12月9日までの経済ニュース | 一般社団法人 ラテンアメリカ協会

12月9日までの経済ニュース


12月2日(ウルグアイ)安倍晋三首相はウルグアイでバスケス大統領と会談しウルグアイ産牛肉と日本産和牛の輸入を相互に解禁することで合意したと明らかにした。

12月2日(パラグアイ)安倍晋三首相はパラグアイでベニテス大統領と会談し2国間の投資協定交渉の早期妥結を目指すことを確認した。

12月2日(アルゼンチン)中国の習近平国家主席はアルゼンチンのマクリ大統領と会談し大規模な経済協力を表明した。

12月2日(パナマ)中国の習近平国家主席は昨年台湾と断交して中国と国交を樹立したパナマを訪問した。

12月4日(パラグアイ)国際協力機構(JICA)は、パラグアイ政府との間で「パラグアイ川浚渫機材整備計画」を対象として27億円を限度とする無償資金協力の贈与契約を締結したと発表した。

12月5日(チリ)住友金属鉱山および住友商事は、カナダの資源メジャー企業テック・リソーシズ社が保有するチリのQuebrada Blanca銅鉱山の権益のうち30%について住友金属鉱山が25%、住友商事が5%の権益を取得することでテック社と合意に至ったと発表した。(同社発表リリース)