11月18日までの経済ニュース | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会
Japanese English

11月18日までの経済ニュース

11月5日(ブラジル)米国の物流施設開発会社プロロジスは、グローバル不動産投資会社アイバンホーケンブリッジ社と、ブラジルで出資比率20対80で合弁会社を設立することに合意したと発表した。(同社発表リリース)

11月13日(ホンジュラス、メキシコ)中米ホンジュラスなどからアメリカへの移住を目指している1300人以上の集団「キャラバン」がメキシコのティファナに到着した。

11月14日(キューバ)キューバ保健省は、ブラジルへの医師派遣を中止すると発表した。ボルソナロ次期大統領が派遣プログラムをめぐりキューバ政府を批判したことを受けた措置とみられる。

11月15日(ホンジュラス)ホンジュラス政府はメキシコ北西部のバハカリフォルニア州に移動領事館を設置したと発表した。

11月18日(チリ)安倍晋三首相は、訪問先のパプアニューギニアでチリのピニェラ大統領と会談した。