エッセイ | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

エッセイ

過去のエッセイをご覧いただければお分かりいただけますが、おおよそ次のような原則で受け付けます。

① テーマはラテンアメリカに関係したものに限ります
② 過去の思い出、旅行記、感想、コメント等比較的気楽に読めるもの
③ 文字数は特に制限有りませんが、A4で10.5ポイントで3~8枚程度。写真がある場合は“2~3枚。文体は「である調」でも「ます調」でも構いません。
④ 掲載時期の都合もあり、下記の手順で進めさせていただきます。

*執筆していただく時期、内容等につき、事務局(info@latin-america.jp)あてにメールでお知らせいただきます。
*出稿された時点で、内容・体裁等につき、数回意見交換をさせていただき、掲載時期を決定します。

⑤内容につきましては、公序良俗に反するもの、第三者を誹謗するようなも、一方的に偏った意見等につきましては、事務局と執筆者間で意見交換を行い、掲載の可否を最終決定させていただきます。

⑥ 原稿料や謝金はありません


連載エッセイ176:アルゼンチンで日本人が気をつけたいマナー ③


記事抜粋

連載エッセイ 176 アルゼンチンで日本人が気をつけたいマナー ③ 執筆者:相川知子(スペイン語通訳者、異文化コミュニケーター、在ブエノスアイレス) 「怒っているねー角を立てるジェスチャーは要注意」   アルゼンチンで日 […]


連載エッセイ175:島袋正克「エルネスト・チェ・ゲバラの最後の日々」その1


記事抜粋

連載エッセイ 175 エルネスト・チェ・ゲバラの最後の日々 その1 執筆者:島袋正克 ㈱伊島代表取締役 本年度「ラテンアメリカなるほどトーク」の第4弾として、島袋正克氏による上記タイトルのオンライン講演会が8月4日(木) […]


連載エッセイ174:田所清克「ブラジル雑感」その13


記事抜粋

連載エッセイ 174 ブラジル雑感 その13 執筆者:田所清克(京都外国語大学名誉教授) この号では、「ブラジルの食文化再考について」のその5を紹介する。 ―奥地探検隊員とトロペイロスの伝統:旅行携帯食料(その10)― […]


連載エッセイ173:ピーター藤尾「チリの風」その5


記事抜粋

連載エッセイ173 「チ リ の 風」その5 執筆者:ピーター藤尾(在チリ・サンティアゴ) 「2022年8月1日―7日」 「政治」 1)ボリッチ動向  社会騒乱の時の被害者を援護する集会に、他の大臣と共に参加し、皆さんの […]


連載エッセイ172: 新井賢一「南米コロンビア・雲と星が近い町から」その4


記事抜粋

連載エッセイ 172 「南米コロンビア・雲と星が近い町から」その4長引くインフレ、購買層の二極化が進むコロンビア 執筆者:新井 賢一(Andes Tours Colombia代表 ボゴタ在住) 当地コロンビアも例外なく物 […]


連載エッセイ171:硯田一弘 「南米現地最新レポート」その36


記事抜粋

連載エッセイ171:硯田一弘 「南米現地最新レポート」その36 執筆者:硯田一弘(アディルザス代表取締役) 「8月7日発」 パラグアイの名物のひとつとして、路上のチパ売りというのがあります。 チパ(Chipa)というのは […]


連載エッセイ170:田所清克「ブラジル雑感」その12


記事抜粋

連載エッセイ 170 ブラジル雑感 その12 執筆者:田所清克(京都外国語大学名誉教授) この号では、「ブラジルの食文化再考について」のその4を紹介する。 ブラジルの食文化再考 ―フェイジョア―ダ・カリオカ(その3)― […]


連載エッセイ169:ピーター藤尾「チリの風」その4


記事抜粋

連載エッセイ169 「チ リ の 風」その4 執筆者:ピーター藤尾(在チリ・サンティアゴ) 「2022年6月27日~7月3日」 「政治」 1)ボリッチ動向 今週はチリ最北端のアリカ・パリナコタ州を訪問しました。その地区は […]


連載エッセイ168: 相川知子 「アルゼンチンで日本人が気をつけたいマナー」その2


記事抜粋

連載エッセイ168 「アルゼンチンで日本人が気をつけたいマナー」その2 執筆者:相川 知子(スペイン語通訳者、異文化コミュニケーター、在ブエノスアイレス) 「心付けは潤滑油」 アルゼンチンで日本の方が面倒、と思うことの一 […]


連載エッセイ167:硯田一弘 「南米現地最新レポート」その35


記事抜粋

連載エッセイ167:硯田一弘 「南米現地最新レポート」その35 執筆者:硯田一弘(アディルザス代表取締役) 「7月3日発」 円安が続く日本、7月になっていきなりアップル製品の値上げが発表されました。 https://ww […]