オッペンハイマーレポート - 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

オッペンハイマーレポート

「オッペンハイマーレポート」は、米国マイアミを拠点に活動するアルゼンチン出身の高名なジャーナリストでありラテンアメリカ・ウォッチャーであるアンドレス・オッペンハイマー氏(Andres Oppenheimer)がマイアミ・ヘラルド紙等に定期的(週2回)に寄稿しているコラムです。

当協会会員のために同氏の了承を得て抄訳を作成し紹介しています。なお、コラムの内容は同氏の見解であり、当協会とは関係ありません。


2024/04/08 ラテンアメリカの左派がベネズエラの似非選挙を批判し始めた。これはビッグニュースだ



2024/04/04 メキシコ大統領はトランプと同様に記者を悪者扱いするのが大好きだ。今回は私を標的とした(抄訳)



2024/03/28 アルゼンチンのミレイ大統領はベネズエラに厳しくすべきときが来たと語る (抄訳)



2024/03/25 フィンランド、イスラエル、コスタリカは最も幸せな国のひとつ。それには理由がある (抄訳)



2024/03/18 国境を越えるメキシコ人が増えているが、大統領は「国民は幸せ」だと主張 (抄訳)



2024/03/14 キューバの国連機関への食糧援助要請は革命の失敗を認めるものだ (抄訳)



2024/03/11 ベネズエラの大統領選は似非選挙であり、「選挙」と呼ぶべきではない (抄訳)



2024/03/07 ハイチは暴力鎮圧のための支援を求めるが、ラテンアメリカの指導者たちは無視している (抄訳)



2024/02/29 ベネズエラの独裁者とトランプが大量国外脱出について嘘を広めている (抄訳)



2024/02/26 ブラジル大統領はイスラエルをホロコーストと告発し一線を越えた (抄訳)