エッセイ | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会
Japanese English

エッセイ

先入観・偏見は相互理解の妨げ

連載エッセイ11 先入観・偏見は相互理解の妨げ 執筆者:桜井悌司(ラテンアメリカ協会常務理事) 誰であれ、先入観や偏見を多かれ少なかれ持っている。日本人も同様で、多くの先入観や偏見を持っている。考えてみると、この先入観や […]

続きを読む

なぜスペイン語を勧めるのか?

連載エッセイ10 なぜスペイン語を勧めるのか? 執筆者:瀧澤寿美雄(株式会社メヒココンサルティング) 外国語下手で、英語が苦手な日本人が、これから新たに学ぶ外国語は何語が適当であろうか?答えは、ずばりスペイン語である。日 […]

続きを読む

チリワインは何故日本市場で成功したか

連載エッセイ9 チリワインは何故日本市場で成功したか 執筆者:桜井悌司(ラテンアメリカ協会常務理事) 「はじめに」 チリワインは日本市場で大成功をおさめた。このレポートは、その要因を説明するものである。それも従来、良く紹 […]

続きを読む

食事の勧め

連載エッセイ8 食事の勧め 執筆者:桜井悌司(ラテンアメリカ協会常務理事) ラテン系の国々に16年弱駐在したが、その間どうすれば人脈が広がるかにつき真剣に考えた。私が所属したジェトロは、商品を売買するのではなく、情報やサ […]

続きを読む

バカンスを考える

連載エッセイ7 バカンスを考える 執筆者:桜井悌司(ラテンアメリカ協会常務理事) 1)ラテン人が考えるバカンスとは  スペイン人もイタリア人もラテンアメリカ人もバカンスを大いに大切にする。夏休みともなれば、1カ月まるまる […]

続きを読む

スペイン、ラテンアメリカで有名な日本人は? ―テレビ番組から考えたことー

連載エッセイ6 スペイン、ラテンアメリカで有名な日本人は? 執筆者:桜井悌司(ラテンアメリカ協会常務理事) テレビ朝日系で、2018年中に放映された番組「陸海空 地球を征服するなんて」は、極めて興味深い番組であった。その […]

続きを読む

アンデス楽器との出会い

連載エッセイ5 アンデス楽器との出会い 執筆者:小林明夫(元東芝プラントシステム株式会社勤務) 「乗馬からアンデス楽器へ」 趣味として親しんできた乗馬で落馬事故を起こしてから、やはりそろそろ歳も歳なので危険な馬術は、潮時 […]

続きを読む

『恐怖のサンティアゴ大地震について』

連載エッセイ4 『恐怖のサンティアゴ大地震について』 執筆者:桜井悌司(ラテンアメリカ協会常務理事)  1985年3月3日に、アルガロボを震源地とする大地震が発生した。マグニチュード8.0、死者178名、負傷者2,575 […]

続きを読む

エクアドル国との出会い

連載エッセイ3 エクアドル国との出会い 筆者:小林 明夫(元東芝プラントシステム株式会社勤務) 「初めての海外赴任」  1970年、27歳の時に、最初の海外赴任でエクアドルのクエンカに旅立った。当時は1ドルが360円の固 […]

続きを読む

日墨学院建設の思い出

連載エッセイ2 『日墨学院建設の思い出』 執筆者:桜井悌司(ラテンアメリカ協会常務理事) 1974年から77年まで3年3ヶ月ジェトロ・メキシコに駐在したが、最大の思い出は、日墨学院の建設計画のお手伝いに関与できたことであ […]

続きを読む