講演会のお知らせ | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

講演会のお知らせ


2022年度 ラテンアメリカなるほどトーク第3弾「パラグアイの住宅事情と生活情報」硯田一弘氏 アディルザス代表取締役 2022年6月16日(木)21:00~22:15(日本時間)


記事抜粋

「ラテンアメリカなるほどトーク」の第3弾として、パラグアイのアスンシオンでビジネス・コンサルタントとして大活躍のアディルザス社の代表取締役の硯田一弘さんをお招きし、在住〇X年の経験からパラグアイの魅力についてたっぷりと語 […]


帰国大使講演シリーズ ―首藤 祐司 前駐エクアドル大使―「エクアドルの実情と可能性(2022年6月13日【月】午前10-11時)


記事抜粋

好評のうちに開催しております「帰国大使講演シリーズ」の次回講演会は、来る6月13日(月)にオンラインで開催致します。同講演会には、2018年9月から2021年10月まで約3年間、駐エクアドル特命全権大使を務められた首藤 […]


2022年度ラテンアメリカなるほどトーク第2弾「ブラジル文化としての カーニバル ─ 情熱と信念、諧謔とアートのエンターテイメント」細川多美子 サン パウロ人文科学研究所理事 2022年5月26日(木)21:00~22:15(日本時間)


記事抜粋

 昨年に引き続き開催しております「ラテンアメリカなるほどトーク」の第2弾として、サンパウロ人文科学研究所理事の細川多美子氏をお招きして、リオのカーニバルの魅力についてたっぷりと語っていただきます。  細川多美子氏は、ここ […]


帰国大使講演シリーズ ―福田紀夫・前駐ホンジュラス大使―「ホンジュラス – その魅力と課題」(2022年6月1日【水】午前10-11時)


記事抜粋

当協会では、ラテンアメリカ諸国に駐在しここ半年余りの間に帰国された日本大使によるオンライン講演会を好評のうちにシリーズとして開催しています。 来る6月1日(水)開催の講演会には、2018年6月より2021年10月まで約3 […]


帰国大使講演シリーズ ―大脇 崇 前駐パナマ大使―「パナマの現状について」 (2022年5月16日【月】午前10-11時)


記事抜粋

当協会では、ラテンアメリカ諸国に駐在しここ半年余りの間に帰国された日本大使による講演会をシリーズとしてオンラインで開催しています。 来る5月16日(月)開催の講演会には、2018年8月より2021年12月まで3年3か月余 […]


帰国大使講演シリーズ ―鈴木康久前駐ニカラグア大使― 最新のニカラグアの政治・経済事情(2022年4月27日【水】午前10-11時)


記事抜粋

講師の鈴木康久大使は、2016年から約2年間、メキシコにある在レオン総領事館の総領事として勤務された後、2018年1月から約4年間、駐ニカラグア特命全権大使として活躍され、2月に帰国されました。  ニカラグアでは、サンデ […]


2022年度ラテンアメリカ なるほどトーク第1弾 「続・スペイン語の逆襲 〜 東大新入生にも人気のある第二外国語として選ばれる魅力と優位性」 瀧澤寿美雄 メヒココンサル代表 2022年4月19日(火)21:00-(日本時間)


記事抜粋

昨年、当協会の新企画として「ラテンアメリカなるほどトーク」を7回開催しました。幸いにも好評でしたので、今年もパワーアップして開催することにしました。その第1弾として、メキシコ進出日本企業に対し、長年コンサルティング業務を […]


<講演形式と参加費の変更:講演はリモート(ZOOM)方式のみ、参加費は非会員の方も含む全て無料>山田 彰 大使講演会「日本の対中南米外交40年:歴史と展望を語る」2022年4月13日(水)10:00-12:00


記事抜粋

 3月13日付案内で会場とオンラインのハイブリッド形式での開催をご案内しましたが、蔓延防止措置が終わったとはいえ感染者数が高止まりしていることもあり、オンライン(Zoom)のみでの開催に変更しました。 また、最近のロシア […]


小林麻紀 外務省中南米局長「2022年度の対中南米外交を展望する」


記事抜粋

中南米地域は、新型コロナ感染症により最も深刻な影響を受けた地域と言われており、同地域の成長率は前年と比べて大幅な減速が予測されています。社会福祉対策を拡充しながら、経済成長の減速、金利上昇リスク、通貨安、ソブリン債格下げ […]


国際協力銀行(JBIC)「わが国製造業企業の海外事業展開の調査報告」関連セミナー(サプライチェーンの中期的な見通し、DX、脱炭素への対応も調査)


記事抜粋

昨年に続き、今後の本邦企業による海外事業展開を考える上で示唆とすべく、国際協力銀行(JBIC)「わが国製造業企業の海外事業展開の調査報告」の概要をご説明いただく機会を設けましたのでご案内いたします。 本調査は、1988年 […]