一般社団法人 ラテンアメリカ協会
  • Bird-Eye-View in Rio de Janeiro

「有識者インタビュー」欄、新規開設のお知らせ】

当協会では、情報ネットワークが拡がるにつれ、政治・経済から社会・文化とさまざまな分野の有識者からご意見をお聞きする機会が増えています。不定期ですが、ホームページに『有識者インタビュー』の欄を設けることにしました。 有識者紹介、概要は日本語で掲載し、本文は有識者が回答に使用した言語を日本語に訳さずにそのまま掲載します。

これまでブラジルの企業家ウエキ氏、アレクサンダー・サラス・アラヤ駐日コスタリカ大使(「時報2020年秋号」掲載)、メキシコのブランコ元商工大臣に登場頂きましたが、第4回はチリのアルベルト・サラス氏です。同氏はチリの鉱業界では官民で多くの要職を歴任した著名な企業家で、現在は世界最大級のリチウム、ヨード生産会社であるSQM社の会長を務めています。Covid-19のチリ、他ラテンアメリカ諸国への影響、昨年10月に国民投票が行われた憲法改正論議などについて、お聞きしました。今回は有識者紹介、概要は日本語、本文は、質問は英語、回答スペイン語です。

有識者インタビュー一覧

講演会・セミナーのご案内

  オンライン講演会 『ペルーから帰国して』土屋定之前註ペルー日本大使 (2021年1月26日開催)

ラテンアメリカ新型コロナウイルス感染状況

ラテンアメリカにおける、新型コロナウィルスの感染状況は下記よりご覧いただけます。

ラテンアメリカ新型コロナウィルス感染状況

新型コロナ感染者及び死亡者:中南米の状況(外務省中南米局)
最終更新日時:2021-01-06 15:37:43

お知らせ

  日本在外企業協会主催「海外赴任前セミナー」開催のご案内(会場集合・オンライン複合型)2021年2月18日(木)10:30-17:00開催
  【ラテンアメリカ・カリブ研究所レポート】「バイデン新政権下の米国およびラテンアメリカと日本との通商関係における RCEP の締結の重要性について」桑山幹夫
  【有識者インタビュー】チリ アルベルト・サラス氏「COVID-19下のチリ・ラテンアメリカの現状、国民投票後の憲法改正論議の行方は?」
  オンライン講演会報告『非鉄を中心とする南米の鉱業事情』(2020.12.04開催)
  ラテンアメリカ協会 年末年始休暇のお知らせ(12月28日〜1月11日)
  日本在外企業協会主催「海外赴任前セミナー」開催のご案内(会場集合・オンライン複合型)2021年1月20日(水)10:30-17:00開催
  【有識者インタビュー】メキシコ エルミニオ・ブランコ元商工大臣「COVID-19下のメキシコの現状、バイデン新政権との関係は?」

イベントのご案内

1月
23
2021
オンラインコンサート「Chaka string Quarteto」
1月 23 @ 16:00 – 16:50

オンラインコンサート「Chaka string Quarteto」
インスティトゥト・セルバンテス ライブストリーミング

2021年1/23(土)16:00-16:50

下記よりお申し込みください。(無料)
https://concierto-chaka.peatix.com/

世界を舞台に活躍、キューバ・スペイン音楽、ラテンジャズを演奏するヴァイオリニスト、SAYAKAの呼びかけにより、2016年よりスタートした弦楽器アンサンブルのプロジェクトChaka String Quartet。

NHK交響楽団などクラシックの第一線で活躍する精鋭メンバーと共に、インスティトゥト・セルバンテスのオンラインチャンネルで無料のオンラインコンサートを開催します。

クラシックの名曲、ラテンアメリカ音楽、スペイン民謡、ジャズそして日本の民謡作品など、遊び心たっぷりのオリジナルアレンジで演奏します。スペイン・ラテンアメリカの音楽のお話、楽器の説明やダンスのデモンストレーションもあり!

出演者(予定):
SAYAKA violin]
景澤恵子 violin
山田那央 viola
香月圭佑 cello
櫛田満 perc.
Carlos Cespedes vocal
GENKI 司会、ダンス

演奏予定曲(オリジナルアレンジ)

ラテンアメリカのクラシックよりマラゲーニャ / レクオーナ / ナザレ / イグナシオ・セルバンテス / リベルタンゴ /サマータイム / 日本民謡メドレー(/ コーヒールンバ / ボレロ オリジナル作品他

TOKYO WOMEN’S FILM FESTIVAL  監督トーク付『Cu-Bop across the border』上映会(視聴期間1/21~27)
1月 23 @ 19:30 – 21:00

TOKYO WOMEN’S FILM FESTIVAL 
監督トーク付『Cu-Bop across the border』上映会(視聴期間1/21~27)

高橋慎一監督トーク日時:1月23日(土)19時30分〜21時

Parte 1 Cu-Bopの舞台裏で(高橋監督)
Parte 2 キューバの女性たち(高橋監督×TWFF)

『Cu-Bop across the border』オンライン上映日時:
1月21日(木)12時〜1月27日(水)23時
料金:1500円(トークイベント付き上映視聴券)

申し込みは下記をご覧ください。
https://cu-bop-twff.peatix.com/
https://www.twff.info/

製作/Kamita Label
監督・撮影/高橋 慎一
日本・キューバ合作
スペイン語・英語(日本語字幕)
98min

 映画『Cu-Bop』は、困難に直面しながらも、自分の音楽を演奏し続けるキューバのミュージシャンたちを記録したドキュメンタリー作品だ。キューバに残り音楽活動を続ける者、ジャズの本場であるアメリカ合衆国に移住する者…。その両者の元へ、監督自らカメラを持って自宅に泊まり込み、寝食を共にしながら『音楽が生まれる瞬間』を記録する取材方式によってこの映画は撮影された。

 2015年に公開され、話題を呼んだ『Cu-Bop』が、再撮影・再編集によって新たに生まれた世界公開版『Cu-Bop across the border』(2018)をオンライン上映。

 23日には監督のオンラインでのトークイベントが開催される。

1月
29
2021
アート・ドキュメンタリー『フリーダ・カーロに魅せられて』
1月 29 全日

アート・ドキュメンタリー『フリーダ・カーロに魅せられて』
原題:FRIDA KAHRO
監督:アリ・レイ
90分/2020年
2021年1月29日(金)~TOHOシネマズ シャンテほかで公開予定
【料金】大人2,000円 学生1,500円 (税込)
※映画館の各種割引や、株主優待券等は使用できません。
https://artonscreen.jp/lineup.html

 アート・オン・スクリーンは、“映画館の大画面で美術を楽しむ”という全く新しい体験を提案するアート・ドキュメンタリーシリーズ。現地の風景、建築、文化に触れながら、時代背景と共に専門家による解説と併せてアーティストの人生に迫り、作品に秘められた想いを紐解く映像エンターテインメント。

 自身の人生をカンヴァスに描き続けた、メキシコの現代絵画を代表するフリーダ・カーロ。画家としての彼女を、私たちはどれだけ「本当に」知っているだろうか?

 現在『フリーダ・カーロ博物館』となっている彼女の生家である有名な『青い家』や、メキシコシティにあるフリーダ・カーロの作品を所有するすべての美術館、ギャラリー、また各国で開催されている彼女に関する展覧会も収録。

 花冠とカラフルな民俗衣装をまとい、時代のミューズとなった彼女の人生の根底に流れるものを、民俗芸術の第一人者としても知られる彼女の絵画を通じて探る。

 彼女の日記や書簡を紐解き、魅惑的で壊れやすくも、激しく燃えたフリーダの魂を解き明かしていく。

2月
5
2021
ドキュメンタリー『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』
2月 5 全日

ドキュメンタリー『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』

原題:DIEGO MARADONA
監督・製作総指揮:アシフ・カパディア
出演:ディエゴ・マラドーナ他
2021年2月5日(金)~、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開予定
http://maradona-movie.jp/

 1984年、世界的な人気を誇るアルゼンチン出身のサッカー選手ディエゴ・マラドーナは、熱狂的な観客が集うイタリア南部の弱小クラブSSCナポリに移籍する。ピッチでは“神の手”“5人抜き”でメキシコW杯優勝、“クラブ史上初”のセリエA優勝により、スーパースターとして崇め立てられたかと思いきや、プライベートではマフィアとの交際、愛人とのゴシップ、コカインでの逮捕により、トラブルメーカーとして忌み嫌われてしまう。やがて、サッカーを愛するピュアな“ディエゴ”、マスコミを騒がせるダークな“マラドーナ”という、相反する“二つの顔”が浮かび上がる。

 監督・製作総指揮を手掛けたのは、『アイルトン・セナ ~音速の彼方へ』で英国アカデミー賞受賞、『AMY エイミー』でアカデミー賞R受賞を果たした、イギリスの俊才アシフ・カパディア。2020年に急逝したマラドーナの500時間の貴重な秘蔵映像と共に、栄光と挫折を繰り返す天才の光と影が明かされる。

 カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクション、英国アカデミー賞ノミネート、ロッテントマト89%大絶賛など、世界中で高く評価された波瀾万丈な人生ドラマ。昨年のマラドーナ氏急死により、4月から2月に日本公開が早まっている。

2月
16
2021
コロンえりか(駐日ベネズエラ大使夫人・ソプラノ歌手)ソプラノ・リサイタル(第506回日経ミューズサロン)
2月 16 @ 18:30 – 22:00

コロンえりか(駐日ベネズエラ大使夫人・ソプラノ歌手)ソプラノ・リサイタル(第506回日経ミューズサロン)

日時:2021年2月16日(火)午後6時30分―

場所:日経ホール(千代田区大手町1-3-7 日経ビル3階)

入場料:一般 5,000円、子供 2,500円(小学生以上、高校生以下)

詳細:http://www.nikkei-events.jp/concert/210216.html

2月
18
2021
日本在外企業協会主催「海外赴任前セミナー」開催のご案内(会場集合・オンライン複合型)
2月 18 @ 10:30 – 17:00

日本在外企業協会主催「海外赴任前セミナー」開催のご案内(会場集合・オンライン複合型)

【日時】2021年2月18日(木)10:30-17:00
【会場】日外協・セミナールーム
【参加費】会員 5,500円/名、商工会議所会員 11,000円/名、
     一般16,500円/名(消費税込、資料代含む)

詳細・お申込みは下記URLをご覧ください。
https://joea.or.jp/event/52220

問い合わせ先

一般社団法人 日本在外企業協会 海外安全センター
TEL:03-3567-9271 FAX:03-3564-6836
URL:https://www.joea.or.jp
E-mail:nichigaikyoevent_send@joea.or.jp

2月
20
2021
アンデス文明研究会 定例講座 2021年 02月
2月 20 @ 13:30 – 15:00

【2020年アンデス文明研究会 第85期定例講座(オンライン)案内 2021年2月】

【日時】 2021年 2月20日 13:30~15:00
【講師】 村上達也(Tulane大学准教授)
【テーマ】「中央メキシコにおける都市の起源:ポスト・オルメカのメソアメリカ世界」
【ご注意】 レコ-ディング(録音)・引用等は不可 
【受講料】 以下のアンデス文明研究会 HP ご参照
      https://andesken.jimdofree.com/
【オンライン講座ご参加の方法】
 上記の年会費・受講料の支払いの方へは(受領確認後)、受講日の2日前までに講座参加のためのInvitationのURL及びID・パスワ-ドをお知らせするので、振込次第、メ-ルで 下記 宛てにご連絡をお願いします。
 Mail To: andesken55@gmail.com Cc: kazum.mori@nifty.com

3月
20
2021
アンデス文明研究会 定例講座 2021年 03月
3月 20 @ 13:30 – 15:00

【2020年アンデス文明研究会 第85期定例講座(オンライン)案内 2021年3月】

【日時】 2021年 3月20日 13:30~15:00
【講師】 市川彰(名古屋大学人類文化遺産テクスト学研究センター共同研究員)
【テーマ】 「マヤ文明史理解の鍵を握るマヤ南部地域」 
【ご注意】 レコ-ディング(録音)・引用等は不可 
【受講料】 以下のアンデス文明研究会 HP ご参照
      https://andesken.jimdofree.com/
【オンライン講座ご参加の方法】
 上記の年会費・受講料の支払いの方へは(受領確認後)、受講日の2日前までに講座参加のためのInvitationのURL及びID・パスワ-ドをお知らせするので、振込次第、メ-ルで 下記 宛てにご連絡をお願いします。
 Mail To: andesken55@gmail.com Cc: kazum.mori@nifty.com


最新の季刊誌のご案内

季刊誌は会員様には無料でご提供させて頂きます。非会員様には、1,250円にてご郵送させて頂きます。詳しくはお問い合わせ下さいませ。

青文字になっている箇所をクリックすると、当該記事PDFダウンロード案内ページへ遷移します。 ダウンロードは会員様限定となっておりますので、ご了承下さい。

ラテンアメリカ時報 2020年秋号(表紙カバー)

特集 新型コロナウイルス感染症があぶり出したラテンアメリカのジレンマ

特別レポート

ラテンアメリカ地域の新型コロナウイルス禍からの回復に果たす中国の役割 マーガレット・マイヤーズ

駐日大使インタビュー <第37回-コスタリカ>

駐日大使インタビュー<第37回-コスタリカ> アレクサンダー・サラス・アラヤ駐日コスタリカ大使
自然と共生する中米の先進国 -“Pura Vida”が合い言葉- 佐藤 悟

ラテンアメリカ時事解説

33か国リレー通信 <第52回 パラグアイ>

在住者の見たコロナ食い止めの苦悩 パラグアイの事例 硯田 一弘

ラテンアメリカ随想

海外日系人とは日本にとってどのような存在なのか? 田中 克之

ラテンアメリカ都市物語 第18回 モンテビデオ(ウルグアイ)

モンテビデオ(ウルグアイ) モンテビデオ -「スモール」から「スマート」へ 市川 禎理

ラテンアメリカ参考図書案内 桜井 敏浩

ラテンアメリカ参考図書案内 桜井 敏浩

ラテンアメリカ協会 Facebookページ

一般社団法人ラテンアメリカ協会