
講師 伊藤昌輝氏(元ベネズエラ大使 )
主催 一般社団法人 ラテンアメリカ協会
参加費 無料
申込期限 2024年4月15日(月)

お申込み

下記Webサイトより、2024年4月15日(月)までに、お一人ずつご登録ください。お早めにお申込み頂ければ幸いです。
https://latin-america.jp/seminar-entry

お問い合わせ

一般社団法人 ラテンアメリカ協会事務局
〒100-0011東京都千代田区内幸町2-2-3日比谷国際ビル120A
Tel: 03-3591-3831、E-mail: info@latin-america.jp

5月
7
2024
メキシコ・日本アミーゴ会からのお知らせ:メキシコ歴史文化講演会(全3回)
5月 7 @ 16:00 – 18:00

2024年メキシコ歴史文化講演会(全3回)『特別展 古代メキシコ-マヤ、アステカ、テオティワカン』にちなみ

~アステカ・テオティワカン・マヤ文明について~

メキシコ・日本アミ-ゴ会は日墨の友好親善の促進とメキシコの理解を深める目的で2009年から「メキシコ歴史・文化講演会」を毎年開催してきましたが、2020年の新コロナ禍の伝搬後、4年間休止してきました。

2023年度に至り日本政府がコロナ禍特別措置を解除したこともあり、再開を準備しましたが会場確保に問題があり、止むを得ず2024年度に延期し下記の通り、再開することにしました。

特に、在日メキシコ大使館からも要請があり、2023年6月に東京で開幕し、その後福岡を巡回し、現在、大阪で開催中の『特別展 古代メキシコ-マヤ、アステカ、テオティワカン』に関連したテーマと研究者を講師に選定し、古代メキシコ文明の実像に迫るべく、下記の通り全3回の講演会を開催します。お誘いあわせてお出かけください。

●開催概要(各回共通) ☆

日時 ① 2024年 3月21日(木)
② 2024年 4月11日(木)
③ 2024年 5月07日(火)
いずれも、16:00~18:00 (開場15:30)
会場 ①・② 在日メキシコ大使館 別館5階「エスパシオ・メヒカ-ノ」
③ メキシコよりオンライン配信(Zoom)(日本時間16:00~18:00)
但し「エスパシオ・メヒカ-ノ」にてもスクリ-ン(大画面)で上映予定ゆえ会場での参加も可能。
定員 先着順100名(会員・非会員を問わず)
参加費 無料
主催 メキシコ・日本アミーゴ会
協力 在日メキシコ大使館、(一社)ラテンアメリカ協会 (予定)
お申し込み
  • メキシコ・日本アミーゴ会 (info@mex-jpn-amigo.org) へ「講座名①②③・参加者氏名(フリガナ)・メールアドレス・所属(アミーゴ会員)or案内の入手先」を明記してメールで直接お申し込み下さい。
  • 詳細は添付資料(PDF)か、アミーゴ会HPを参照ください。
5月
18
2024
アンデス文明研究会 定例講座(2024年 5月)
5月 18 @ 14:00 – 17:00

アンデス文明研究会 定例講座 2024年 5月

【日 時】 2024年5月18日(土)14:00~17:00 
【講 師】 山本 睦(山形大学准教授)
【テ-マ】 「エクアドル南部からみたアンデス形成期社会の動態」
【場 所】 対面での講座再開となります。
      東京外国語大学本郷サテライト 4階会議室  
      https://loco.yahoo.co.jp/place/g-qJW7isvC0-U/map/?bm=sydd_spt_slo_p_ttl
【受講料】 以下のアンデス文明研究会 HP ご参照
https://andesken.jimdofree.com/
【参加申込メール送付先】
To: andesken55@gmail.com
Cc: kazum.mori@nifty.com

6月
11
2024
外国直接投資コスタリカ・サミット2024(FDIサミット)
6月 11 – 6月 12 終日

駐日コスタリカ共和国大使館は、来る6月11日~12日にコスタリカ・コンベンション・センターにて開催される「外国直接投資コスタリカ・サミット2024(FDIサミット)」(以下、FDIサミット)についてご案内いたします。

この第1回FDIサミットの目的は、コスタリカにおける投資機会について包括的な視点を提供するとともに、コスタリカの価値提案、税制優遇制度、投資家に利益をもたらす好条件を紹介することです。

コスタリカは、投資家の皆様が十分な情報を得た上で意思決定を行い、コスタリカが提供する機会を最大限に活用できるよう、完全かつ詳細な概要を提供することをお約束いたします。

このイベントは、コスタリカ大使館とコスタリカ政府の支援のもと、世界第1位の貿易促進機関であるコスタリカ対外貿易促進機関(PROCOMER)が主催するものです。

ご関心のある日本企業の皆様に、PROCOMERにご参加いただき、日コ両国の投資機会を共に築いていただきたいと存じます。

詳細につきましては、次のリンク(https://investincr.com/en/event/#fdi-summit )をご覧いただくか、Eメール(japon@procomer.com、marianelapiedra@comex.go.cr )にお問い合わせください。


最新の季刊誌のご案内

季刊誌は会員様には無料でご提供させて頂きます。非会員様には、1,250円にてご郵送させて頂きます。(クレジットカード支払い可)詳しくはお問い合わせ下さいませ。

青文字になっている箇所をクリックすると、当該記事PDFダウンロード案内ページへ遷移します。 ダウンロードは会員様限定となっておりますので、ご了承下さい。

ラテンアメリカ時報 2023/24年冬号(表紙カバー)

特集:ブラジル ルーラ政権の1年

インターアメリカン・ダイアログ(IAD)との第9回共催セミナー

経済的強靭性の構築:進化する日本の対ラテンアメリカ・アプローチ ホワイト 和子(ラテンアメリカ協会ラテンアメリカ・カリブ研究所 シニア・フェロー)

駐日ラテンアメリカ大使インタビュー <ブラジル連邦共和国>

駐日ラテンアメリカ大使インタビュー<ブラジル連邦共和国>2024 年は両国関係の拡大の好機 オタヴィオ・エンヒッケ・ジアス・ガルシア・コルテス駐日ブラジル大使 佐藤 悟(ラテンアメリカ協会副会長)

ラテンアメリカ時事解説

ラテンアメリカ進出企業の最前線から

100 年を経て更なる進化を目指す商船三井のラテンアメリカ事業 田 朋聡(商船三井米州地域担当常務執行役員・MOL(America) Holdings.Inc.社長) / 大胡 俊武(商船三井南米営業統括、MOL(Brasil)Ltda.社長)

開発協力の現場から

コロンビアでの平和構築支援 -紛争被害にあったコーヒー農家の生活再建から平和の定着にむけて 栗原 敏昭(コロンビア農村開発庁派遣JICA専門家)

ラテンアメリカ・ビジネストレンド

ペトロ政権(コロンビア)の挑戦と苦悩 -発足から 1年が経過、何が変わったか 豊田 哲也(JETROボゴタ事務所長)

ラテンアメリカ随想

遠くて遠いラテンアメリカとインドの可能性 岩城 聡(日本経済新聞ニューデリー支局長)

ラテンアメリカ研究所通信

ラテンアメリカ研究所通信 浜口 伸明(ラテンアメリカ協会ラテンアメリカ・カリブ研究所長)

ラテンアメリカ参考図書案内 桜井 敏浩

ラテンアメリカ参考図書案内 桜井 敏浩

ラテンアメリカ協会 Facebookページ

一般社団法人ラテンアメリカ協会